最近の Excel for Windows の問題に関する修正プログラムと解決策

最近の Excel for Windows の問題に関する修正プログラムと解決策

最終更新: 2018 年 3 月

Excel がクラッシュし、パフォーマンスが低下する

最終更新日: 2018 年 3 月 29 日

問題

データ ソースの場所が 528 文字を超える IQY ファイルを開くと、Excel がクラッシュすることがあります。

この問題は、Excel 2016 バージョン 1802 (ビルド 9029.2167) に影響します。

状態: 回避策

Microsoft ではこの問題を調査中です。可能であれば、回避策としてパスが短い場所にデータ ソースを移動してみることができます。

最終更新日: 2018 年 3 月 28 日

問題

Office 2016 アプリケーションを起動しようとすると、エラー コード 0xC0000142 が表示されます。

状態: 修正済み

この問題は、月次チャネル バージョン 1803 (ビルド 9126.2116) 以降で修正されています。最新の更新プログラムを今すぐ入手するには、Office アプリを開いて [ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。

この問題は、「Office 2016 アプリケーションを起動するとエラー 0xC0000142 が表示される」でも取り上げられています。

最終更新日: 2018 年 2 月 8 日

問題

Excel 2016 for Windows の [ホーム] タブで新しいフォントを選択しようとすると、または編集すると、Excel がフリーズする場合があります。

この問題は、月次チャネル バージョンがバージョン 1712 (ビルド 8827.XXXX) からバージョン 1801 (ビルド 9001.2138) の、中国語、日本語、または韓国語の Office 編集言語で発生します。現在使用しているバージョンおよびビルド番号を見つけるには、Excel を開いて [ファイル]、[アカウント] の順に選択し、[Excel のバージョン情報] の下を確認します。

状態: 修正済み

この問題は、月次チャネル バージョン 1801 (ビルド 9001.2144) で修正されています。最新の更新プログラムを今すぐ入手するには、Excel を開いて [ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。

この問題の情報は、「東アジア言語で Excel 2016 for Windows がハングする」にも記載されています。

最終更新日: 2018 年 1 月 17 日

問題

中国語入力システム (IME) を使用している場合、一部の Windows 10 ユーザーでクラッシュまたはデータの損失が発生することがあります。

状態

この問題は現在調査中です。この問題は、Windows ビルド 17063.1000 から 17066.1000 に影響します。

最終更新日: 2017 年 12 月 8 日

問題

お使いの PC に Malwarebytes がインストールされている場合、Windows 10 Fall Creators Update に更新した後、Word、Excel、PowerPoint などの Office アプリケーションでクラッシュが発生する可能性があります。

状態: 修正済み

この問題を解決するには、こちらの Malwarebytes から提供されている更新プログラムをダウンロードしてインストールしてください。

最終更新日: 2017 年 12 月 6 日

問題

OneDrive からファイルにアクセスしようとすると Excel がクラッシュする場合があります。これは Windows 7 PC で発生します。

状態: 修正済み

これは自動的に更新されない古いバージョンの OneDrive で発生します。この問題を解決するには、最新バージョンの OneDrive をダウンロードしてインストールします。

最終更新日: 2017 年 12 月 6 日

問題

WPS Office がお使いのコンピューターにインストールされている場合、Excel ソルバー アドインの読み込み中に問題が発生する可能性があります。

状態: 回避策

Microsoft は WPS Office の問題を認識しており、調査しています。この問題が発生した場合は、Office を修復してください。この問題の最新の情報については「Excel ソルバー アドインの読み込みでエラーが発生する」を参照してください。

最終更新日: 2017 年 11 月 14 日

問題

Excel のファイル名に角かっこが含まれていると (例: Book1[1234].xlsx)、保護ビューでブックを閉じるときに問題が発生する場合があります。

状態: 修正済み

この問題は、月次チャネル バージョン 1708 (8431.2110) で修正されています。最新の更新プログラムを今すぐ入手するには、Excel を開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。この問題の最新の情報については、「ファイル名に角かっこが含まれていると、Excel ファイルを閉じることができない」を参照してください。

