条件付き書式を使用してコントロールを読み取り専用に設定する、無効にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office InfoPath で使える条件付き書式、フォーム上で発生する条件を基にしたコントロールの書式設定オプションを指定します。フォーム テンプレートに基づくフォームの入力時に、指定した条件が該当する場合、条件付き書式が適用されます。

[数式の挿入] 数式ボタン をクリックします。

この記事では、条件付き書式を使用し、フォーム テンプレート上の別のコントロールの値に基づいてコントロールを無効または読み取り専用に設定する方法について説明します。たとえば、ユーザーが [送信] ボタンをクリックする前に使用許諾契約セクションを読んだことを確認するには、条件付き書式を使って、ユーザーが使用許諾契約を読んだことを示すチェック ボックスをオンにしなかった場合に [送信] ボタンを無効にします。また、ユーザーがアンケートで既に答えた内容を変更できないようにするには、条件付き書式を使って、ユーザーが別のコントロールに情報を入力した後でテキスト ボックスを読み取り専用に設定します。

この記事の内容

始める前に

互換性に関する考慮事項

コントロールを無効/読み取り専用に設定する

始める前に

この操作を行うには、少なくとも 2 つのコントロール (たとえば、無効または読み取り専用に設定するコントロールとそのコントロールの状態を決定するコントロール) がフォーム テンプレートに含まれている必要があります。

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

InfoPath でフォーム テンプレートをデザインする際に、ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする特定の互換モードを選択できます。InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーに発行し、[ブラウザー対応ブラウザー互換フォーム テンプレートがある場合は、フォーム テンプレートに基づくフォームを Web ブラウザーで表示できます。ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする際にいくつかのコントロールは [コントロール] 作業ウィンドウで利用できることはできません。

条件付き書式を使って無効または読み取り専用に設定できるコントロールの一覧

次の表に、条件付き書式を使って無効または読み取り専用に設定できる Office InfoPath 2007 コントロール、およびブラウザ互換フォーム テンプレートで各コントロールを使用できるかどうかを示します。

コントロール

オプション

ブラウザ互換フォーム テンプレートで使用できる

チェック ボックス

無効

はい

日付の選択

読み取り専用

はい

ドロップダウン リスト ボックス

無効

はい

リスト ボックス

無効

はい

オプション ボタン

無効

はい

リッチ テキスト ボックス

読み取り専用

はい

テキスト ボックス

読み取り専用

はい

箇条書き、段落番号、または標準リスト

読み取り専用

いいえ

コンボ ボックス

無効

いいえ

添付ファイル

無効

いいえ

インク描画

無効

いいえ

複数選択リスト ボックス

無効

いいえ

画像

無効

いいえ

ページの先頭へ

コントロールを無効/読み取り専用に設定する

  1. フォーム テンプレートで、無効または読み取り専用に設定するコントロールをクリックします。

  2. [書式] メニューの [条件付き書式] をクリックします。

  3. [条件付き書式] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  4. [次の条件の場合] で、必要な条件を設定します。たとえば、フォーム テンプレート上の別のコントロールに特定の値が入力されたときに、手順 1. で選択したコントロールに条件付き書式を適用するには、最初のボックスで 2 番目のコントロールを選択し、手順 1. で選択したコントロールの条件付き書式を決定する値を指定します。

  5. [設定する書式] で、次のいずれかの操作を行います。

    • コントロールを無効にする場合は、[このコントロールを無効にする] をクリックします。

    • コントロールを読み取り専用に設定する場合は、[読み取り専用] をクリックします。

  6. 条件を保存してフォーム テンプレートに戻るには、[OK] を 2 回クリックします。

  7. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×