更新された文書を保存および更新する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office で共同編集機能は、これで、効率的に動作同じドキュメントを他のユーザーの作業に侵入またはロックアウト他の複数のユーザーに対してできます。

PowerPoint 2010、Word 2010、および OneNote 2010 のドキュメントを SharePoint Server 2010 では、この新しい共同編集機能を使用できます。 新しい機能を共同編集もサポートされて Excel Web App、OneNote Web アプリケーションについてのよりグループ作業機能について Word では、ここ:リアルタイムの共同編集と Word ドキュメントの共同作業

サポートされているサーバーに格納されているファイルを使用しているときに、[上書き保存] をクリックすると、次の処理が実行されます。

  • サーバー上のファイルに加えたすべての変更を保存する

  • 他の作成者による変更内容を表示しているファイルを更新プログラム (更新)

  • 以前のバージョンを格納する

現在のバージョンと以前のバージョンの文書を比較するには、[ファイル] タブをクリックした後、[情報] をクリックし、格納されている文書のバージョンをクリックします。[確認] タブの比較機能を使用して、そのバージョンと現在のバージョンの文書を比較できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×