有効にする、またはデジタル署名を無効にします。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フォーム テンプレートをデザインする際に、ユーザーは、フォーム テンプレートに基づくフォームに入力するときに、デジタル署名を使用できるようにするかどうかを指定できます。用紙文書に署名することがありますが、同じ理由の多くのデジタル署名を使用することができます。認証デジタル情報にデジタル署名が使用されている、フォーム、フォーム、電子メール メッセージ、およびドキュメントなど、コンピューターの暗号化を使用しています。フォームを署名すると、署名されたフォームの一部または全体のフォームは、署名が無効に変更できません。

注: フォーム テンプレートの XML スキーマに基づく設計 World Wide Web コンソーシアム (W3C) XML デジタル署名名前空間にあるノードを XML スキーマがある場合にのみにフォーム テンプレートのデジタル署名が有効にできます。

この記事の内容

互換性に関する考慮事項

ユーザーがフォーム全体に署名できるように、デジタル署名を有効にします。

ユーザーがフォームの一部に署名できるように、デジタル署名を有効にします。

デジタル署名を無効にします。

互換性に関する考慮事項

フォーム テンプレートを作成すると、ユーザーを追加して、フォーム全体またはフォームの特定の部分にデジタル署名が有効にできます。Microsoft Office InfoPath 2007] で、ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインすることもできます。ブラウザー互換フォーム テンプレートは、特定の互換モードを使用して、InfoPath でデザインしたフォーム テンプレートです。ブラウザー互換フォーム テンプレートをブラウザーでできる InfoPath Forms Services を実行しているサーバーに発行されたできます。ブラウザー対応フォーム テンプレートでのみをユーザーが入力するフォームの特定の部分に追加するデジタル署名を有効にできます。フォームの一部のデジタル署名を有効にしたときに、署名は、それらのフォームの特定の部分のデータにのみ適用されます。

ページの先頭へ

ユーザーがフォーム全体に署名できるように、デジタル署名を有効にします。

  1. [ツール] メニューで、 [フォームのオプション] をクリックします。

  2. [カテゴリ]のデジタル署名] をクリックし、[フォーム全体のデジタル署名を有効にする] をクリックします。

    注: ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合は、全体のデジタル署名を有効にする] オプションはブラウザー互換フォーム テンプレートは、フォーム テンプレートの特定の部分のデジタル署名をサポートするのみためにと使用できません。デジタル署名を有効にした後に、フォーム テンプレートの互換性オプションを変更する場合は、デジタル署名のオプションが正しく設定されていることを確認して、[デザイン チェックを実行する必要があります。「参照」セクションの詳細については、[デザイン チェックを検索します。

  3. フォーム テンプレートが設計されたデータベースや Web サービス、XML スキーマに基づくを含むデジタル署名の名前空間、署名を格納するデータ ソース内のグループを指定するのには、 [XPath の選択 [データ ソース] ボタン ] をクリックします。グループは、デジタル署名の名前空間の一部である必要があります。

    注: データベース、Web サービス、またはデジタル名前空間を含む XML スキーマに基づくいないフォーム テンプレートをデザインする場合は、このオプションは使用できません。この例では、手順 5 に進んでください。

  4. フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、フィールドまたはグループは、デジタル署名を有効にする] をクリックし、[ OK] をクリックします。

  5. ユーザーに送信する前にフォームに署名する場合は、署名のない送信されている場合は、フォームのサインインを求める] チェック ボックスを選択します。

    注: 既にになっているフォーム テンプレートのフォームの送信を行う必要があります、このチェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

ユーザーがフォームの一部に署名できるように、デジタル署名を有効にします。

  1. [ツール] メニューで、 [フォームのオプション] をクリックします。

  2. [カテゴリ]のデジタル署名] をクリックし、[フォームの特定のデータのデジタル署名を有効にする] をクリックします。

  3. [追加] をクリックします。

  4. 署名のデータの設定] ダイアログ ボックスで、デジタル署名を有効にするフォーム テンプレートの一部の名前を入力します。

    ヒント: 使用する名前には、スペースを含めることはできません。

  5. [フィールドと署名がグループボックスの横にある[XPath の選択 [データ ソース] ボタン ] をクリックします。

  6. フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、フィールドまたはグループは、デジタル署名を有効にする] をクリックし、[ OK] をクリックします。

  7. [署名のデータの設定] ダイアログ ボックスでは、署名のオプション] で、次のいずれかの操作を行います。

    • フォーム テンプレートのこの部分の 1 つだけ署名は、 1 つだけ署名を許可する] をクリックします。

    • をクリックして、互いに独立していると、追加または他の署名に影響を与えずに削除するを複数の署名を許可するには、すべての署名が独立した (共同記号)します。

    • 前の署名に署名する複数の署名を許可するには、各署名の前の署名 (対記号)をクリックします。

  8. 確認メッセージの署名] ボックスで、フォームのこの部分に署名し、 [OK ] を 2 回クリックすると、ユーザーを表示するテキストを入力します。

  9. フォーム テンプレートのセクションにデジタル署名を有効にしたフォーム テンプレートの一部に関連付けます。

    方法

    1. セクションを挿入する場所にカーソルを置きます。

    2. ]、[データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソースをクリックします。

    3. [データ ソース] 作業ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。

      • フィールドにバインドされているコントロールを追加するには、フィールドを右クリックし、このフィールドにバインドするコントロールをクリックします。

      • グループにバインドされているセクションを追加するには] グループを右クリックし、コントロールとセクション] をクリックします。

        注: フィールドまたは指定したグループが発生する場合は、そのフィールドまたはグループが含まれている繰り返さないグループを選択する必要があります。

  10. フォーム テンプレートでセクションを他のセクションまたは挿入したコントロールを含むセクションの下にあるラベルをダブルクリックします。

  11. デジタル署名] タブをクリックします。

  12. このセクションのデジタル署名をユーザーに許可する]チェック ボックスを選択します。

  13. サインイン フォームで、このセクションでは、サインインしたときに次のデータ] ボックスに、手順 4 でのデジタル署名を作成したセクションの名前をクリックします。

  14. 追加するとき] セクションで署名を表示するには、セクション内の署名を表示する] チェック ボックスをオンを選択します。

  15. コントロール] セクションで読み取り専用署名されていると、サインインするには、コントロールを読み取り専用] チェック ボックスを選択します。

ページの先頭へ

デジタル署名を無効にします。

  1. [ツール] メニューで、 [フォームのオプション] をクリックします。

  2. [カテゴリ]のデジタル署名] をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • フォーム テンプレート全体のデジタル署名を無効にするには、デジタル署名を有効にしない] をクリックします。

    • フォーム テンプレートの特定の部分のデジタル署名を無効にするには、フォーム内の特定のデータのデジタル署名を有効にする] をクリックしてください、デジタルを無効にする署名可能なフォームのデータの一覧内のフォーム テンプレートのパーツ] をクリックしてください署名し、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×