条件付き数式を作成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

条件が true または false と論理式の比較を行うには、さまざまなタスクに共通するかどうかをテストします。条件付き数式を作成するのには、 ANDまたはしない、およびIF関数を使用することができます。

たとえば、 IF関数は、次の引数を使用します。

IF 関数付きの数式

IF 関数を使用する数式

ボタン イメージ 論理式: 条件を確認します。

吹き出し 2 真の場合: 条件が True のかどうかに返される値。

ボタン イメージ 偽の場合: 条件が False のかどうかに返される値。

数式を作成する方法の詳細については、作成または削除する数式を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

論理値 (TRUE または FALSE) が発生する条件付き数式を作成します。

TRUE または FALSE 値または別の計算式を以外の結果を条件付き数式を作成します。

計算結果が論理値 (TRUE または FALSE) になる条件付き数式を作成する

このタスクを実行するには、 ANDまたは、およびNOT関数と次の例のように演算子を使用します。

使用例は空白のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. この記事の使用例を選択します。

    重要: 行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

    Excel 2013 for Windows でヘルプから例を選択する

    ヘルプから使用例を選択する

  2. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  3. Excel で、空白のブックまたはワークシートを作成します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

重要: 使用例が正常に動作するためには、ワークシートのセル A1 に貼り付ける必要があります。

  1. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、または [数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[数式を表示] をクリックします。

使用例は、空白のワークシートにコピーした後、ニーズに合わせて変更できます。

1

2

3

4

5

6

7



8



9


10


11



12

A

B

データ

1500

9

3.6

スプロケット

ウィジェット

説明 (結果)

=AND(A2>A3, A2<A4)

15 は 9 より大きく、かつ 8 より小さいかどうかを調べます (FALSE)

=OR(A2>A3, A2<A4)

15 は 9 より大きい、または 8 より小さいかどうかを調べます (TRUE)

=NOT(A2+A3=24)

15 に 9 を加えた値が 24 と等しくないかどうかを調べます (FALSE)

=NOT(A5="スプロケット")

A5 は "スプロケット" と等しくないかどうかを調べます (FALSE)

=OR(A5<>"スプロケット",A6 = "ウィジェット")

A5 が "スプロケット" と等しくないか、または A6 が "ウィジェット" と等しいかどうかを調べます (TRUE)

これらの関数を使用する方法の詳細については、 AND 関数OR 関数、およびNOT 関数を参照してください。

ページの先頭へ

計算結果が別の計算式、または TRUE や FALSE 以外の値になる条件付き数式を作成する

この処理を実行するには、次の例に示すように、IF 関数、AND 関数、OR 関数、および演算子を使用します。

使用例は空白のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

その方法は?

  1. この記事の使用例を選択します。

重要: 行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

Excel 2013 for Windows でヘルプから例を選択する

ヘルプから使用例を選択する

  1. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  2. Excel で、空白のブックまたはワークシートを作成します。

  3. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

重要: 使用例が正常に動作するためには、ワークシートのセル A1 に貼り付ける必要があります。

  1. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、または [数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[数式を表示] をクリックします。

使用例は、空白のワークシートにコピーした後、ニーズに合わせて変更できます。

1

2

3

4

5

6

7.


3.6



9



10



11




12



13



14




15



16

A

B

データ

1500

9

3.6

スプロケット

ウィジェット

説明 (結果)

=IF(A2=15, "真", "偽")

セル A2 の値が 15 の場合は "真" を返します。それ以外の場合は "偽" を返します (真)

=IF(A2<>15, "真", "偽")

セル A2 の値が 15 でない場合は "真" を返します。それ以外の場合は "偽" を返します (偽)

=IF(NOT(A2<=15), "真", "偽")

セル A2 の値が 15 以下でない場合は "真" を返します。それ以外の場合は "偽" を返します (偽)

=IF(A5<>"スプロケット", "真", "偽")

セル A5 の値が "スプロケット" でない場合は "真" を返します。それ以外の場合は "偽" を返します (偽)

=IF(AND(A2>A3, A2<A4), "真", "偽")

15 が 9 より大きく、かつ 8 より小さい場合は "真" を返します。それ以外の場合は "偽" を返します (偽)

=IF(AND(A2<>A3, A2<>A4), "真", "偽")

15 が 9 に等しくなく、かつ 15 が 8 に等しくない場合は "真" を返します。それ以外の場合は "偽" を返します (真)

=IF(OR(A2>A3, A2<A4), "真", "偽")

15 が 9 より大きい、または 8 より小さい場合は "真" を返します。それ以外の場合は "偽" を返します (真)

=IF(OR(A5<>"スプロケット", A6<>"ウィジェット"), "真", "偽")

セル A5 の値が "スプロケット" でないか、またはセル A6 の値が "ウィジェット" でない場合は "真" を返します。それ以外の場合は "偽" を返します (偽)

=IF(OR(A2<>A3, A2<>A4), "真", "偽")

15 が 9 に等しくないか、または 15 が 8 に等しくない場合は "真" を返します。それ以外の場合は "偽"を返します (真)

これらの関数を使用する方法の詳細については、 IF 関数AND 関数、およびOR 関数を参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×