最近の OneNote for Mac、iPhone、iPad の問題に関する修正プログラムと解決策

最終更新日: 2018 年 3 月 20 日

OneNote の機能に影響する問題

最終更新日: 2018 年 3 月 20 日

問題

ノートの同期で問題が発生し、上記のエラーのいずれかが表示される場合があります。この問題は、サーバーで大量の処理が発生しているために発生します。

状態: 調査中

詳細については、次の記事の情報を参照してください。OneNote 2016 でノートの同期時にエラー 0xE40200B4、0xE401065D、0xE000145C、または 0xE4010640 が発生する

最終更新日: 2017 年 11 月 7 日

問題

OneNote 2016 for Mac および OneNote for iPhone または iPad を使用すると、OneNote アプリを開くたびに、またはノートブックを切り替えるときに、サインインを要求されることがあります。同様に、OneNote は同期エラーを解決するために、サインインを繰り返しユーザーに要求する場合があります。

状態: 調査中

Mac、iPhone、iPad でお使いの OneNote を最新バージョンに更新してください。Mac App Store からダウンロードした OneNote をお使いの場合は、App Store を起動して更新プログラムの有無を調べてください。その画面に OneNote を更新するオプションがあります。OneNote を Microsoft Office for Mac の一部としてインストールした場合は、OneNote を開き、メニューの [ヘルプ]、[更新プログラムの確認] の順に移動して Microsoft AutoUpdate アプリを起動し、指示に従います。すべての Microsoft Office アプリケーションで同じキーチェーン アイテムが使用されているため、Office アプリケーションをすべて更新してください。詳細については、「OneNote 2016 for Mac で更新プログラムを確認する」をご覧ください。

最新バージョンの OneNote for iPhone と OneNote for iPad をダウンロードするには、App Store で自動更新を確認してください。他にも iOS 向けの Microsoft Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint、Outlook) がある場合は、すべてを更新する必要があります。

最新の更新プログラムをインストールしても、引き続き問題が発生する場合は、次の手順に従って Office の資格情報を消去し、再作成します。

macOS で Office の資格情報を消去するには

ユーザーの資格情報が破損することがありますが、これが OneNote で繰り返しパスワードの入力を求められる原因となります。この情報を消去するには、次の手順を行います。

  1. OneNote 以外の Mac Office アプリケーションをすべて終了します。

  2. OneNote で、サインアウトします。この操作ではユーザーのログアウトだけが行われるため、ノートブックはすべて表示されたままになります。

  3. OneNote を終了します。

  4. "キーチェーン アクセス" を起動し、「Office15」が含まれているすべてのアイテムを検索します。自分がログイン済みのアカウントごとに 1 個のアイテムが表示されます (通常はごく少数です)。

    1. 名前は長い英数字コードで、種類の先頭は "MicrosoftOffice15…" となっています。

  5. そのアイテムをすべて削除します。ここで削除されるのは認証用の資格情報だけであり、データが削除されることはありません。この情報は、もう一度サインインしたときに再作成されます。

  6. OneNote を起動し、自分のアカウントにサインインします。

資格情報はすべての Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint) で共有されているため、これらのアプリでも、もう一度サインインする必要があります。

iOS で Office の資格情報を消去するには

ユーザーの資格情報が破損することがありますが、これが OneNote で繰り返しパスワードの入力を求められる原因となります。この情報を消去するには、次の手順を行います。

  1. 他の Office アプリ (Word、Excel、PowerPoint など) がインストール済みの場合は、そのアプリも最新バージョンに更新済みであることを確認してください。同じ Office ユーザー情報がアプリ間で共有されているため、アプリの 1 つにバグがある場合は、それが原因でユーザー情報が破損することがあります。

  2. 資格情報の消去は、多くの場合の問題解決に役立ちます。手順は次のとおりです。

    1. iOS の設定で [OneNote]、[OneNote のリセット]、[サインイン資格情報の削除] の順に移動し、この設定をオンに切り替えます。

    2. OneNote が実行中ではないことを確認します。(ホーム画面をダブルタップすると実行中のアプリがすべて表示されるので、OneNote を上にスワイプして閉じてください。)

    3. OneNote をもう一度開いてサインインします。

最終更新日: 2017 年 6 月 20 日

問題

iOS をご利用の一部のお客様から、オンプレミスの SharePoint サーバーにサインインできず、ノートブックが同期していないというご報告を受けています。

状態: 修正済み

この問題はバージョン 2.2 ビルド (17061301) で修正されています。修正プログラムを入手し、OneNote の更新プログラムを受信するには、App Store から Microsoft OneNote アプリにアクセスします。

補足説明

サポートに電話

サポートに問い合わせる
家庭向け Office 365 のサブスクリプションをお持ちの場合、またはパッケージ版の Office 2016 を購入された場合は、このページの下にある [お問い合わせ] リンクをクリックします。

Office 365 コミュニティ フォーラム

コミュニティで質問する
次のフォーラムで専門家によるサポートを受けてください:
Office for Mac コミュニティ (Mac ユーザー用)

チャット

Office アプリでフィードバックを送信する
Office チームに直接フィードバックを送信することができます。

Mac ユーザーの場合は、Office 2016 for Mac で、右上隅にある顔文字アイコンをクリックします。

フィードバックを提供するオプションをクリックします。

機能に関するご要望

電球 - ヒント

新機能に関するご提案や製品の使用方法に関するフィードバックなどがございましたら、ぜひお聞かせください。OneNote UserVoice サイトで、皆様からのご意見を共有させていただきます。ご連絡をお待ちしております。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×