最近の OneDrive の問題に関する修正プログラムと回避策

最近の OneDrive の問題に関する修正プログラムと回避策

最終更新日: 2019 年 5 月 2 日

最近の問題

OneDrive へのオンライン アクセスで問題がある場合は、サービス正常性ポータルで Microsoft Office Online サービスの状態を確認できます。

問題

BT Web Protect が有効になっているルーターを使用しているお客様は、OneDrive にアクセスできません。 BT Web Protect はネットワーク レベルで動作し、BT ID を使用してログインした際に、自宅の BT ブロードバンド接続または BT Wi-Fi を使用しているすべてのデバイスにこの保護が適用されるためです。

状態: 回避策

OneDrive へのアクセスを許可するには、BT Web Protect を無効にします。

  1. BT アカウントにサインインします

  2. [個人用セキュリティ設定] ページに移動します。

  3. [BT Web Protect] をオフに切り替えます。

    [BT セキュリティの設定] ページ

注: BT 以外のルーターを使用している場合、BT Web Protect との互換性を持たせるには他の設定も変更する必要がある場合があります。

問題

MacOS 10.14 を使用している一部のお客様に、Finder および OneDrive の同期状態アイコンに関する問題が発生していることを Microsoft は認識しています。

  1. Mac にログインしても、Finder に同期状態アイコンが表示されません。

  2. 最小化されている場合でも、Finder は定期的に再度開きます。

状態: 修正済み

この問題は、macOS Mojave バージョン 10.14.4 で修正されています。

アップグレードできない場合は、Finder を再起動して同期状態アイコンを表示する必要があります。

  1. Alt キーまたは Option キーを押したままにします。

  2. 次に、Finder アイコンを右クリックします。

    ヒント: マウス、トラックパッド、またはその他の入力デバイスに、右クリックのボタンまたは右クリックを実行する手段がない場合には、キーボードの Control キーを押したままクリックします。 詳細については、</c1>https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2022220Apple サポート</c0>にお問い合わせください。

  3. [再起動] を選択します。

問題

OneDrive フォルダーから OneDrive 以外の別のフォルダーにフォルダーを移動しようとすると、 "Microsoft OneDrive によってファイルは開かれているため、操作を完了できません。" というエラーが表示される可能性があります。

エラーは .849C9593-D756-4E56-8D6E-42412F2A707B という名前のファイルによって発生していますが、このファイルを移動、削除、または名前変更することはできません。

状態: 回避策

  1. システム トレイの OneDriveクラウド アイコンを右クリックし、[OneDrive の終了] を選択して、OneDrive を閉じます。

  2. Windows エクスプローラーを開き、[表示] を選択して [隠しファイル] がオンになっていることを確認します。

  3. OneDrive メイン フォルダーに移動し、.849C9593-D756-4E56-8D6E-42412F2A707B という名前のファイルを削除します。

  4. 必要に応じて、[表示] を選択して [隠しファイル] をオフにします。

  5. [スタート] に移動し、OneDrive を検索し、OneDrive を再起動して、アプリケーションを開きます。

問題

OneDrive for iOS または Android を使用して多数のファイルを削除しようとしても、一度に 200 アイテムしか削除できません。

200 を超えるアイテムを削除しようとすると、[削除] ボタンが無効になったり、"灰色表示" されたりすることがあります。または、"問題が発生しました。" というエラー メッセージが表示されることがあります。

状態: 回避策

一度に削除するには、200 未満のアイテムを選択します。

問題

OneDrive for iOS で、GIF が上下逆に表示されることが報告されています。

状態: 保留中

Microsoft は、この問題を把握しており、修正に向けて取り組んでいます。

問題

Microsoft では、一部の Mac ユーザーについて、OneDrive アプリが起動せず、"OneDrive が予期せず終了しました" のエラー メッセージが表示されるという問題があることを認識しています。

状態: 回避策

次の 2 つの回避策をご利用いただけます。

  1. macOS を Mojave 10.14 に更新します。 更新方法の詳細については、Apple サポートにアクセスしてください。

  2. Mac App Store から最新版の Mac 向け OneDrive をダウンロードしてインストールします。

注: OneDrive を単体でインストールしている場合は、このリンクを使用して更新プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。

問題

一部の画像が自動的にトリミングまたは変更されたように見える場合があります。 これは、Office Lens 機能が、画像を大量のテキストを含むホワイトボードやメニューなどの画像であると検出して、自動的により読みやすいコピーを作成したためです。

