棒グラフを挿入する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

プレゼンテーションに棒グラフをすばやく追加し、理想のグラフになるようにデータを配置する方法を紹介します。また、グラフ要素をカスタマイズしてグラフ スタイルや色を適用するほか、リンクされた Excel グラフを挿入する方法も説明します。

PowerPoint のプレゼンテーションに棒グラフを追加する

棒グラフを使用して、期間内の比較を示します。プレゼンテーションで棒グラフが必要な場合、データが比較的単純で、頻繁に更新する必要がなければ、PowerPoint を使用して作成します (それ以外の場合は、このサマリーの下の 「Excel グラフをコピーする」を参照します)。手順は次のとおりです。

  1. [挿入]、[グラフ] の順にクリックします。

  2. グラフの種類をクリックして、目的のグラフをダブルクリックします。データに適したグラフを見つけるためのヒントは、「利用可能なグラフの種類」を参照してください。

  3. スプレッドシートが表示されるので、既定のデータを自分の情報と置き換えます。

  4. 完了したら、スプレッドシートを閉じます。

さらに詳しく

グラフのデータ ラベルの書式を変更する

Excel グラフを他の Office プログラムにコピーする

ある期間での比較を示すには、棒グラフを使います。

このグラフでは、年間の実績経費と予測経費を横棒を使って比較しています。

棒グラフの数値は横軸に沿って示されています。

時間単位である四半期は、縦軸に沿って示されています。

横棒グラフは横長のスライドでは特に効果的です。

プレゼンテーションで棒グラフを使うとき、

データが比較的単純で、頻繁に更新する必要がない場合は、PowerPoint を使ってグラフを作成します。

反対に、データが複雑で、頻繁に更新する場合は、

Excel でグラフを作成して、PowerPoint にコピーします。

この方法については、ビデオ 3 の「リンクされた Excel の棒グラフを挿入する」で説明しています。

PowerPoint で棒グラフを作成するには、[ホーム] タブで、

[新しいスライド] の横にある矢印をクリックし、[白紙] をクリックして空のスライドを挿入します。

次に [挿入]、[グラフ] の順にクリックして [横棒] を選びます。

既定のグラフは集合横棒グラフです。ポイントして大きな画面でプレビューします。

比較する数値は横棒で示され、隣り合わせに表示されます。

このグラフを使うため、[OK] をクリックします。

グラフが挿入され、プレースホルダー データを含む小さなウィンドウが表示されます。ここでデータを入力します。

まず分類から始めますが、ここには各四半期の見出しを入力します。

ところで棒グラフでは、分類の順番が逆に表示されています。

たとえば、データ ウィンドウの最初の行にある「分類 1」は、グラフでは一番下に表示されています。

そこで、第 4 四半期から入力することにします。セルをクリックし、第 4 四半期、第 3 四半期、第 2 四半期、第 1 四半期の順に入力して、Enter キーを押します。

見出しがグラフに表示され、第 1 四半期から順に表示されます。

系列として、データの見出し、つまり「予測経費」と「実績経費」を入力します。

3 つ目の系列はないので、D 列をクリックして選んだ後、右クリックして [削除] を選びます。

次にデータを入力します。予測経費のセルをクリックして、最初の数字として「120」を入力します。

次のセルをクリックすると、グラフ上の横棒が更新され、新しい数値が表示されます。

予測経費を入力したので、今度は実績経費を入力します。

データの入力が終わったので、[X] をクリックしてデータ ウィンドウを閉じます。

グラフを少し拡大して見やすくします。

系列の見出し、つまり実績経費と予測経費は凡例に表示され、棒グラフには入力したデータが反映されます。

増分値は自動的に計算され、横軸に沿って表示されます。

次は、棒グラフをカスタマイズする方法をご説明します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×