有効にして、Microsoft チームと Skype for Business Online 通話品質のダッシュ ボードを使用します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

通話品質のダッシュ ボードを使用して通話品質を監視Office 365組織を設定する方法について説明します。

Microsoft チームとSkype for Business Online通話品質のダッシュ ボード (CQD) を使用すると、 Microsoft チームおよびSkype for Businessサービスを使用して通話の品質をより深く洞察を得ることができます。ここでは、手順を完了すると、データの収集を開始する必要があります。

注: CQD 詳細レポートは現在テクニカル プレビューとして提供されていますが、すべてのお客様にご利用いただけます。

最新の変更と更新

CQD に最新の変更は、次のとおりです。

  • Skype for Business Onlineデータに加えてMicrosoft チームデータが含まれます。

  • サマリー レポートには、製品フィルター選ぶか、すべてのデータ、 Microsoft チームデータまたはSkype for Business Onlineデータにはが含まれます。

Skype for Business Online の通話品質ダッシュボードで利用できるディメンションとメジャー」のリストについては、この記事をご覧ください。

注: ダッシュボードの更新と変更に関する情報は、ダッシュボードの [嬉しいお知らせです] をクリックすると確認できます。通話品質ダッシュボードに移動することができます。

Microsoft 通話品質のダッシュ ボード (CQD) の概要レポートのライセンス認証を行う

CQD の使用を開始する前に、 Office 365組織のアクティブ化する必要があります。

  1. 管理者アカウントを使用してOffice 365組織にサインインし、[管理] タイル、管理センターを開く] を選びます。

  2. 左側のウィンドウの [管理] で [Skype for Business] を選んで、Skype for Business 管理センターを開きます。

  3. Skype for Business 管理センターの左側のウィンドウでツールを選んでから、[Skype for Business Online 通話品質ダッシュボード] を選びます。

    Skype for Business ツール

  4. 表示されたページで [グローバル管理者アカウントでログイン] を選んでから、メッセージに従って資格情報を入力します。

    CQD ログイン

ログインして CQD が有効になると、データの収集と処理が始まります。

注: 2 つのレポートに意味のある結果を表示するには、十分なデータを処理するに時間がかかる場合があります。

Skype for Business Online の通話品質ダッシュボードの機能

CQD 概要レポートには、詳細レポートで予定されている機能のサブセットが含まれています。以下の表は、2 つのエディションの違いをまとめたものです。

機能

概要レポート

詳細レポート

アプリケーション共有のメトリック

なし

あり

顧客の建物情報に対応

あり

ドリルダウン分析に対応

なし

あり

メディア信頼性のメトリック

なし

あり

既定のレポート

あり

概要レポート

あり

ユーザーごとのレポート セット

なし

あり

レポート セットのカスタマイズ (レポートの追加、削除、変更)

なし

あり

ビデオベースの画面共有のメトリック

なし

あり

ビデオのメトリック

なし

あり

利用できるデータの量

過去 6 か月間

過去 6 か月間

Microsoft チーム データ

あり

あり

既定のレポート

CQD レポートの 2 つのエディションのどちらにも、既定のレポート セットが用意されているので、新しいレポートを作成せずに通話品質の測定結果を確認できます。バックエンドでのデータ処理が完了すると、通話品質データがレポートに表示されます。

概要レポート

CQD レポートの 2 つのエディションのどちらにも、通話品質全体に関する情報の概要が表示されますが、概要レポートの表示方法は詳細レポートでの表示方法と異なります。

概要レポートには、シンプルなタブ表示のページ レポート ビューがあり、ユーザーは全体的な通話品質の状態と傾向を簡単に参照して理解できます。

4 つのタブの内容:

  • [全体的な通話品質] - すべてのストリームに関する情報が表示されます。ここには、サーバーとクライアント間 (Server-Client) ストリームおよびクライアント間 (Client-Client) ストリームの集計情報のほか、サーバーとクライアント間ストリームおよびクライアント間ストリームの個別情報が月別と日別の傾向として表示されます。

  • [サーバーとクライアント間] - サーバー エンドポイントとクライアント エンドポイント間のストリームに関するその他の詳細情報が表示されます。

  • [クライアントとクライアント間] - 2 つのクライアント エンドポイント間のストリームに関するその他の詳細情報が表示されます。

  • 音声品質 SLA – Skype for Business Online音声品質の SLA に含まれている電話に関する情報を表示します。

[全体的な通話品質] タブ

このタブに表示されるストリーム カウントと低品質な通話の割合に関するデータを使って、通話品質の状態と傾向を評価します。右上の凡例は、それぞれのメトリックを表す色と視覚要素を表しています。