注: 元の画像は、安全に保護されており、OneDrive.com から利用できます。

状態: 回避策

  1. OneDrive.com の写真 を開きます

  2. トリミングまたは変更された画像を選択します。

  3. トップ メニューで、[元に戻す] を選択します

詳細については、「Office Lens を使用して OneDrive の画像を調整する」を参照してください。

問題

OneDriveでファイルをオンデマンドで有効にすると、一部のユーザーは、OneDriveフォルダー内のアイテムにアクセスしようとするときに、次のエラーが表示されることがあります。

  • OneDriveは Windows に接続できません。 ファイル オンデマンドでは、このデバイスの領域を占有せずにファイルを表示するために、Windows への接続が必要です。 OneDriveは、Windows に接続しようとしているか、すべてのファイルをダウンロードするかを選ぶことができます。 これが修正されるまで、オンラインのみのファイルを使用することはできません。

状態: 回避策

OneDrive でファイルにアクセスするときのエラーを解決する方法の詳細については、こちらを参照してください。

問題

OneDrive for Businessで既知のフォルダーの移動を設定すると、次のエラーメッセージが表示されます。

不明なエラーが発生しました。 (エラーコード: 0x80070005 )

これは、グループポリシーによって機能が実行されないよう防ぐために発生しました。

RESOLUTION

gpeditを使用して、グループポリシーを変更します。

[ユーザーの設定]、[管理用テンプレート]、[デスクトップ] の順に移動し、[ユーザーがプロファイルフォルダーを手動でリダイレクトすることを禁止 

値を 「未構成」に設定します。

詳細情報

グループポリシーが有効になっている場合は、会社の管理者がこの機能を構成しないようにすることができます。 管理者は、手動で上書きした場合でもポリシーを適用し続けることを選ぶことができます。

文書、画像、デスクトップフォルダーを OneDrive と同期する方法の詳細については、こちらを参照してください。

問題

OneDrive.com web サイトを使用してファイルをアップロードする場合、表示される日付は、アップロードした時刻と日付であり、予期したファイルの日付ではありません。

ヒント: 

  • 写真が誤ったタイムゾーンにあるように思われる場合は、画像の EXIF メタデータにタイムゾーン情報がないためです。 OneDriveでは、「撮影日」 フィールドのタイムスタンプが常に UTC に表示されます。

  • ビデオファイルにはタイムゾーンデータが含まれているため、正しい時刻を表示する必要があります。

状態: 回避策

正しい日付を表示するには、ファイルまたはフォルダーを右クリックし、ご使用の PC 上でファイルやフォルダーが利用可能であるか確認し、[このデバイス上で常に保持する] を選択します。

OneDrive ファイル オンデマンドの詳細について

OneDrive自動保存の設定に、お使いのデスクトップが含まれるようになりました。 PC のデスクトップ、または OneDrive デスクトップ フォルダーのいずれかを表示できます。

多数の対象ユーザー向け Windows 10 の新規インストールでは、既定でファイルは PC ではなく OneDrive に保存されます。 お使いの OneDrive 自動保存設定を変更する方法は、「Windows 10 の既定ではファイルがどのように OneDrive に保存されるか」を参照してください。

OneDrive は、Windows PC がバッテリー セーバー モードに入ると自動的に一時停止します。

OneDrive の同期を一時停止し、再開する方法」についてご確認ください。

大きなファイルや大量のファイルを転送する場合は、Web サイトの [アップロード] ボタンを使用するよりも、OneDrive デスクトップ アプリにファイルを追加することをお勧めします。

詳細については、「OneDrive Web サイトでのファイルのアップロードに関する問題を修復する」を参照してください。

同期するフォルダーの一覧からフォルダーの選択を解除した後に次のエラーが表示される場合があります。"OneDrive にファイルまたはフォルダーが既に存在します。"

回避策のオプション:

オプション 1: フォルダーを PC から削除する。

注: フォルダーは引き続き OneDrive に保存されているため、削除しても大丈夫です。 フォルダーを OneDrive には保存せずに PC のみに保存する場合は、そのフォルダーを PC の OneDrive フォルダー以外の場所へ移動させます (オプション 2 を参照)。

オプション 2:OneDrive からファイルまたはフォルダーを削除する。

注: 選択的同期に含まれているファイルいついては、フォルダーをOneDrive フォルダー以外の場所に移動させます。 これにより、ファイルおよびフォルダーが OneDrive.com から削除され、PC 上でのみ利用できるようになります。

最終更新日: 2018 年 4 月

問題

OneDrive への同期やサインインを試みるとクラッシュします。または "変更の処理中" のまま停止します。

ヒント: OneDrive の更新後に Windows にサインインすると、Windows エクスプローラーが終了し、再起動します。 詳細については、「OneDrive が Windows エクスプローラーを再起動させる理由は?」を参照してください。

