条件付き書式を使用して繰り返しテーブルの行の表示と非表示を切り替える

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office InfoPath で使える条件付き書式、フォーム上で発生する条件を基にしたコントロールの書式設定オプションを指定します。フォーム テンプレートに基づくフォームの入力時に、指定した条件が該当する場合、条件付き書式が適用されます。

繰り返しテーブルの行を非表示の条件付き書式を使用する方法について説明するか、ドロップダウン リスト ボックス コントロールの値に一致するかどうかに応じて、セクションの行のデータを繰り返しします。たとえば、フォーム テンプレートに繰り返しテーブルには、次の 3 つの分類 (A、B、または C) のいずれかの分類される製品の行が含まれる場合は、条件付き書式に使えるように、フォーム上の選択に基づいて、表示する行を確認します。

注: ユーザーがフォームに情報を非表示を有効にするのには、フィルターを使用できます。ただし、ブラウザー対応フォーム テンプレート内のフィルターの代わりには、 ブラウザー互換フォーム テンプレートのフィルターがサポートされていない、ために条件付き書式はします。

この記事の内容

手順 1: コントロールを追加します。

手順 2: 条件付き書式を指定します。

手順 3: フォーム テンプレートをプレビューします。

手順 1: コントロールを追加します。

この手順を完了するためには、フォーム テンプレートに、リスト ボックスと繰り返しテーブルが含まれている必要があります。これらのコントロールを追加するには、次の操作を行います。

  1. フォーム テンプレートで、リスト ボックスと繰り返しテーブルを挿入する場所をクリックします。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. コントロールの挿入を、[コントロール] 作業ウィンドウで、[リスト ボックス] をクリックし、[繰り返しテーブル] をクリックします。

  4. 繰り返しテーブルを挿入すると、列の数を求められます。3、既定値のままにし、[ OK] をクリックします。

  5. フォーム テンプレートに挿入したリスト ボックスの上にというラベルを入力タイプでフィルター:します。

  6. 左端の列に製品の読み取り、2 番目の列の種類] の読み取りや、3 列目の価格を読み取ることは、繰り返しテーブルの最初の行に列ラベルを入力します。

ページの先頭へ

手順 2: 条件付き書式を指定します。

フォーム テンプレートにコントロールを追加した後は、適切な条件付き書式を指定できます。

  1. リスト ボックスをダブルクリックします。

  2. [データ] タブをクリックします。

  3. [リスト ボックス項目] で、[追加を] をクリックします。

  4. 選択肢の追加] ダイアログ ボックスで、[] ボックスでAを入力し、[ OK] をクリックします。

  5. 手順 3 と 4 B、C、および D の値を追加するには

  6. 値の一覧では、 Dを選択し、[既定の設定] をクリックします。

  7. フォーム テンプレート上の繰り返しテーブルを選択し、[書式] メニューで [条件付き書式] をクリックします。

  8. [条件付き書式] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  9. この条件が満たされた場合、最初のボックスで繰り返しテーブルの 2 番目の列に対応するフィールドを選択します。

  10. 2 番目のボックスが等しくない] をクリックします。

  11. 3 番目のボックスのフィールドまたはグループの選択] をクリックします。

  12. [フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、フォーム テンプレートに挿入したリスト ボックスに対応するフィールドを選択し、[し、[ OK] をクリックします。

    注: 条件は、2 つの値を比較して動的に変更します。

  13. この書式を設定[条件付き書式設定] ダイアログ ボックスで、で、[このコントロールを非表示にする] チェック ボックスを選択します。

    注: この条件今すぐことを示す繰り返しテーブルの行の 2 番目の列の内容は、リスト ボックスでの選択内容と異なる場合、繰り返しテーブルに対応する行を非表示にする必要があります。

  14. フォーム テンプレートに戻るには、 [ok]を 2 回クリックします。

  15. 繰り返しテーブルの 2 番目の列内のコントロールをダブルクリックします。

  16. [データ] タブをクリックします。

  17. [] ボックスで、 Dを入力します。

ページの先頭へ

手順 3: フォーム テンプレートをプレビューします。

フォーム テンプレートに条件付き書式を追加した後は、それらが正しく動作していることを確認するへの変更をテストすることをお勧めします。

  1. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

    注: 既定では、リスト ボックス内の選択はDです。その他の値を表示するテキスト ボックスの上にスクロールする必要があります。

  2. [繰り返し] テーブルで、繰り返しテーブルにいくつかの行を追加するには、項目を挿入複数回クリックします。

  3. 行ごとに 2 番目の列の繰り返しテーブル、 ABCDの既定値を置換します。

    注: 式では大文字小文字は区別されます。

  4. リスト ボックス内の選択を変更します。繰り返しテーブルの行が表示され、さまざまなオプションを選択するが表示されません。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×