条件付き書式を使用する

条件付き書式を使用する

条件付き書式を使用する

概要

Use conditional formatting ワークシートの数値から多くの意味を汲み取るのは難しいことがあります。ですが、Excel には、条件付き書式を使用してデータをすばやく分析するための方法が数多く用意されています。たとえば、カラー スケールを使用して高、中、低の温度値を区別できます。

このコースの内容:

条件付き書式を使用する (2:03)
条件付き書式は、データの意味をすばやく理解するための視覚的なヒントになります。たとえば、高低や、指定した基準に応じたその他のデータ傾向を明確に示します。

日付の条件付き書式 (2:44)
たとえば、リストの中にある遅れているタスクを一目で確認できます。言い換えると、今日よりも前の期日を持つタスクです。また、期日までまだ 1 週間以上あるタスクも確認できます。詳しくは、ビデオでご確認ください。

テキストの条件付き書式 (2:12)
クイック分析ツールを使って、重複するテキスト、一意のテキスト、指定したテキストと同じテキストである、範囲内のセルに条件付き書式を設定します。特定の行にある 1 つのセルのテキストを基準として、行に条件付き書式を設定することもできます。

条件付き書式のコピーと削除 (1:22)
このビデオでは、セルの書式をすばやくコピーする方法、特定のセルから条件付き書式を削除する方法、ワークシート全体から条件付き書式をすべて削除する方法について説明します。

コースのまとめ
このコースの重要なポイントを簡単におさらいします。

Microsoft Office トレーニングには他にもコースが用意されています。

ご意見・ご感想

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×