最近使ったファイルの一覧をカスタマイズする

Microsoft Office プログラムでは、そのプログラムで最近開いたドキュメントの一覧が表示され、その一覧のリンクを使ってファイルにすばやくアクセスすることができます。 この機能は、既定で有効になっていますが、無効にしたり、再度有効にしたり、クリアしたりすることができるほか、表示されるファイルの数を変更することもできます。

この機能を無効にしていた後で再度有効にした場合、一覧には、この機能を有効にした後に開いて保存したファイルだけが表示されます。

ファイルを閉じてから Windows エクスプローラーなどを使ってファイルを別の場所に移動した場合は、そのファイルを作成したプログラムで表示される、そのファイルへのリンクは正しく機能しません。 開くファイルを参照するには、[ファイルを開く] ダイアログ ボックスを使う必要があります。 新しい場所にファイルを保存すると、その場所へのリンクが一覧に追加されます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ファイル、最近使ったファイルのリストを保持します。

最近使ったファイルの一覧に表示されるファイルの数を変更します。

最近使ったファイルの一覧からクリアの固定されていないファイル

最近使ったファイルの一覧のファイルを保持する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. 最近使ったファイルの一覧を表示するには、[開く] をクリックします。

  3. この項目リストに暗証番号 (pin) Office 2016 の [ピン解除] ボタン をクリックします。
    ファイルがリストに固定されているとピンのアイコンが次のようなが表示されます次のような見た目 Office 2016 の [固定] ボタン の旧バージョンの Office で、: ボタンの画像

ヒント: ファイルの固定を解除するには、もう一度 [固定] ボタンをクリックします。

ページの先頭へ

最近使ったファイルの一覧に表示するファイルの数を変更する

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [詳細設定] をクリックします。

  4. [表示] の [最近使ったドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数] の一覧で、表示するファイルの数をクリックします。

ヒント:  最近使ったファイルの一覧にファイルを 1 つも表示しないようにするには、[最近使ったドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数] を 0 に設定します。

ページの先頭へ

固定表示を解除したファイルを最近使ったファイルの一覧からクリアする

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [開く] をクリックします。

  3. 一覧でファイルを右クリックし、[固定されていない文書をクリア] をクリックします。

  4. [はい] をクリックして一覧をクリアします。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×