最近の PowerPoint for Windows の問題に関する修正プログラムと解決策

最終更新: 2018 年 5 月

注: クラッシュやパフォーマンスの低下が発生しているのに、機能とアドインのセクションで問題が見つからない場合は、この記事の「修正された以前の問題」セクションを参照してください。

PowerPoint がクラッシュし、パフォーマンスが低下する

PowerPoint の機能とアドインに影響する問題

最終更新日: 2018 年 5 月 25 日

問題

編集言語を切り替えて使用すると、Enter キーを押すまでテキストが表示されない、下線が削除しても表示される、画面がちらつくといったさまざまな問題が発生することがあります。

状態: 修正済み

この問題の最新情報については、「Office の編集言語を使用すると、テキスト、下線、画面のちらつきの問題が発生する」を参照してください。

最終更新日: 2018 年 1 月 11 日

問題

更新プログラムを最近インストールし、お使いの PC に McAfee Antivirus がインストールされている場合、PowerPoint または Word でグラフのデータを編集するときに問題が発生する可能性があります。

状態: 修正済み

この問題は McAfee WebAdvisor のリリース 4.0.7.148 で対処されています。この問題を解決するには McAfee Antivirus を最新バージョンに更新してください。

最終更新日: 2017 年 10 月 20 日

問題

"プログラムの実行" ユーザー設定アクションがセキュリティの脆弱性を制限するため、既定で無効になっています。

状態: 回避策

最新の回避策の手順については、「PowerPoint 2016 で "プログラムの実行" ユーザー設定​​のアクションが無効になっている」を参照してください。

最終更新日: 2017 年 10 月 13 日

問題

Office 365 試用版を使用している場合、Office ファイルを開くたびに、Windows のすべてのバージョンで Word、Excel、または PowerPoint の既定のアプリケーションとして、最新バージョンのアプリケーションが自動的に設定されます。たとえば、Excel 2013 がインストールされている状態で、Office 365 試用版も実行している場合、ブックは Excel 2016 で開きます。

状態: 回避策

最新の機能が必要な場合は、Office 365 の使用をお勧めします。ただし、試用版をアンインストールすれば、インストールされているバージョンの Excel でファイルを開くことができます。

最終更新日: 2018 年 2 月 5 日

問題

Office 2016 バージョン 1707 (ビルド 8326.2058) 以降で、自動保存が使用できないか、Office ツール バーに表示されません。

状態: 修正済み

Excel の場合: この問題はバージョン 1708 (ビルド 8431.2094) で修正されています。更新プログラムを今すぐ入手するには、Excel を開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。

Word の場合: この問題はバージョン 1711 (ビルド 8730.2122) で修正されています。更新プログラムを今すぐ入手するには、Word を開いて [ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。

最終更新日: 2018 年 3 月 19 日

問題

Office ファイルのドキュメント プロパティにメタデータを追加する場合 ([ファイル]、[情報] の順に選択して、または [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを使用して)、プロパティは Office で表示されます。ところが、同じファイルを Windows のエクスプローラーで表示すると、プロパティは表示されません。

メタデータの追加 ([ファイル]、[情報] の順に選択)

Office ドキュメントのプロパティ - [ファイル]、[情報] パネル

メタデータの追加 ([名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを使用)

Office ドキュメントのプロパティ - [名前を付けて保存] ダイアログ ボックス

エクスプローラーでメタデータ/プロパティが表示されない

Windows エクスプローラーでの Office ドキュメントのプロパティ

状態: 修正済み

この問題は更新プログラムで修正されています。最新の更新プログラムを今すぐ入手するには、Office アプリを開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。 

最終更新日: 2018 年 4 月 5 日

問題

[挿入]、[アイコン] または [挿入]、[画像] の順に選択してアイコンまたは画像を挿入すると、次のエラー メッセージが表示されます。

このファイルのインポート中に、エラーが発生しました。http://hubblecontent.osi.office.net/ContentSVC/Content/Download?provider=MicrosoftIcon&FileName=[icon].svg

状態: 修正済み

この問題は、月次チャネル バージョン 1803 (ビルド 9126.2116) 以降で修正されています。最新の更新プログラムを今すぐ入手するには、Office アプリを開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。

変更された機能、ブロックされた機能、または廃止された機能

修正された以前の問題

補足説明

サポートに電話

サポートに問い合わせる
家庭向け Office 365 のサブスクリプションをお持ちの場合、またはパッケージ版の Office 2016 を購入された場合は、このページの下にある [お問い合わせ] リンクをクリックします。

Office 365 コミュニティ フォーラム

コミュニティで質問する
以下のフォーラムで専門家によるサポートを受ける:
Windows 版 Office のフォーラム (個人、ホーム、または大学ユーザー向け)
Office 365 コミュニティ フォーラム(ビジネス ユーザー向け)

チャット

Office アプリでフィードバックを送信する
Office チームに直接フィードバックを送信することができます。

Windows 10 の Office 2016 で、Office アプリを開き、[ファイル]、[フィードバック] の順にクリックします。

機能に関するご要望

電球 - ヒント

新機能に関するご提案や製品の使用方法に関するフィードバックなどがございましたら、ぜひお聞かせください。PowerPoint UserVoice サイトで、皆様からのご意見を共有させていただきます。ご連絡をお待ちしております。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×