最終更新日: 2018 年 3 月 15 日

問題

[挿入]、[オブジェクト]、[ファイルから作成] を順にクリックし、[参照] ボタンをクリックすると、Excel 2016 がクラッシュする場合があります。この問題の影響があるのは次のビルドです: 月次チャネル バージョン 1709 (8528.****) または半期チャネル バージョン 1708 (8431.****)。

状態: 修正済み

この問題は、月次チャネル バージョン 1712 (ビルド 8827.XXXX) 以降で修正されています。最新の更新プログラムを今すぐ入手するには、Excel を開いて [ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。

この問題は、次の記事でも取り上げられています。「ワークシートにオブジェクトを埋め込もうとすると Excel がクラッシュする」。

最終更新日: 2017 年 12 月 13 日

問題

ワークシート内でマクロを起動するためのボタンを使用した後に、このブックを閉じると、XLL アドインによって提供されるユーザー定義の関数を次に計算しようとしたときに、クラッシュが発生することがあります。

この問題は、バージョン 1608 (ビルド 7301.xxxx) の Excel 2016 に影響します。

状態: 修正済み

この問題は、バージョン 1708 (8431.2017) で修正されています。更新プログラムを今すぐ入手するには、いずれかの Office 2016 アプリを開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選びます。

MSI ベースのインストールについては、Microsoft Update から利用可能な Excel の最新パッチを使用します。詳細については、「Office 更新プログラム」を参照してください。

最終更新日: 2017 年 9 月 18 日

問題

[ファイル]、[名前を付けて保存]、[参照]、[ファイルの種類:Web ページ (*htm, *.html)] の順に選択し、ブックを Web ページとして発行しようとすると、Excel がフリーズまたはクラッシュすることがあります。

この問題は、バージョン 1707 (ビルド 8326.xxxx) の Excel 2016 に影響します。

状態: 修正済み

この問題は、バージョン 1708 (8431.2079) で修正されています。更新プログラムを今すぐ入手するには、いずれかの Office 2016 アプリを開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選びます。

Excel の機能とアドインに影響する問題

最終更新日: 2018 年 1 月 31 日

問題

ショートカット キー (Alt + C キー) を使用してホーム ページに戻ろうとしても、この操作が機能しません。代わりに、ホーム ページに戻るショートカット キーは、Alt + C1 キーになっています。

状態: 修正済み

この問題は、月次チャネル バージョン 1712 (ビルド 8827.2179) 以降で修正されています。最新の更新プログラムを今すぐ入手するには、Excel を開いて [ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。

最終更新日: 2018 年 3 月 13 日

問題

Excel 2016 用のセキュリティ更新プログラム: 2017 年 11 月 14 日をインストールした後、デジタル署名されたマクロが割り当てられている図形をクリックすると、次のエラーが発生する可能性があります。

マクロを実行できません。

このブックでマクロが使用できないか、またはすべてのマクロが無効になっている可能性があります。

状態: 修正済み

この問題は、Excel 用の 3 月のセキュリティ更新プログラムで修正されました。詳細については、ご使用の Excel のバージョンに関する記事を参照してください。

最終更新日: 2017 年 12 月 6 日

問題

シートを同じブック内にコピーしようとしたときに、シートの複製が作成されるのではなく、そのシートが移動します。

これは、Excel 2016 (16.0.4229.1002) プレビュー バージョンに含まれるバグです。これは、正式リリース (RTM) バージョンで修正されました。プレビュー版でこれを修正する予定はありません。

状態: 修正済み

この問題に関する最新情報については、「Excel 2016 でシートのコピーまたは移動ができない (16.0.4229.1002)」を参照してください。

最終更新日: 2018 年 3 月 7 日

問題

Excel 2016 のテンプレート ファイル (.xlt, .xltx, .xltm) をダブルクリックするか、"新規" オプションを選択すると、Excel でそのファイルの同一コピーが 2 つ開かれます。