状態: 回避策

オンライン ファイルが開いている場合、ファイル オンデマンドを有効にしている Windows 10 ユーザーに対して "変更の処理中" と表示される場合があります。 "常に利用可能な" ファイルとマークされたファイルが開いている場合は、このようにはなりません。 「OneDrive のファイル オンデマンドについて」を参照してください。

詳細については、「OneDrive が "変更の処理中" で停止する」を参照してください。

問題

Outlook.com からメールを送信する場合に、メール メッセージに OneDrive ファイルを添付できない場合があります。

状態: 回避策

再検証してください。

詳細については、「Outlook.com から OneDrive ファイルを共有できない」を参照してください。

問題

OneDrive にサインインできず、"別のアカウントを同期しています" というエラーが表示されます。 この問題は、Microsoft アカウントのパスワードを変更した後に発生することがあります。

状態: 回避策

Windows:

  1. [スタート] を選択して、「資格情報」と入力し、[資格情報マネージャー] を選択します。

  2. [Windows 資格情報] タブを選択します。

  3. [汎用資格情報] で、"OneDrive Cached Credentials" を含む任意のエントリを見つけて、削除します。

  4. OneDrive を再起動します。

Mac

  1. [Spotlight] 検索で「キーチェーン」と入力し、[キーチェーン アクセス] を選択します。 Spotlight が表示されない場合は、[ユーティリティ] フォルダーに移動して、そこから [キーチェーン アクセス] を開きます。

  2. “OneDrive” を検索します。

  3. [OneDrive Cached Credential] を削除します。

  4. OneDrive を実行します。

これらの回避策を行っても問題が解決しない場合は、OneDrive をアンインストールして、再インストールしてください。

: お使いのコンピューターで OneDrive を無効化またはアンインストールしても、ファイルやデータが失われることはありません。 OneDrive.com にサインインすればいつでもファイルにアクセスできます。

一般的な問題

ファイルを同期できない場合は、以下のヒントを試してください。

  • Microsoft アカウントを使用してサインインする場合は同期するファイルが 15 GB 以下であること、職場または学校アカウントを使用してサインインする場合は同期ファイルが 15GB 以下であることを確認してください。 ファイルを圧縮してそのサイズを縮小してみてください。

    ヒント: 大きなファイルや大量のファイルを転送する場合は、Web サイト上の [アップロード] ボタンを使用するよりも、OneDrive デスクトップ アプリにファイルを追加することをお勧めします。

  • 意図しない場所にファイルを保存したか、誤ってファイルを移動したことが考えられます。 OneDrive Web サイトを参照し、左上隅にある [すべて検索] ボックスを使います。

  • 新規または一意のファイル名でファイルを保存します。

  • 同期を停止して再起動する 「OneDrive の同期を一時停止し、再開する方法」について説明します。

OneDrive の同期の問題ファイルのアップロードに関する問題OneDrive の容量の上限を超えている場合の解決方法の詳細をご確認ください。

OneDrive でファイルやフォルダーが見つからない場合は、次のヒントを参考してください。

  • ごみ箱を確認します。

  • 正しい Microsoft アカウントでサインインしていることを確認します。

  • 意図しない場所にファイルを保存したか、誤ってファイルを移動したことが考えられます。 OneDrive Web サイトを参照し、左上隅にある [すべて検索] ボックスを使います。

OneDrive で失われたファイルまたは見つからないファイルの検索方法またはファイルのアップロード問題の解決方法の詳細をご覧ください。

ヒント

これらのヒントに従って、OneDrive を最大限に活用し、できるだけ問題なく同期できるようにします。

OneDrive および Windows は頻繁に更新されます。また、PC を最新の状態に保つと、同期の問題に役立ちます。

  1. 最新の Windows 更新プログラムをダウンロードし、OneDrive を最大限に活用します。 Windows 10 Fall Creators Update では、同期の問題の解決に役立つ、OneDriveファイル オンデマンドを有効にします。 OneDrive のファイル オンデマンドに関する詳細情報を参照してください。

  2. OneDrive の最新版をダウンロードし、インストールします。 

    注: 

    • 既に最新版をお持ちの場合は、インストーラーのセットアップが自動的に終了します。

    • 最新版の詳細については、リリース ノートを参照してください。

  3. Windows キーを押す キーを押し、「OneDrive」を検索し、OneDriveデスクトップ アプリを開きます。

  4. OneDrive のセットアップが開始されたら、Microsoft アカウントのメール アドレスを入力し、[サインイン] を選択してアカウントをセットアップします。

    OneDrive セットアップ画面の新しい UI

OneDrive ファイル オンデマンド機能を利用すれば、OneDrive のファイルをすべてダウンロードし、デバイス上の記憶域を使用することなく、すべてのファイルにアクセスできるようになります。 OneDrive のファイル オンデマンドに関する詳細情報を参照してください。

