期間を変更するとタスクの開始日や終了日が変更される

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

現象

タスクの開始日や期間を調整すると、終了日が変更されます。

原因

Project では、タスクの期間を入力すると、週末などの非稼働時間、およびプロジェクトの開始日や期間に合わせて、タスクの開始日と終了日が計算されます。タスクの期間を変更すると、変更後の期間に合わせて開始日と終了日が Project により再計算されます。

たとえば、タスクの期間を 3 日間と入力し、プロジェクトの開始日を 3 月 1 日に設定した場合、そのタスクの開始日は 3 月 1 日、終了日は 3 月 3 日と計算されます (これらの日付が週末などの非稼働日に当たらない場合)。期間を 4 日間に変更すると、終了日は再計算されて 3 月 4 日になります。

解決法

タスクの開始日と終了日を指定する必要がある場合、開始日と終了日を入力すると、Project によって期間が再計算されます。開始日や終了日を入力することによって、タスクに日付の制約が設定され、スケジュールの柔軟性が制限されます。まず開始日を入力し、次に終了日を入力すると、[指定日以後に終了] (FNET) という制約が設定されます。まず終了日を入力し、次に開始日を入力した場合、[指定日以後に開始] (SNET) という制約が設定されます。

タスクの開始または特定の日に終了日がタスクの開始または終了がいない場合に警告を表示しながら、スケジュールの柔軟性を保持する場合は、タスクの期日日付を入力できます。タスクの制約はありません期限についても制約に影響します。スケジュールを更新すると、タスクが期限から外れた場合インジケーターが表示されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×