条件に基づいて数値または日付の個数を数える

単一の条件 (等しい、より大きい、より小さい、より大きいか等しい、より小さいか等しいなど) に一致する数値や日付の個数を数えるには、COUNTIF 関数を使用します。ある範囲 (9,000 より大きく 22,500 より小さいなど) に含まれる数値や日付の個数を数えるには、COUNTIFS 関数を使用できます。代わりに、SUMPRODUCT を使用することもできます。

使用例

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

A

B

"販売員"

売上高

吉田

15,000

吉田

9,000

須山

8,000

須山

20,000

阿久津

5,000

川本

22,500

説明 (計算結果)

=COUNTIF(B2:B7,">9000")

COUNTIF 関数は、範囲 B2 ~ B7 に含まれるセルのうち、9,000 よりも大きい数値が入力されているセルの個数を数えます (4)。

=COUNTIF(B2:B7,"<=9000")

COUNTIF 関数は、範囲 B2 ~ B7 に含まれるセルのうち、9,000 よりも小さい数値が入力されているセルの個数を数えます (4)。

=COUNTIFS(B2:B7,">=9000",B2:B7,"<=22500")

COUNTIFS 関数 (Excel 2007 以降で使用可能) は、範囲 B2 ~ B7 に含まれるセルのうち、9,000 以上で 22,500 以下の数値が入力されているセルの個数をカウントします (4)。

=SUMPRODUCT((B2:B7>=9000)*(B2:B7<=22500))

SUMPRODUCT 関数は、範囲 B2 ~ B7 に含まれるセルのうち、9,000 以上で 22,500 以下の数値が入力されているセルの個数をカウントします (4)。この関数は、COUNTIFS が使用できない Excel 2003 およびそれ以前のバージョンの Excel で使用できます。

日付

3/11/2011

1/1/2010

12/31/2010

6/30/2010

数式

説明 (計算結果)

=COUNTIF(B14:B17,">10/03/01")

範囲 B14 ~ B17 に含まれるセルのうち、2010 年 3 月 10 日よりも大きいデータが入力されているセルの個数を数えます (3)。

=COUNTIF(B14:B17,"10/12/31")

範囲 B14 ~ B17 に含まれるセルのうち、2010 年 12 月 31 日に一致するデータが入力されているセルの個数を数えます (1)。等号は条件に必要ないので、ここでは含めていません (等号を含めても ("=2010/12/31") 数式は機能します)。

=COUNTIFS(B14:B17,">=10/01/01",B14:B17,"<=12/31/2010")

範囲 B14 ~ B17 に含まれるセルのうち、2010 年 1 月 1 日~ 2010 年 12 月 31 日の間 (2010 年 1 月 1 日と 2010 年 12 月 31 日を含む) が入力されているセルの個数を数えます (3)。

=SUMPRODUCT((B14:B17>=DATEVALUE("10/01/01"))*(B14:B17<=DATEVALUE("12/31/2010")))

範囲 B14 ~ B17 に含まれるセルのうち、2010 年 1 月 1 日~ 2010 年 12 月 31 日の間 (2010 年 1 月 1 日と 2010 年 12 月 31 日を含む) が入力されているセルの個数を数えます (3)。この例は、Excel 2007 で導入された COUNTIFS 関数の代わりです。DATEVALUE 関数は、日付を数値に変換します。これにより、SUMPRODUCT 関数で処理できるようになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×