未送信メッセージの下書きを保存する、保存しない

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

最初の設定では、作成しただけでまだ送信していないメール メッセージは、Microsoft Outlook によって 3 分ごとに自動的に保存されます。さらに、いつでも下書きを保存することができ、送信せずに閉じようとした場合には、保存するよう要求するメッセージが表示されます。

メッセージの下書きを保存するには、[ファイル] タブをクリックしてから、[保存] をクリックします。

[メール] のフォルダー ウィンドウで [下書き] をクリックし、メッセージをダブルクリックします。

ヒント: 下書きを削除するのには、メッセージをクリックし、Delete キーを押します。

  1. [ファイル] タブの [オプション] をクリックします。

  2. 左側のウィンドウで、[メール] をクリックします。

  3. [メッセージの保存] の [送信していないアイテムを次の時間 (分) が経過した後に自動的に保存する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  1. [ファイル] タブの [オプション] をクリックします。

  2. 左側のウィンドウで、[メール] をクリックします。

  3. メッセージを保存するには、[数の分後を送信していないアイテムを自動的に保存する] ボックスに、1 ~ 99 の数値を入力します。

メッセージの下書きを手動で保存するには、次のいずれかの操作を行います。

  • クイック アクセス ツール バーの [保存] をクリックします。

    クイック アクセス ツール バーの画像

  • Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 ] をクリックし、[保存] をクリックします。

  • [メール] で、ナビゲーション ウィンドウでは、下書き] をクリックし、メッセージをダブルクリックします。

ヒント: 下書きを削除するのには、メッセージをクリックし、Delete キーを押します。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [環境設定] タブの [電子メール] で、メールのオプションをクリックします。

  3. 未送信メッセージを自動的に保存する] チェック ボックスをオフにします。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [環境設定] タブの [電子メール] で、メールのオプションをクリックします。

  3. [メッセージの処理高度なメールのオプション] をクリックします。

  4. [メッセージを保存する、横にアイテムを自動保存すべて分ごと] ボックスに、1 ~ 99 の数値を入力します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×