コンピューターとどの OneDrive フォルダーを同期するかを選択して、ダウンロードまたは同期するファイルを減らすこともできます。

注: お使いのコンピューターで OneDrive の無効化、アンインストール、またはリンクの解除を行っても、ファイルやデータが失われることはありません。 OneDrive アカウントにオンラインでサインインすればいつでもファイルにアクセスできます。

OneDrive の同期が長時間停止している場合や、ステータスで "x MB のうちの 0 KB を処理しています" と表示されている場合は、OneDrive 内のファイルが多い、またはアップロード対象の新しいファイルが多いことが原因である可能性があります。 100,000 個以上のファイルがある場合、同期に長い時間がかかる可能性があります。

注: 大きなファイルや大量のファイルを転送する場合は、Web サイトの [アップロード] ボタンを使用するよりも、OneDrive デスクトップ アプリにファイルを追加することをお勧めします。

OneDrive 内のファイル数を確認するには:

  1. [エクスプローラー] を開きます。

  2. OneDrive フォルダーを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

    OneDrive のプロパティ

  3. [を含む] の数が 100,000 を超える場合、どの OneDrive フォルダーをコンピューターと同期するかを検討してください

既に同期が進行中の場合は、同期を一時停止および再開して、状況を再確認できます。

  1. タスク バーの右端にある通知領域で、白または青の OneDrive の雲のアイコンを選択します。

    青と白の雲のアイコンが表示された OneDrive SyncClient

    注: OneDrive のアイコンを表示するには、通知領域の横の [隠れているインジケーターを表示します] 矢印 [隠れているインジケーターを表示します] ボタン。 をクリックすることが必要な場合があります。 通知領域にアイコンが表示されない場合は、OneDrive が実行されていない可能性があります。 [スタート] を選択して、検索ボックスに「OneDrive」と入力して、検索結果の OneDrive を選択します。

  2. アクティビティ センターで、[詳細]、[同期の一時停止] の順に選択します。

    OneDrive の設定へのアクセスのスクリーンショット

  3. [2 時間]、[8 時間]、[24 時間] のいずれかを選択します。

  4. アクティビティ センターで、[詳細]、[同期の再開] の順に選択します。

モバイル デバイス上の OneDrive でファイルを "オフライン" としてマークすると、インターネットに接続していないときでも、いつでもそのファイルを読むことができます。 そのファイルに対するオンライン編集の結果は、次に Web に接続したときに同期され、最新バージョンのファイルを取得できます。

注: オフラインとしてマークされたファイルは読み取り専用で、オンラインのときにのみファイルを編集できます。 ファイルをオフラインで編集した場合は、新しいファイルとして保存され、元の OneDrive ファイルは変更されません。

OneDrive for Android を使ってオフラインでファイルを読む」方法、または 「OneDrive for iOS を使ってオフラインでファイルを読む」方法について説明します。

OneDrive ストレージのサイズPC 上の使用可能な領域と比較します。 OneDrive または PC に十分な空き領域がない場合、ファイルをいくつか移動したり削除したり、ファイル数やフォルダー数を減らす必要があります。

OneDrive 上に十分な領域がない場合、次を実行できます。

詳細情報

OneDrive のエラー コードについて確認できます。

最新版の OneDrive については、OneDrive のリリース ノートを参照してください。

補足説明

オンライン

オンライン ヘルプを表示
詳細については、OneDriveOneDrive for Business のサポート ページを参照してください。
OneDrive モバイル アプリについては、「OneDrive モバイル アプリの問題をトラブルシューティングする」を参照してください。

メール サポートのアイコン

メール サポート
さらにサポートが必要な場合は、OneDrive アプリの画面が表示されている状態でモバイル デバイスを振るか、OneDrive のサポート チームにメールを送信してください。 お使いの Windows PC または Mac から OneDrive for Business サポートに問い合わせるには、通知領域またはメニュー バーの OneDrive アイコンを選択し、[その他]、[フィードバックの送信]、[問題点、改善点を報告する] を順に選択します。

OneDrive for Business 管理者は、OneDrive for Business Tech CommunityOneDrive for Business 管理者向けヘルプ一般法人向け Office 365 のサポートに問い合わせるを参照することもできます。

Office 365 コミュニティ フォーラム

ヒント
お客様の現在地をお知らせいただくと、問題解決の時間短縮に役立つ可能性があります。

すべて解決しましたか? お問い合わせいただいた後で OneDrive が再び正常に動作するようになったら、お送りしたメールへの返信でお知らせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×