時間およびタスクの進捗状況をキャプチャするためのポリシーを設定する

時間およびタスクの進捗状況をキャプチャするためのポリシーを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Project Web App には、時間やタスクの進捗状況に対して指定できるいくつかの標準設定のほかに、組織の運営を細かく調整するための、より細かいポリシーもあります。

組織に適した設定を選ぶ場合は、2 つの点の変更が必要となります。 まず、[設定] 設定アイコン の [PWA 設定] へ移動します。

一部の設定は、[タイムシートの設定および既定値] にあります。

タイムシートの設定と初期設定値

その他の設定は、[タスクの設定および表示] にあります。

タスクの設定と表示


ポリシー

設定場所

設定内容

チーム メンバーが超過時間や支払い対象外時間を送信できるかどうか   

タイムシートの設定と初期設定値

[Project Web App 表示] で [タイムシートで標準の超過時間および支払い対象外時間管理機能を使用する] チェック ボックスをオンにします。

タイムシートで標準の超過時間および支払い対象外時間管理機能を使用する

レポートできる時間数の上限を設けるかどうか   

タイムシートの設定と初期設定値

会計システム、顧客、またはその他の内部要因によっては、レポートできる時間に関するポリシーの設定が必要になることがあります。

[時間単位のレポート制限] で [タイムシートの最大時間]、[タイムシートの最小時間]、[1 日の最大時間] を設定できます。

時間管理データの入力制限

チーム メンバーが作業を先にレポートできるかどうか   

タイムシートの設定と初期設定値

既定では、チーム メンバーは未来の期間について、実績作業時間をレポートできません。 作業が実際に行われる前に時間をレポートしても問題がない場合は、[タイムシート ポリシー] の [現在以降の時間レポートを許可する] チェック ボックスをオンにします。

将来のタイムシートを許可する

チーム メンバーがトップ レベルのサマリー タスクに対して時間をレポートできるかどうか   

タイムシートの設定と初期設定値

Project Web App では、タスクを他のタスクの下にインデントできます。インデントされたタスクで行われた作業はトップレベルのタスクにロールアップされ、その領域で行われたすべての作業が要約されます。 たとえば、タスクを次のように構成できます。

  • ホワイト ペーパーを作成する

    • テーマについて調べる

    • コンテンツを執筆する

    • コンテンツをレビューする

    • フィードバックを取り入れる

    • コンテンツを公開する

一般に、チーム メンバーはインデントされたタスクでの作業をレポートし、その時間はトップレベルのサマリー タスク ("ホワイト ペーパーを作成する") にロールアップされます。 ただし、組織によっては、チーム メンバーがサマリー タスクに費やした時間もレポートできるようにすることが合理的な場合もあります。

チーム メンバーがサマリー タスクに費やした時間をレポートできるようにするには、[タイムシート ポリシー] の [トップレベルの時間レポートを許可する] チェック ボックスをオンにします。

トップレベルの時間レポートを許可する

プロジェクト管理者が実績時間を変更できないようにするかどうか    

タスクの設定と表示

[ユーザーによる更新の保護] で [[タスク] および [タイムシート] からのみタスクを更新可能にする] を選びます。

[タスク] および [タイムシート] からのみタスクを更新可能にする

タイムシートからタスクの進捗状況へすべての種類の作業をコピーするかどうか   

タスクの設定と表示

チーム メンバーは、自分のタイムシートの時間を各自のタスクの進捗状況にインポートして、完了した作業量をすぐに入力できます。 既定では、(タイムシートの [支払いカテゴリ] 列で) 標準行の分類を使用する作業のみがインポートされます。

チーム メンバーがタイムシートをインポートするときに、すべての分類のすべての作業をタスクの進捗状況にコピーできるようにするには、[ユーザーによる更新の保護] で [タイムシート行のすべての分類をインポートする] チェック ボックスをオンにします。

すべてのタイムシート ライン分類をインポートする

チーム メンバーがタスク進捗状況レポートの期間を設定できるかどうか   

タスクの設定と表示

タスクの進捗状況はタイムシートとは異なり、特定の会計期間が反映されているとは限りません。 タスクの進捗状況のレポート期間をチーム メンバーが選べるようにするには、[ユーザーによる更新の保護] で [タスクの更新時にユーザー設定の期間を定義できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

タスクの更新時にユーザー設定の期間を定義できるようにする

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×