状態: 修正済み

この問題は、月次チャネル バージョン 1709 (ビルド 8528.XXXX) 以降で修正されています。最新の更新プログラムを今すぐ入手するには、Excel を開いて [ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。

この問題に関する情報については、「テンプレートから新しい Excel ファイルを作成すると、ファイルが 2 つ開かれる」も参照してください。

最終更新日: 2017 年 11 月 27 日

問題

Excel でファイルを開こうとしても、ファイルは開きませんが、Excel アプリケーションが起動します。

これは、Excel で [このアプリケーションの起動時にスタート画面を表示する] オプションをオフにしている場合に発生します。

状態: 修正済み

この問題は、月次チャネル バージョン 1710 (ビルド 8625.XXXX) 以降で修正されています。最新の更新プログラムを今すぐ入手するには、Excel を開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。この問題に関する情報については、「スタート画面を表示するオプションをオフにすると、Excel ファイルが開かない」でも提供されています。

最終更新日: 2017 年 12 月 18 日

問題

Windows 10 Fall Creators Update に更新した後、Excel ブックを開いたり、ブックのセルに移動したりしたときに、一部のデバイスでカーソルのちらつきが発生する場合があります。

状態: 修正済み

問題を解決するには、Windows の更新Office の更新を行ってください。この問題に関する最新情報については、「Windows 10 Fall Creators Update に更新した後、Excel のカーソルがちらつく」を参照してください。

最終更新日: 2017 年 10 月 26 日

問題

[テキストに合わせて図形のサイズを調整する] オプションをオンにしても何も起きません。

状態: 修正済み

この問題は、月次チャネル バージョン 1709 (8528.2147) で修正されています。更新プログラムを今すぐ入手するには、Excel 2016 を開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選びます。

最終更新日: 2017 年 10 月 13 日

問題

Office 365 試用版を使用している場合、Office ファイルを開くたびに、Windows のすべてのバージョンで Word、Excel、または PowerPoint の既定のアプリケーションとして、最新バージョンのアプリケーションが自動的に設定されます。たとえば、Excel 2013 がインストールされている状態で、Office 365 試用版も実行している場合、ブックは Excel 2016 で開きます。

状態: 回避策

最新の機能が必要な場合は、Office 365 の使用をお勧めします。ただし、試用版をアンインストールすれば、インストールされているバージョンの Excel でファイルを開くことができます。

最終更新日: 2017 年 11 月 14 日

問題

Excel 2016 で同じセル内に複数の種類の文字書式設定を含むファイルを開くと、その書式設定が失われることがあります。たとえば、次のように、一部のリッチ テキストを太字にして、同じセル内の他の文字を太字にしない場合や、同じセル内で文字ごとにフォントの色を変える場合などです。

複数の種類の文字書式設定にリッチ テキスト フォントを使用する

状態: 修正済み

この問題は、バージョン 1708 (8431.2109) で修正されています。最新の更新プログラムを今すぐ入手するには、Excel を開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。この問題の最新の情報については、「Excel 2016 でリッチ テキストを使用すると、文字の書式設定が失われる」を参照してください。

最終更新日: 2017 年 10 月 11 日

問題

Ctrl + H のショートカット キーを使用するか、リボンの [置換] ボタンをクリックすると、Excel 2016 の [検索と置換] ダイアログ ボックスの [置換] タブではなく [検索] タブが表示されます。この問題はバージョン 1708 (ビルド 8420.xxxx) に影響します。

リボンの [置換] コマンド

状態: 修正済み

この問題は、バージョン 1708 (8431.2094) で修正されています。更新プログラムを今すぐ入手するには、いずれかの Office 2016 アプリを開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選びます。

