未保存の変更済み画像について

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Picture Manager での画像の編集時には、編集作業の履歴を残しておくために、未保存の変更済み画像が記録されています。

未保存の変更済み画像を表示する     [未保存の変更済み画像] フォルダには、画像に対して行ったすべての変更が表示されます。このフォルダでは、Picture Manager を終了しない限り、画像の格納場所にかかわらず変更したすべての画像を見ることができます。特定の場所で行った変更を表示する場合は、[画像へのショートカット] ウィンドウに太字で表示されるフォルダを検索します。これらのフォルダでは、未保存の変更済み画像の数もかっこの中に表示されます。フォルダ内では、未保存の変更済み画像の個々のファイル名も太字のアスタリスク文字付きで表示されます。

未保存の変更済み画像を保存する     Picture Manager では、画像を別名で保存したり、元の画像を変更済みの画像と置き換えたりすることができます。画像の保存は、Picture Manager を終了する前であれば、編集の終了直後に行うことも、後の任意の時点で行うこともできます。選択した画像の変更を保存するには、次のオプションがあります。

  • [上書き保存] 元の画像を編集した画像に置き換えます。

  • [すべて保存] すべての元の画像をセッション中に変更した画像と置き換えます。

  • [名前を付けて保存] 編集した画像を新規画像ファイルとして保存します。画像に別のファイル名を付けたり、別の場所に保存したりすることができます。

  • [エクスポート] 編集した画像に対し、ファイル名、ファイル形式、場所を新たに指定して保存できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×