条件付き書式を使用して、予定表に視覚的な更新を与える

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

予定表を明るく、より視覚的に動的な外観にする場合は、条件付き書式を使用して、送信者、場所、または予定が Free、Busy、または不在として設定されているかどうかに基づいて、予定や会議の色分けを行うことができます。

予定表の条件付き書式ルールを設定するには、次の手順を実行します。

  1. [予定表] フォルダーで、[表示]、[設定の表示] の順に選びます。

  2. [条件付き書式] を選びます。

  3. [条件付き書式] ダイアログボックスで、[追加] を選択して新しい仕分けルールを作成します。

    多数の conditoinal 書式ルールを定義できます。
  4. ルールに名前を付け、[] ドロップダウンを使用して色を選びます。

  5. [条件] をクリックします。

    さまざまな予定と会議フィールドから選択します。
  6. さまざまなフィールドと条件から選択できます。たとえば、すべての仮会議を紫色にするには、[詳細設定] を選びます。

  7. [フィールド]、[すべての予定フィールド] 、[時刻の表示] の順にクリックします。条件equalsに設定し、Tentativeにします。[リストに追加] をクリックします。

    利用可能な予定フィールドから選択します。
  8. 条件付き書式のルールを保存するには、追加の状態を定義するか、[ OK ] を3回クリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×