最終更新日: 2017 年 9 月 29 日

問題

ページ レイアウト ビューを表示している場合、パターン スタイルなどの塗りつぶしの書式をセルまたは表に適用すると、スプレッドシートにヘッダーまたはフッターを追加した後、その書式は正確にレンダリングされません。黒色の背景が表示されたり、その他の書式の問題が確認されたりする場合があります。

この問題はバージョン 1708 (ビルド 8431.2079) に影響します。

状態: 修正済み

この問題はバージョン 1708 (ビルド 8431.2094) で修正されています。更新プログラムを今すぐ入手するには、いずれかの Office 2016 アプリを開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選びます。

最終更新日: 2018 年 2 月 5 日

問題

Office 2016 バージョン 1707 (ビルド 8326.2058) 以降で、自動保存が使用できないか、Office ツール バーに表示されません。

状態: 修正済み

Excel の場合: この問題はバージョン 1708 (ビルド 8431.2094) で修正されています。更新プログラムを今すぐ入手するには、Excel を開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。

Word の場合: この問題はバージョン 1711 (ビルド 8730.2122) で修正されています。更新プログラムを今すぐ入手するには、Word を開いて [ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。

最終更新日: 2017 年 9 月 29 日

問題

同期クライアントを使用して同期される OneDrive、OneDrive for Business、または SharePoint に保存されたファイルを開いた後、自動保存が誤って無効または灰色表示になることがあります。自動保存のトグルの上にマウス カーソルを移動すると、ツール ヒントに次のメッセージが表示されます。

自動保存は使用できません。このファイルの場所では自動保存がサポートされていません。自動保存を使用するには、OneDrive または SharePoint Online に保存してください。

[自動保存は使用できません] 通知

この問題は、最新機能提供チャネル (CC) のお客様の Office 2016 の 2017 年 8 月更新プログラムのバージョン 1708 (ビルド 8431.2079) 以降に影響します。共同編集と自動保存機能は、FRDC または SA (半期) リリース チャネルのお客様についてはまだサポートされていません。 

状態: 修正済み

この問題は、最新機能提供チャネル (CC) のお客様のバージョン 1708 (ビルド 8431.2094) で修正されました。更新プログラムを今すぐ入手するには、いずれかの Office 2016 アプリを開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選びます。

引き続き問題が発生する場合、またはまだ更新を行っていない場合は、次の回避策を使用することができます。

  • Office アプリを開き、[ファイル]、[開く] の順にクリックし、サーバーの場所 (OneDrive または SharePoint) に移動します。

  • Web ブラウザーを使用して、ファイルが保存されている SharePoint または OneDrive から直接ファイルを開きます。

注: 共同編集と自動保存機能は、FRDC または SA (半期) リリース チャネルのお客様についてはまだサポートされていません。これらの機能は、最新機能提供チャネル (CC) のお客様のみ使用可能です。 

最終更新日: 2017 年 9 月 14 日

問題

2017 年 9 月 12 日の Excel 2016 向けの更新プログラム (KB4011050) をインストールした後に、テキストを入力すると、Excel スプレッドシート内の行またはセルの周りに暗い枠線が表示されることがあります。

KB4011050 のインストール後に入力すると表示されるセルの周りの濃い枠線

状態: 修正済み

この問題は、2017 年 9 月 12 日にリリースされた更新プログラム KB4011165 で修正されました。KB 4011050 がインストールされている場合、KB4011165 をインストールする前に、アンインストールする必要はありません。

最終更新日: 2017 年 9 月 18 日

問題

Office 2016 アプリを使用して、OneDrive に保存されている Word ファイルを開いたり、編集、または保存を行おうとすると、次のメッセージと共にログインのダイアログ ボックスが表示される場合があります: "_vti_rpc を開くときに使うアカウントを指定してください。"

_vti_rpc を開くように求めるログイン ダイアロ グボックス

状態: 修正済み

この問題は、バージョン 1708 (8431.2079) で修正されています。更新プログラムを今すぐ入手するには、いずれかの Office 2016 アプリを開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選びます。

