最近の PowerPoint の機能は以前のバージョンで動作が異なる

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

PowerPoint 2013と新しいバージョンの一部の機能は使用できないか、以前のバージョンのPowerPointでプレゼンテーションファイルを開くときに動作が異なります。

次のスクリーンショットは、たとえば、 PowerPoint 2013 (.pptx format) でプレゼンテーションを作成し、それを .ppt 形式で保存しようとした場合に取得できる互換性チェックの警告の例です。

互換性チェックの警告

次の表は、PowerPoint 97-2003 (.ppt) 形式で .pptx プレゼンテーションを保存するときに使用できない、または低下する特定の機能を示しています。

PowerPoint の機能

互換モードでの動作

グラフ

プレゼンテーションに含まれているグラフで、セルが表示可能な行と列の制限を超えて表示されている場合、それらのセルは保存されず、表示されません。

ドロップ シャドウ

輪郭がぼやけたソフト シャドウが編集可能なハード シャドウに変換されます。

図形またはテキスト上のグラデーションのアウトライン

使用できません。

見出しと本文のフォント

見出しと本文のフォントが固定書式に変換されます。 つまり、ファイルを以前のバージョンの PowerPoint で開いた場合、テキストやスタイルの書式を変更できません。

インデントのレベル

一部のインデント レベルは使用できません。

複数列のテキスト

これらは編集できません。

セクション

スライドはセクションにグループ化されません。

テキスト付きまたはテキストなしの図形

これらは編集できません。

テキスト付きまたはテキストなしの SmartArt グラフィック

SmartArt グラフィックまたはその中のテキストは編集できません。

固定ガイド

スライドマスターまたはスライドマスタービューのレイアウトに固定ガイドを追加した場合、以前のバージョンのPowerPointで開いたときにガイドは表示されません。

テキスト上の取り消し線と二重取り消し線

使用できません。

テキスト効果 (影、反射、光彩など)

使用できません。

テーマ

図形およびプレースホルダーを含むテーマの中には、図に変更できるものがありますが、編集できません。

切り替え

バージョン2013で最初にリリースされた切り替え効果は、以前のバージョンのPowerPointでは利用できません。

ビデオ

挿入されたメディア クリップは図として保存されます。

WordArt クイック スタイル

使用できません。

関連情報については、「 powerpoint の .pptx ファイルを .ppt 形式で保存する」と「互換モードを使用してさまざまなバージョンの powerpoint を操作する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×