CQD データ キー

ストリームは、[高品質]、[低品質]、[未分類] の 3 つのグループに分類されます。また、[低品質 (%)] の値は、分類されたストリーム カウント全体のうち通話品質が [低品質] に分類されたストリームの割合を示します。低品質 (%) = 低品質の通話数 / (低品質の通話数 + 高品質の通話数) * 100 の式であるため、[低品質 (%)] の値は複数の [未分類] のストリームの存在を考慮したものではありません。ストリームを低品質または高品質として分類する基準については、https://aka.ms/cqd_quality_thresholds をご覧ください。

左側の目盛りは、通話カウントの測定値を示しています。

CQD データ カウント

右側の目盛りは、低品質 (%) の測定値を示しています。

CQD データの割合

また、棒グラフの各要素の上にマウスを置くと、実際の数値が表示されます。

注: 次の例は、非常に小さいサンプル データ セットからし、値は、実際に配置する現実的なします。

CQD データ数値

全体的なストリーム ボリュームは、低品質 (%) の計算値が適切であるかどうかを判断するための重要な要因です。ストリーム全体のボリュームが少ないほど、レポートに表示された低品質 (%) の値の信頼性は低くなります。

[サーバーとクライアント間] タブと [クライアント間] タブ

これら 2 つのタブには、エンドポイント間のシナリオで発生するストリームに関するその他の詳細情報が表示されます。両方のタブには、折りたたみ可能な 4 つのセクションがあり、以下のメディア ストリーム別に 4 種類の情報が表示されます。

  • 有線 (内部)

  • 有線 (外部)

  • Wifi (内部)

  • Wifi (外部)

屋内テスト

処理中に存在する場合、CQD バックエンドは内側または外側建物の情報を使用する名前を付けてストリームを分類します。各ストリームの端点は、サブネット アドレスに関連付けられます。サブネットがアップロードされた建物の情報のサブネットの一覧である場合は、内部見なされます。建物情報がまだアップロードされていない場合、[内のテストが常にストリームとして分類外側します。内部テスト Server クライアントのシナリオのみクライアント エンドポイントを考慮することに注意してください。サーバーは常に外部ユーザーの観点から、ために、テストでこの加算されません。

有線 vs WiFi

それぞれの名前が示すとおり、これはクライアント接続のタイプに基づいた分類基準です。この場合も、サーバーは常に有線で接続されているという理由から、計算の対象には含まれません。

注: 特定のストリームに関して、2 つのエンドポイントの一方が WiFi ネットワークに接続されていれば、CQD では WiFi として分類されます。

レポートを表示する製品データを選択します。

概要と強化されたレポートの場所で選択すると、すべての製品データを表示する製品フィルターのドロップダウン メニューを使用することができますMicrosoft Teamsのデータだけに使用する場合、またはSkype for Business Onlineデータだけです。

スクリーン ショットは、すべてのオプション、Microsoft チーム、Skype for Business と製品フィルター コントロールが表示されます。

詳細なレポートのレポートの定義の一部としてMicrosoft TeamsまたはSkype for Business Onlineデータへのデータをフィルター処理チーム ディメンションを使用することができます。

建物情報のアップロード

CQD 概要レポート ダッシュボードの [テナント データのアップロード   ] ページは、右上の [テナント データのアップロード] リンクを選ぶと表示されます。このページは、管理者が IP アドレスと地理情報のマッピングや、各ワイヤレス AP と MAC アドレスのマッピングなどの固有の情報をアップロードするのに使います。

CQD ダッシュボード
  1. [テナント データのアップロード] ページのドロップダウン メニューで、アップロードするデータ ファイルの種類を選びます。ファイル データの種類は、ファイルの内容を表しています (たとえば、“建物” は IP アドレスと建物のマッピングおよびその他の地理情報を示します)。現在サポートされているデータの種類は、“建物” のみです。今後のリリースでは、これ以外のデータの種類がいくつか追加される予定です。

  2. ファイル データの種類を選んだら、[参照] を選んでデータ ファイルを選びます。

    • データ ファイルは tsv (タブ区切りの値) ファイルまたは csv (カンマ区切り値) ファイルである必要があります。csv ファイルを使用する場合、カンマを含むフィールドはすべて引用符で囲むか、カンマを削除する必要があります。たとえば、建物の名前が NY,NY の場合、csv ファイルでは "NY,NY" と入力する必要があります。

