条件付き書式の応用

概要

条件付き書式の応用 条件付き書式を使用するコースでは、条件付き書式の基本について説明しました。今回はもう少し進んで、セルやテーブル、ピボットテーブル、ワークシートに条件付き書式を設定する方法について学びましょう。たとえば条件付き書式をすばやくセルに設定するには、クイック分析またはリボンの [条件付き書式] ボタンのオプションを使用します。さらに、式を使用して条件付き書式を設定し、[条件付き書式ルールの管理] でルールを編集、削除する方法を紹介します。

このコースの内容:

条件付き書式の応用 (3:38)
このビデオでは、特定のセル、テーブル、ピボットテーブル、ワークシートに条件付き書式を設定する方法を説明しています。空白またはエラーを含むセルの書式も設定できます。

数式を使って条件付き書式を適用する (4:15)
書式を設定するセルを特定するには、式を使用して条件付き書式を設定します。

条件付き書式を管理する (4:37)
[条件付き書式ルールの管理] では、現在の選択範囲や特定のワークシートなど、ルールの設定されたブック範囲の書式ルールを表示することができます。ルールの作成、編集、削除ができるほか、選んだセルやシートのルールの優先順位を管理できます。

コースのまとめ
このコースの重要なポイントを簡単におさらいします。

Microsoft Office トレーニングには他にもコースが用意されています。

ご意見・ご感想

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×