条件付き書式を使用してデータに対するパターン マッチング条件を指定する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office InfoPath で使える条件付き書式、フォーム上で発生する条件を基にしたコントロールの書式設定オプションを指定します。フォーム テンプレートに基づくフォームの入力時に、指定した条件が該当する場合、条件付き書式が適用されます。

この記事では、ユーザーが特定のコントロールに入力されるデータがあらかじめ設定されたパターンと一致していることを確認するための条件付き書式を使用する方法について説明します。たとえば、3 桁の市外局番の入力を要求する電話番号のテキスト ボックス コントロールに条件付き書式を追加することができます。

注: データがあらかじめ設定されたパターンに一致することを要求するには、 データの入力規則を使用することもできます。

この記事の内容

始める前に

互換性に関する考慮事項

コントロールのパターン マッチング条件を設定します。

始める前に

この手順を完了するために、フォーム テンプレートに条件付き書式をサポートするコントロールを含める必要があります。条件付き書式をサポートしているすべての InfoPath コントロールのパターン マッチング条件を設定できますが、パターンに最適な機能に一致する番号、文字、句読点などの文字列を表示するを制御します。たとえば、テキスト ボックスのパターン マッチング条件の設定は、便利ですがする] チェック ボックスの条件を設定しても便利な結果が生まれますされません。

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

InfoPath でフォーム テンプレートをデザインする際に、ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする特定の互換モードを選択できます。InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーに発行し、[ブラウザー対応ブラウザー互換フォーム テンプレートがある場合は、フォーム テンプレートに基づくフォームを Web ブラウザーで表示できます。ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする際にいくつかのコントロールは [コントロール] 作業ウィンドウで利用できることはできません。

条件付き書式をサポートするコントロールのリスト

次の表は、条件付き書式をサポートするOffice InfoPath 2007コントロールとブラウザー互換フォーム テンプレートで使用できるかどうかが一覧表示します。

注: 条件付き書式をサポートしているすべての InfoPath コントロールのパターン マッチング条件を設定できますが、パターンに最適な機能に一致する番号、文字、句読点などの文字列を表示するを制御します。たとえば、パターン マッチングを設定するテキスト ボックスの条件が、チェック ボックスの条件を設定しても便利な結果が生まれましていません。

条件付き書式をサポートするコントロール

ブラウザー互換フォーム テンプレートで使用できるか。

チェック ボックス

はい

日付の選択コントロール

はい

ドロップダウン リスト ボックス

はい

式ボックス

はい

リスト ボックス

はい

オプション ボタン

はい

省略可能セクション

はい

繰り返しセクション

はい

繰り返しテーブル

はい

リッチ テキスト ボックス

はい

セクション

はい

テキスト ボックス

はい

添付ファイル

はい

ボタン

はい

箇条書き、段落番号、または標準リスト

いいえ

選択肢セクション

いいえ

コンボ ボックス

いいえ

横方向繰り返しテーブル

いいえ

インク描画

いいえ

マスター/詳細

いいえ

複数選択リスト ボックス

いいえ

いいえ

繰り返し再帰セクション

いいえ

縦方向のラベル

いいえ

ページの先頭へ

コントロールのパターン マッチング条件を設定します。

  1. フォーム テンプレート上のパターン マッチング条件を設定するコントロールをクリックします。

  2. [書式] メニューには、条件付き書式をクリックします。

  3. [条件付き書式] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  4. この条件が満たされた場合、最初のボックスで [フィールドまたはグループの選択] をクリックします。

  5. フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、コントロールに対応するフィールドをクリックし、[ OK] をクリックします。

  6. [条件付き書式設定] ダイアログ ボックスで 2 番目のボックスでパターンに一致するか、パターンに一致しないを選択します。

  7. 3 番目のボックスでパターンの選択] をクリックします。

  8. 標準的なパターンデータ入力のパターン] ダイアログ ボックスで、[、必要なパターンをクリックし、[ OK] をクリックします。

    標準的なパターンのリスト

    パターン

    電話番号

    (555) 555-0100

    社会保障番号

    123-45 ~ 6789

    郵便番号

    98052

    Zip コード + 4

    98052 されて

    注: ユーザー設定のパターンを作成するにカスタム パターン] をクリックし、[カスタム パターン] ボックスで必要なパターンを入力し、[ OK] をクリックします。

  9. この書式を設定するには、で目的の書式を選択します。

  10. 条件を保存して、フォーム テンプレートに戻るには 2 回は、 [ok]をクリックします。

  11. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×