最大使用数 (タスク フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[最大使用数] フィールドには、リソースが割り当てに対して同時に作業できる最大のパーセント値または単位数が表示されます。

たとえばと佐藤はタスク A に 100% に割り当てられています。フルタイムの従業員として佐藤は、1 日 8 時間は機能します。つまり、こと佐藤費やすべき 100% を 8 時間毎日のタスク A に100% は、佐藤の割り当て単位数]の値です。佐藤のタスク完了 A を持っているはず金曜日費やして余分な数時間、まとめしようとしています。木曜日 (毎日、時間の 100%)、月曜日に 8 時間日働いてが 10 時間日 (彼がサポートされている時間の合計の 125%) を金曜日働いています。[最大使用数] フィールドが反映されます 125% をします。

最大使用数は、プロジェクトのリソース要件を見るときに確認する値で、組織全体について確認する場合にも役に立ちます。 あるリソースの [最大使用数] の値が、常に個人の [割り当て単位数] の値より多いような場合は、そのリソースがプロジェクトにどのような成果をもたらしているのかを確認する価値があります。 より多くの人をサポート要員として割り当てるか、その仕事により適任のだれか別の人にリソースを交代することが必要になる場合もあります。

注: [最大使用数] の値が [割り当て単位数] フィールドにも反映されていないでしょうか? この場合の答えは「いいえ」です。 Project 2010 より前のバージョンでは、[割り当て単位数] フィールドは、プロジェクトのタスクに割り当てられたリソースの時間がどのくらいかを示すのに使用されていました。 また、このフィールドは、リソースがタスクの作業をしていたときのそれぞれの時点での最大値を反映するよう、プロジェクトの進捗に合わせて更新もされていました。 その結果、スケジュールの問題が発生したため、[割り当て単位数] フィールドは、実際の作業がプロジェクトに追加されても、同じ値を維持するよう調整されていました。 [最大使用数] フィールドは、割り当ての最大単位数を示すもので、割り当て超過量を特定するのに使用できます。

データの種類   パーセント/数値

入力の種類    Null フィールド

使用のポイント   タスクの個人の割り当てに対応する [最大使用数] フィールドを確認したい場合は、[最大使用数] タスク フィールドを [タスク配分状況] ビューのテーブル部分に追加します。

使用例   タスクの割り当てに関して、最大使用リソースの割り当てを確認しています。 この場合は、[タスク配分状況] ビューに [最大使用数] フィールドを挿入します。 タスク名の横の [最大使用数] フィールドには、何も表示されませんが、 タスクの割り当てに対する最大使用数の値は、各タスク名の下の [最大使用数] 割り当てフィールドに表示されます。 "トレード ショーの調整" タスクのフィールドを見てわかるように、田中さんには最大使用数として 125% が割り当てられ、小林さんには最大使用数として 50% が割り当てられています。

説明   [最大使用数] フィールドは、ガント チャートなどのタスク シートに追加できますが、フィールドには何も表示されません。 これは、[タスク配分状況] ビューの [最大使用数] 割り当てフィールドにコンテキストを入力するための Null フィールドです。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×