    • データ ファイルは、サイズが 50 MB 以下である必要があります。

    • 各データ ファイルのそれぞれの列は、このトピックの後半で説明する、定義済みのデータの種類と一致している必要があります。

  3. データ ファイルを選んでから、[開始日] を指定し、オプションで [終了日を指定] を選びます。

  4. [開始日] を選んだら、[アップロード] を選んで、CQD サーバーにファイルをアップロードします。

    ファイルはアップロードの前に、まず検証されます。検証が完了すると、Azure BLOB に保存されます。検証に失敗するか、ファイルを Azure BLOB に保存できなかった場合は、ファイルの訂正を要求するエラー メッセージが表示されます。次の図に、データ ファイルの列数が正しくない場合に発生するエラーを示します。

    CQD の例のアップロード検証エラー
  5. 検証でエラーが発生しなければ、ファイルのアップロードが成功します。アップロードされたデータ ファイルは、[マイ アップロード] テーブルに表示されます。ページの一番下には、現在のテナントのアップロード済みファイルの一覧が表示されます。

    各レコードには、1 つのアップロード済みテナント データ ファイルと、ファイルの種類、最終更新日時、期間、説明、削除アイコン、ダウンロード アイコンが表示されます。ファイルを削除するには、テーブルのごみ箱アイコンを選びます。ファイルをダウンロードするには、テーブルの [ダウンロード] 列のダウンロード アイコンを選びます。

    CQD アップロード表

テナント データ ファイルの形式と建物データ ファイルの構造

アップロードするデータ ファイルの形式は、アップロード前の検証に合格するために、以下の条件に従っている必要があります。

  • ファイルは、各行の列がタブで区切られる tsv ファイル、または各列がカンマで区切られる csv ファイルのどちらかである必要があります。

  • データ ファイルには、テーブル見出しを含めることはできません。つまり、データ ファイルの先頭行には、“ネットワーク” などの見出しではなく、実際のデータが含まれている必要があります。

  • 各列のデータの種類には、[文字列]、[数値]、[ブール値] のみ指定できます。[数値] の場合、値は数値でなければならず、[ブール値] の場合、値は 0 または 1 のいずれかでなければなりません。

  • 各列のデータの種類が [文字列] の場合、データは空白であってもかまいません (ただし、タブやカンマなど適切な区切り文字で区切られている必要があります)。そのフィールドには、空の文字列の値が割り当てられます。

  • 各行は 14 個の列を含み、各列のデータの種類は以下のとおりです。列の順序は以下の表の表示順である必要があります。

列名

データ型

Network

文字列

192.168.1.0

NetworkName

文字列

USA/Seattle/SEATTLE-SEA-1

NetworkRange

数値

26

BuildingName

文字列

SEATTLE-SEA-1

OwnershipType

文字列

Contoso

BuildingType

文字列

IT ターミナル

BuildingOfficeType

文字列

エンジニアリング

City

文字列

シアトル

ZipCode

文字列

98001

Country

文字列

US

State

文字列

WA

Region

文字列

MSUS

InsideCorp

ブール値

1

ExpressRoute

ブール値

0

重要: 

  • ネットワーク範囲を使用してスーパーネット (複数のサブネットと単一のルーティングプレフィックスの組み合わせ) を表すことができます。すべての新しい建物のアップロードでは、重複する範囲がないかを確認します。以前に建物ファイルをアップロードした場合は、現在のファイルをダウンロードし、それを再度アップロードして重複の存在を識別して、問題を修正してから再びアップロードする必要があります。以前アップロードしたファイル内に重複があると、建物に対するサブネットのマッピングがレポートで不正となる可能性があります。

  • 一部の VPN の実装では、サブネット情報は正確にレポートされません。建物ファイルに VPN サブネットを追加する場合は、サブネットにつき 1 つのエントリを含めるのではなく、別個のエントリを別個の 32 ビット ネットワークとして VPN サブネット内の各アドレスに追加することをお勧めします。たとえば、172.16.18.0/24 の 1 行を含めるのではなく、256 行で、各アドレスにつき 1 行が対応する形で 172.16.18.0/32 から 172.16.18.255/32 までを含めるとよいでしょう。

詳細レポートのメディアの種類を選択する

詳細なレポートでは、アプリケーションの共有とメディアの種類を共有するビデオのベースの画面に、音声、ビデオの品質とメディアの信頼性を見てをサポートします。ディメンション、メジャー、および、1 つのメディアの種類に固有のフィルターと接頭辞を「オーディオ」、「ビデオ」、"AppSharing"、または"VBSS"であります。

通話品質ダッシュボードのディメンション。

ディメンションとメジャーの 1 つのメディアの種類を表示する場合は、新しいメディアの種類のディメンションとフィルター必要があります。たとえば、合計セッションを別のメディアの種類にわたってカウントが表示されているレポートを表示するには、メディアの種類のディメンションを追加します。

通話品質ダッシュボードの合計ストリーム数。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×