最近の PowerPoint for Windows の問題に関する修正プログラムと解決策

最終更新日: 2017 年 10 月 13 日

PowerPoint がクラッシュし、パフォーマンスが低下する

最終更新日: 2017 年 9 月 6 日

問題

コモン コントロールが含まれているファイルを Office で開くときに、次の 2 つのいずれかのエラーが発生することがあります。

  • ツールヒントを使用するコモン コントロールが含まれているファイルを開くときに、Office アプリケーションがクラッシュすることがあります。

  • コモン コントロールが含まれているファイルを開くときに、ライセンス不足に関連するメッセージが表示されることがあります。

この問題の影響を受けるのは、32 ビット版または 64 ビット版の Windows OS にインストールされた Office バージョン 1707 (ビルド 8326.2058) です。

状態: 修正済み

この問題の修正プログラムを現在、Office バージョン 1707 (ビルド 8326.2087) として順次展開しています。Office を更新するには、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択してください。

最終更新日: 2017 年 6 月 7 日

問題

Office の更新後、1 時間おきにウィンドウが短く点滅し、OfficeBackgroundHandlerRegistration タスクの実行が開始されることがあります。

状態:修正済み

この問題はバージョン 1705 (ビルド 8201.2075) で修正されています。Office の更新プログラムを入手するには、いずれかの Office 2016 アプリを開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[更新] の順に選びます。

PowerPoint の機能とアドインに影響する問題

最終更新日: 2017 年 10 月 13 日

問題

Office 365 試用版を使用している場合、Office ファイルを開くたびに、Windows のすべてのバージョンで Word、Excel、または PowerPoint の既定のアプリケーションとして、最新バージョンのアプリケーションが自動的に設定されます。たとえば、Excel 2013 がインストールされている状態で、Office 365 試用版も実行している場合、ブックは Excel 2016 で開きます。

状態: 回避策

最新の機能が必要な場合は、Office 365 の使用をお勧めします。ただし、試用版をアンインストールすれば、インストールされているバージョンの Excel でファイルを開くことができます。

最終更新日: 2017 年 9 月 29 日

問題

Office 2016 バージョン 1707 (ビルド 8326.2058) 以降で、自動保存が使用できないか、Office ツール バーに表示されません。

状態: 部分的に修正済み

Excel の場合: この問題はバージョン 1708 (ビルド 8431.2094) で修正されています。更新プログラムを今すぐ入手するには、いずれかの Office 2016 アプリを開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選びます。

Word の場合: 近日中に修正プログラムをリリースできるように取り組んでいます。ご不便をおかけしますが、もうしばらくお待ちください。

最終更新日: 2017 年 9 月 18 日

問題

Office 2016 アプリを使用して、OneDrive に保存されている Word ファイルを開いたり、編集、または保存を行おうとすると、次のメッセージと共にログインのダイアログ ボックスが表示される場合があります: "_vti_rpc を開くときに使うアカウントを指定してください。"

_vti_rpc を開くように求めるログイン ダイアロ グボックス

状態: 修正済み

この問題は、バージョン 1708 (8431.2079) で修正されています。更新プログラムを今すぐ入手するには、いずれかの Office 2016 アプリを開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選びます。

最終更新日: 2017 年 9 月 1 日

問題

Office ファイルのドキュメント プロパティにメタデータを追加する場合 ([ファイル]、[情報] の順に選択して、または [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを使用して)、プロパティは Office で表示されます。ところが、同じファイルを Windows のエクスプローラーで表示すると、プロパティは表示されません。

メタデータの追加 ([ファイル]、[情報] の順に選択)

Office ドキュメントのプロパティ - [ファイル]、[情報] パネル

メタデータの追加 ([名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを使用)

Office ドキュメントのプロパティ - [名前を付けて保存] ダイアログ ボックス

エクスプローラーでメタデータ/プロパティが表示されない

Windows エクスプローラーでの Office ドキュメントのプロパティ

状態: 進行中

現在エンジニアリング チームが、この問題の修正に向けて精力的に取り組んでいます。文書自体にメタデータ/プロパティは含まれていますが、エクスプローラーには表示されません。ご不便をおかけして申し訳ございません。修正プログラムが用意でき次第、このページに詳細を掲載します。

最終更新日: 2017 年 9 月 27 日

問題

[挿入]、[アイコン] または [挿入]、[画像] の順に選択してアイコンまたは画像を挿入すると、次のエラー メッセージが表示されます。

このファイルのインポート中に、エラーが発生しました。http://hubblecontent.osi.office.net/ContentSVC/Content/Download?provider=MicrosoftIcon&FileName=[icon].svg

状態: 回避策

回避策として、次のいずれかの操作を行います。

  1. Internet Explorer を開きます。

  2. [設定] アイコンをクリックし、[インターネット オプション] をクリックします。

  3. [詳細設定] タブを選択し、[セキュリティ] セクションを見つけます。

  4. [暗号化されたページをディスクに保存しない] オプションをオフにします。

最終更新日: 2017 年 7 月 25 日

問題

Office の更新後に、Office アプリケーションの Visual Basic for Applications で CreateObject(“Scriptlet.TypeLib”).GUID を使用すると、以下のエラーが発生します。“実行時エラー '70': アクセスが拒否されました”。悪意のあるコードが Office アプリケーションで実行されるのを防ぐために、このコントロールはセキュリティ対策としてブロックされます。

状態: 仕様/回避策

このセキュリティの変更を回避するには、選択肢がいくつかあります。詳細については、このフォーラム記事を参照してください。

最終更新日: 2017 年 7 月 20 日

問題

Office の更新後に、リボンまたはクイック アクセス ツール バーのユーザー設定ダイアログを起動した場合、利用可能なコマンドがダイアログに表示されないことがあります。たとえば、“基本的なコマンド” や “リボンにないコマンド” のリストが空になることがあります。

状態: 修正済み

この問題は、運用環境のお客様向けのバージョン 1706 (ビルド 8229.2103) で修正されています。Office を更新するには、いずれかの Office 2016 アプリを開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[更新] の順に選びます。

クイック アクセス ツール バーに関するこの問題の以前の回避策 (または、修正がまだ Insider リングにロール アウトされていない場合): 操作アシスト ボックスにコマンド名を入力し (ショートカット キーは Alt + Q キー)、コマンドを右クリックして [クイック アクセス ツール バーに追加] を選択します。

補足説明

サポートに電話

サポートに問い合わせる。
家庭向け Office 365 のサブスクリプションをお持ちの場合、またはパッケージ版の Office 2016 を購入された場合は、このページの最後にある [お問い合わせ] をクリックしてください。
一般法人向け Office 365 サブスクリプションの管理者の場合は、一般法人向け Office 365 のサポートにお問い合わせください

Office 365 コミュニティ フォーラム

コミュニティで質問する
以下のフォーラムで専門家によるサポートを受ける:
Windows 版 Office のフォーラム (個人、ホーム、または大学ユーザー向け)
Office 365 コミュニティ フォーラム(ビジネス ユーザー向け)

チャット

Office アプリでフィードバックを送信する
Office チームに直接フィードバックを送信することができます。

Windows 10 の Office 2016 で、Office アプリを開き、[ファイル]、[フィードバック] の順にクリックします。

機能に関するご要望

電球 - ヒント

新機能に関するご提案や製品の使用方法に関するフィードバックなどがございましたら、ぜひお聞かせください。PowerPoint UserVoice サイトで、皆様からのご意見を共有させていただきます。ご連絡をお待ちしております。

専門家に問い合わせる
お問い合わせ
スキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×