書式設定を追加する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

書式設定では、読みやすく魅力的な外観にするために文書に視覚的な効果を追加します。

さらに詳しく

Word 2013 の基本的な作業

Word 2013 の新機能

文書の大まかな下書きができましたが、

完了するには、書式設定をいくつか追加する必要があります。

書式設定は、文書に視覚的な効果を加えて

読みやすく、かつ人目を引く外観にすることです。

まず、いくつかの処理を行って見出しを強調してみましょう。

見出しを選んで

選択範囲内で右クリックするか、

見出しをポイントします。

ミニ ツールバーがポップアップ表示されます。

作業中の場所に表示されるため、

書式の追加を最もすばやく行うことができます。

ボタンの機能を確認するには、マウスをボタンの上に合わせます。

[太字] をクリックしましょう。

次にこのボタンに移動して、フォント サイズを大きくします。

さらに多くの書式設定機能が必要な場合は、リボンを使います。

ここでは、取り消し線の追加、

下付き文字や上付き文字としての書式設定、

段落の書式設定を行うことができます。

さまざまな方法がありますが、

最も便利で簡単な書式設定方法は、一般に [スタイル] を使うことです。

オプションの上にマウスを合わせると、プレビューが表示されます。

スタイルの操作は簡単です。1 回クリックするだけで複数の書式設定オプションを適用できます。

また、文書全体の書式設定に一貫性を

持たせることができるため、書式設定の方法としても最適です。

[段落] グループには箇条書きや

段落番号などの便利なオプションがあります。

これらについて調べる場合は、

テキストを選んで、ボタンをクリックします。

被害は何もありません。いつでもボタンを再クリックして

オプションをオフにできます。

これらのコマンドは、段落の配置を調整します。

これらの機能を見てみましょう。

2 番目の段落に移動し、3 回クリックして段落を選びます。

段落は左揃えになっています。

この段落を中央揃えにするとどうなるでしょうか。

今度は右揃えにします。

最後のボタンは、テキストを両端揃えにします。

もう 1 つの書式設定オプションを試してみましょう。

ここをクリックして、行間を調整します。

既定の行間は、1.15 ですが、

行間を 1 行、2 行、3 行にすることができます。

文書全体の段落間隔を変更するには、どうしたらよいでしょうか。

最適な方法は、[デザイン] タブに移動して、

[段落の間隔] をクリックすることです。

このようにすると、行間を調整するだけでなく、

文書全体の体裁を整えることができます。

最後に紹介するボタンは、クイック アクセス ツール バーという一連のボタンに含まれる

[元に戻す] ボタンです。

これは私のお気に入りのボタンで、

操作中に試行錯誤できるようになります。

[元に戻す] をクリックするだけで、以前の状態に戻すことができます。

[やり直し] ボタンもあります。

次に、文書にアイテムを挿入します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×