最大利用可能時間を表すリソースを作成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

組織がに対して実行できるプロジェクトを分析するときに考慮すべき重要な要素は、リソースが必要です容量です。つまり、どのようなリソースの概要は、提案されたプロジェクトの作業を利用します。Project Web App] で、組織のリソースの役割によってリソース容量を表すリソースを定義できます。名前付きの個々 のリソース (「真」人)、リソースの名前のない (""を採用する人)、または両方の組み合わせを使用することができます。

注: 容量を表すために使用する各リソースは、1 つの主な役割を関連付ける必要があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

容量を表すためのリソースの名前のないを構成します。

容量を表す名前付きのリソースを構成します。

モデルの容量と名前のない名前のリソースを使用します。

最大利用可能時間を表す名前付きでないリソースを構成する

リソース容量をモデリングするには名前付きの個々 のリソースを作成せずに、つまり、役割のルックアップ テーブルに定義した役割ごとに 1 つのリソースを作成します。たとえば、開発者はすべて、すべてのテスト担当者を表現するために他のリソースを表すリソースを 1 つです。ルックアップ テーブルは役割を定義していない場合は、プライマリ リソースの役割の定義を参照してください。

  1. サイド リンク バーで、[リソース] の [リソース センター] をクリックします。

  2. リボンの [リソース] タブで [新しいリソース] をクリックします。

  3. 必須フィールドに加えて、次のフィールドを設定します。

    • リソースは Project Server にログオンできます:   オフになっています。

    • 表示名:    < ロール名 > の容量 (たとえば、「開発者の容量」)。

    • 最大単位数:   数を表すパーセントを入力するリソースのあるこの役割に対応します。たとえば、10 開発者の使用可能な時間の 100% である場合は場合、は、1000% を入力します。

    • ロール:   指定した表示名に対応する役割を選択します。たとえば、「開発-容量」表示名] ボックスに入力した場合は、役割] 一覧で開発をクリックします。

  4. [保存] をクリックし、組織の [役割] 参照テーブルの役割ごとに手順 2. と 3. を繰り返します。

ページの先頭へ

最大利用可能時間を表す名前付きリソースを構成する

名前付き (つまり "実際の") リソースを使用して最大利用可能時間を表す場合には、次の 2 つの考慮事項があります。

  • エンタープライズ リソースがあります。   Project Server のエンタープライズ リソースとして、[各名前付きのリソースを作成して必要があります。Project Server のすべてのユーザーもリソースとして使用できます。詳細については、ユーザーの追加を参照してください。

  • 定義済みの役割があります。   指定された各リソースに関連付けられている役割をだれかのリソースのプロパティの設定が必要です。

特定のプロジェクト提案の実行に必要なリソースの最大利用可能時間が組織にあるかどうかを評価する際は、この両方の条件を満たす任意の名前付きリソースを使用できます。

ページの先頭へ

名前付きリソースと名前付きでないリソースを使用して最大利用可能時間をモデル化する

名前付きリソースと名前付きでないリソースの両方を使用して最大利用可能時間をモデル化する場合は、別々に報告できるようにフラグを設定する必要があります。まず、フラグ設定に使用するユーザー設定フィールドを作成する必要があります。

  1. サイド リンク バーで、[設定] の [サーバー設定] をクリックします。

  2. [エンタープライズ データ] で [エンタープライズ ユーザー設定フィールドと参照テーブル] をクリックします。

  3. [エンタープライズ ユーザー設定フィールドと参照テーブル] ページで、[エンタープライズ ユーザー設定フィールド] セクションの [新しいフィールド] をクリックします。

  4. [名前] ボックスに「プレースホルダーに使用」と入力します。

  5. [エンティティと種類] セクションで、[エンティティ] ボックスの一覧の [リソース] をクリックし、[種類] ボックスの一覧の [フラグ] をクリックします。

  6. [保存] をクリックします。

このようにユーザー設定のフラグを準備することにより、[新しいリソース]、[リソースの編集]、[新しいユーザー]、または [ユーザーの編集] ページの [リソースのユーザー設定フィールド] セクションで、[プレースホルダーに使用] 一覧の [はい] をクリックして、名前付きリソースをプレースホルダーとして指定できます。

名前付きでないリソースについては、[プレースホルダーに使用] 一覧を [いいえ] に設定したままにします。これにより、特定の役割を持つリソースの一覧で、[プレースホルダーに使用] フラグを使用して名前付きリソースと名前付きでないリソースを分類することができます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×