最近の OneNote for Windows の問題に関する修正プログラムと解決策

最終更新日: 2018 年 4 月

最終更新日: 2018 年 4 月 10 日

問題

ノートの同期で問題が発生し、上記のエラーのいずれかが表示される場合があります。この問題は、サーバーで大量の処理が発生しているために発生します。

状態: 修正済み

詳細については、次の記事の情報を参照してください。OneNote 2016 でノートの同期時にエラー 0xE40200B4、0xE401065D、0xE000145C、または 0xE4010640 が発生する

最終更新日:2017 年 12 月 19 日

問題

新しいセクションを作成するときや、OneNote for Windows 10 内の既存のセクション名を変更しようとしたときに、OneNote がすぐに名前の変更の終了モードに切り替わるか、OneNote が名前の変更モードに切り替わるときをまったく確認できないことがあるため、セクションの名前付けや名前の変更を実行できない可能性があります。

状態: 回避策

Microsoft は、この問題を把握しており、現在修正に向けて取り組んでいます。それまでの間は、「OneNote for Windows 10 でセクション名を変更できない」で説明されている回避策の手順に従ってください。

問題

Windows 10 で OneNote 2016 (または、OneNote 2013 か OneNote 2010) のノートブックを開こうとした場合、灰色の背景のみが表示され、ノートブックのコンテンツは表示されません。これに加えて、次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

他のプログラムがこれらのファイルを同期しているため、このノートブックは正しく同期されない可能性があります。ここをクリックして、正しい場所からこのノートブックを再度開いてください。


背景

この問題は、以下の操作が行われた後に発生する可能性があります。

  • ローカルに保存されているノートブックが、バックアップ、同期、または共有の目的で OneDrive にドラッグ (または追加) されました。この操作により、このノートブックはクラウド ベースのノートブックであるかのように表示されることがありますが、OneDrive に正しく移動しない限り、OneNote では引き続きローカルに保存されたものとして処理されます。

  • 上記のように OneDrive にドラッグしたノートブックが元々置かれているローカルのコンピューターに Windows 10 Fall Creators Update がインストールされています。この新しいバージョンの Windows での変更点により、上記の方法で OneDrive にバックアップしたローカルのノートブックにはセクションが存在しないように見える可能性があります。


回避策

この問題を解決するには、次の手順を実行してください。

  1. OneNote がまだ実行されている場合は、まず終了します。

  2. コンピューターのハード ディスク上で、影響を受けたノートブックが保存されているフォルダーに移動します。

    ヒント: 通常、OneNote for Windows ノートブック フォルダーがローカルに保存される場合の既定の場所は、C:\Users\<username>\Documents\OneNote Notebooks となります。

  3. 影響を受けたノートブックと同じ名前のフォルダーを、メインのハード ディスクのルート フォルダーにコピーします。

    これにより、ノートブックのコピーが OneDrive の同期の範囲から事実上、削除されます。

  4. Windows エクスプローラーで、[PC] をクリックし、前の手順でノートブックをコピーしたハード ディスクをダブルクリックしてルートの場所を開きます。コピーしたノートブックの名前の付いたフォルダーをダブルクリックします。

  5. このコピーしたノートブック フォルダー内で、Open Notebook.onetoc2 ファイルをダブルクリックします。

    このファイルが存在しない場合は、このフォルダー内にある他の使用可能な *.onetoc2 ファイルをダブルクリックします。

  6. OneNote 2016 for Windows が表示されたら、コピーしたノートブック フォルダーからノートを正しく表示できるようになります。

この問題の再発を回避するには、所定の手順を実行して、影響を受けた元々のノートブックを OneDrive アカウントに正しく移動することを強くお勧めします。これにより、ノートブックは、ローカルに保存されたノートブックから真のクラウド ベースのノートブックに変換されます。クラウド ベースのノートは引き続きプライベートですが、より信頼性の高い同期を利用できるほか、お使いの任意のデバイスまたは任意の Web ブラウザーからノートにアクセスすることもできます。

詳細については、「Windows 用 OneNote のノートブックを OneDrive に移動する」を参照してください。この記事の内容は、以前のバージョンの Windows 用 OneNote (OneNote 2013 や OneNote 2010 など) を使用している場合にも適用されます。


最終更新日: 2017 年 9 月 29 日

問題

職場または学校のアカウントを使用して OneNote for Windows にサインインすると、空白のボックスが表示され、認証を完了できません。この問題は、2017 年 9 月の機能の更新プログラム (バージョン 17.8568.5756) に影響します。

OneNote の空白のサインイン画面

状態: 修正済み

この問題は修正されました。ご不便をおかけして申し訳ございません。

最終更新日: 2017 年 9 月 28 日

問題

Windows 上で OneNote アプリのバージョン 17.6868.57981.0 を使用している場合、ノートブックを開こうとすると、クラッシュすることがあります。

状態: 修正済み

この問題は、バージョン 17.8568.57561.0 で修正されています。最新バージョンの OneNote を取得するには、Windows ストアにアクセスしてください。

補足説明

サポートに電話

サポートに問い合わせる
家庭向け Office 365 のサブスクリプションをお持ちの場合、またはパッケージ版の Office 2016 を購入された場合は、このページの下にある [お問い合わせ] リンクをクリックします。

Office 365 コミュニティ フォーラム

コミュニティで質問する
以下のフォーラムで専門家によるサポートを受ける:
Windows 版 Office のフォーラム (個人、ホーム、または大学ユーザー向け)
Office 365 コミュニティ フォーラム(ビジネス ユーザー向け)

チャット

Office アプリでフィードバックを送信する
Office チームに直接フィードバックを送信することができます。

Windows 10 の Office 2016 で、Office アプリを開き、[ファイル]、[フィードバック] の順にクリックします。

機能に関するご要望

電球 - ヒント

新機能に関するご提案や製品の使用方法に関するフィードバックなどがございましたら、ぜひお聞かせください。OneNote UserVoice サイトで、皆様からのご意見を共有させていただきます。ご連絡をお待ちしております。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×