条件付き合計式ウィザード アドインについて

条件付き合計式ウィザードのアドインが見つからない場合は、このアドインが Excel 2013 と Excel 2016 に含まれていません。

Excel 2013 と Excel 2016 では、SUMIF 関数や SUMIFS 関数など、この作業で使えるように設計された関数を使用して、条件付き数式を作成することができます。

以前のバージョンの Excel では、条件付き合計式ウィザードを使って、指定した条件を満たす値の合計を計算する数式を記述できました。このウィザードによって生成された数式は、Excel 2013 および Excel 2016 でも動作します。

ウィザードを使って作成された数式は、数式バーで直接編集するか、数式セルを選んで、[数式]、[関数の挿入] をクリックし、[関数の引数] ダイアログ ボックスを開いて編集することができます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×