条件の組み合わせを調べるために、AND と OR を組み合わせて使う

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

4 月と年 1 月の販売数や、早川さんは、販売数などの 1 つ以上の条件を満たすデータを検索する必要がある場合は、共同ANDOR関数を使用することができます。

この例 2011 年 4 月 30 日と 2012 年 1 月 1 日の間の販売数を検索するOR 関数の内部では、 AND 関数をネストまたは早川さんが販売任意の数。Trueが返されます、早川さんは、販売数と、数式に指定された日付の中に Tim とは、販売数を表示できます。

AND と OR を同じ式の中で使う

フォームに含まれる、コピーしてワークシートに貼り付けることができる式は次のとおりです。

=OR(AND(C2>DATE(2011,4,30),C2<DATE(2012,1,1)),B2="江田")

数式には、もう少し詳しくは移動手順について説明します。OR 関数では、一連の引数が true または false を指定しているかどうかをテストする必要があります。この数式で最初の引数内に入れ子になった日付関数と AND 関数の結果は、2 番目の「早川さん」と表示されます。このように、数式を読み取ることができます: 売上が 2011 年 4 月 30 日と 2012 年 1 月 1 日の間に行われたか、早川さんが行ったかを確認してください。

AND 関数など、OR 関数では、True または False のいずれかをも返します。時間を使用して、ほとんどの範囲を別の機能機能しますが、次のようなまたはとIFします。この例では、OR 関数は、AND 関数を使用せず正しい日付を検索はありません。

AND と OR を IF と共に使う

また、ANDORIF 関数と共に使うことができます。

IF 関数の中でネストされた AND と OR 関数

この例では、市場の規模が小さな南部で働いているのでなければ、少なくとも ¥125,000 分の商品を販売するまでボーナスが得られません。南部で働いているのであれば、¥100,000 売り上げたらボーナスを受け取る権利が得られます。

=IF(OR(C4>=125000,AND(B4="南部",C4>=100000))=TRUE,C4*0.12,"ボーナス支給なし")

より詳しく見てみましょう。 IF 関数には、機能する引数が 3 つ必要です。 最初の部分は論理テストで、2 番目の部分はテストが True を返す場合の値で、3 番目は、False を返す場合の値です。 この例では、OR 関数とその中に入れ子になっているすべての内容が論理テストを構成しています。 次のように解釈できます。列 C の値が "南" でない 125,000 以上の値を検索し、次に 100,000 より大きい値を検索します。この両方の条件が true の場合、値に手数料率である 0.12 を掛けます。 この条件を満たさない場合は、"ボーナス支給なし" と表示します。

上記の例を使って操作してみましょう

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×