更新された文書を保存および更新する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office 2010 の新しい共同編集機能では、複数のユーザーを効率的に動作同じドキュメントを他のユーザーの作業に侵入または互いをロックできます。

この新しい共同編集機能は、SharePoint Server 2010 上の Microsoft PowerPoint 2010、Microsoft Word 2010、Microsoft OneNote 2010 のドキュメントで使用できます。 新しい共同編集機能は、Excel Web App と OneNote Web App でもサポートされます。

サポートされているサーバーに格納されているファイルを使用しているときに、[上書き保存] をクリックすると、次の処理が実行されます。

  • サーバー上のファイルに加えたすべての変更を保存する

  • 表示しているファイルを更新して、他のユーザーが加えた変更を反映する

  • 以前のバージョンを格納する

現在のバージョンと以前のバージョンの文書を比較するには、[ファイル] タブをクリックした後、[情報] をクリックし、格納されている文書のバージョンをクリックします。[確認] タブの比較機能を使用して、そのバージョンと現在のバージョンの文書を比較できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×