最終更新日: 2017 年 8 月 16 日

問題

Office 2016 ファイルを開くときに、予期せず読み取り専用のファイルが表示されることがあります。この問題は通常、バージョン 1706 (ビルド 8229.2045) 以降の Excel および Word に影響します。この問題は、OneDrive でチェックインを必要とするドキュメントを同期しようとした後に発生することがあります。Word または Excel でファイルを開くと、ファイルは読み取り専用で表示されます。

状態: 回避策

現在エンジニアリング チームが、この問題の修正に向けて精力的に取り組んでいます。それまでの間、回避策についてはこの記事を参照してください。

さらにトラブルシューティングのヘルプが必要な場合、サポートにご連絡ください。

家庭向け Office 365 のサブスクリプションをお持ちの場合、またはパッケージ版の Office 2016 を購入された場合は、このページの下の [お問い合わせ] をクリックしてください。

一般法人向け Office 365 サブスクリプションの管理者の場合は、一般法人向け Office 365 のサポートにお問い合わせください

最終更新日: 2017 年 8 月 28 日

問題

2017 年 8 月 1 日の Office 2016 の更新プログラムに更新した後 (KB 4011051)、別の Excel ブックをポイントする Excel ブックのハイパーリンクをクリックしても機能せず、ハイパーリンクの警告メッセージが表示される場合があります。Excel および Word からプログラムによって WMI にアクセスする際に問題が発生する場合もあります。

状態: 修正済み

この問題は修正されました。手動で 2017 年 8 月 22 日の Office 2016 の更新プログラム (KB 4011093) をインストールしてください。この KB 4011093 は、Office の次の月次更新プログラムで Windows Server Update Services (WSUS) を使用しているユーザーに自動更新として提供されます。

最終更新日: 2018 年 4 月 5 日

問題

[挿入]、[アイコン] または [挿入]、[画像] の順に選択してアイコンまたは画像を挿入すると、次のエラー メッセージが表示されます。

このファイルのインポート中に、エラーが発生しました。http://hubblecontent.osi.office.net/ContentSVC/Content/Download?provider=MicrosoftIcon&FileName=[icon].svg

状態: 修正済み

この問題は、月次チャネル バージョン 1803 (ビルド 9126.2116) 以降で修正されています。最新の更新プログラムを今すぐ入手するには、Office アプリを開き、[ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。

最終更新日: 2017 年 9 月 14 日

問題

Excel 2016 の使用時に、オートフィルターのドロップダウンに使用可能なチェック ボックスが一部しか表示されません。この現象は、行数が 10,000 を超えるときに発生します。この他にも、同様の現象が発生することがあります。たとえば、チェック ボックスをクリックできない場合があります。またはフィルター処理した結果が期待どおりの結果を返さない場合があります。

状態: 修正済み

この問題は、バージョン 1707 (8326.2073) 以降では修正されています。更新プログラムを今すぐ入手するには、Excel を開いて [ファイル]、[アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。

補足説明

サポートに電話

サポートに問い合わせる
家庭向け Office 365 のサブスクリプションをお持ちの場合、またはパッケージ版の Office 2016 を購入された場合は、このページの下にある [お問い合わせ] リンクをクリックします。

Office 365 コミュニティ フォーラム

コミュニティで質問する
以下のフォーラムで専門家によるサポートを受ける:
Windows 版 Office のフォーラム (個人、ホーム、または大学ユーザー向け)
Office 365 コミュニティ フォーラム(ビジネス ユーザー向け)

チャット

Office アプリでフィードバックを送信する
Office チームに直接フィードバックを送信することができます。

Windows 10 の Office 2016 で、Office アプリを開き、[ファイル]、[フィードバック] の順にクリックします。

機能に関するご要望

電球 - ヒント

新機能に関するご提案や製品の使用方法に関するフィードバックなどがございましたら、ぜひお聞かせください。Excel UserVoice サイトで、皆さまからのご意見を共有させていただきます。ご連絡をお待ちしております。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×