棒グラフを挿入する

棒グラフをカスタマイズする

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

データが横棒グラフに追加されました。目的の詳細設定とスタイルがあるので、グラフをカスタマイズしてみましょう。

グラフの色を変更する

グラフを挿入すると、右上隅の横に小さなボタンが表示されます。[グラフのスタイル] ボタンを使用して、グラフの色やスタイルをすばやく変更します。

  1. 変更するグラフをクリックします。

  2. 右上隅のグラフの横にある [グラフのスタイル] をクリックします。

  3. [] をクリックして配色を選ぶか、[スタイル] をクリックして目的のオプションを選びます。

さらに詳しく

グラフのデータ ラベルの書式を変更する

Excel グラフを他の Office プログラムにコピーする

棒グラフにデータを追加したら、好みの設定やスタイルを追加してグラフをカスタマイズしましょう。

はじめにスライドを少し拡大します。

次にグラフ タイトルをクリックし、「年間の経費」という新しいタイトルを入力します。

次に、金額に円記号を含めるため、データの書式設定を行います。

グラフを右クリックして [データの編集] をポイントし、[データの編集] をクリックすると、データ ウィンドウが開きます。

次に、「予測経費」の見出しをクリックし、ドラッグして両方の列のデータを選びます。

右クリックして、[セルの書式設定] をクリックします。

[表示形式] タブで、[通貨] をクリックし、円記号が指定されていることを確認します。

[小数点以下の桁数] では下向き矢印をクリックして数字を 0 に変更し、[OK] をクリックします。

これですべての数値データに円記号が追加されるようになりました。

[X] をクリックしてデータ ウィンドウを閉じます。

グラフの増分値が日本円で示されるようになりましたが、各横棒にも正確な金額を表示したいと思います。

そこでグラフを選び、このようなアイコンを表示します。

次に一番上のグラフ要素アイコンをクリックし、[データ ラベル] をポイントすると、

横棒の最後に正確な金額が表示されました。

この表示を確定するために、[データ ラベル] をクリックします。

[データ ラベル] の横にある矢印をクリックすると、ラベル配置のオプションが表示されます。

[中央揃え] をポイントすると、プレビューの金額が中央に配置されます。

横棒内部の端に金額を表示したいので、[内側] をクリックします。

また、目盛の近くにラベルを挿入したいので、[グラフ要素] で [軸ラベル] をクリックします。

2 つのテキスト ボックスが表示されるので、

横軸用のテキスト ボックスをクリックして、「十万単位」と入力します。

次に、4 方向矢印のカーソルをドラッグしてボックスを移動します。

縦軸のタイトルは使わないため、テキスト ボックスをクリックして Delete キーを押します。

最後にグラフ スタイル アイコンをクリックしてスタイルを設定します。スタイルをポイントするとプレビューが表示され、スクロールすると他のスタイルを確認できます。

このスタイルではグラフ要素がはっきり見えるので、これにします。

[スライド ショー] をクリックして、完成したグラフを確認しましょう。

次に、リンクされた Excel の棒グラフを挿入する方法をご説明します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×