時刻を減算する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

すばやくコントロールの 2 つの時刻の差を検索するには、結果の書式設定し、時間のリストに計算を拡張します。たとえば、簡単に別の時刻から 1 つの時間を減算したり会議の議題アイテムの期間を計算できます。

サンプル データと次の手順を使用して、会議の議題の時間を計算する方法について説明します。

サンプル データをコピーする

減算時刻の関数を理解するには、空のワークシートのセル A1 には、次のサンプル データをコピーします。

  1. 空白のブックまたはワークシートを開きます。

  2. 見出しも含めて、次のサンプル データを選択します。

    議題

    開始時刻

    終了時刻

    期間

    概要

    8時 45分 AM

    10:35 AM

    ブレインストーミング

    10:35 AM

    3時 30分 PM

    集計の方法します。

    3時 30分 PM

    4時 35分 PM

    報告

    4時 35分 PM

    5時 00分 PM

  3. コマンド +C キーを押します。

  4. ワークシートで、空のセル A1 を選択して、 コマンド を押しながら V キーを押します。

    注: (の 1、2、, 3... 空のシートの行または列見出しは選ばないでください。 A、B、C....)ときに、サンプル データを貼り付けます。

    空白のシートのサンプル データを貼り付ける

    サンプル データを選ぶ

時間と 2 つの時刻の分の数を計算します。

  1. セル D2 で、サンプル データと、ワークシートに列見出しをコピーした場合は、期間] 列の最初の空白セルを選択します。

  2. [数式] タブの [テキスト] をクリックして >テキスト

    [数式] タブで、テキストをクリックします。

    = TEXT()は、セルに表示されます。

  3. 数式バーで、 ()の中にカーソルを置きます] をクリックして、 c2-b2を入力します。

  4. 内側()には、表示形式] をクリックして、 "h:mm"、時間と分として結果を書式設定する、引用符を含むを入力します。

  5. RETURN キーを押します。

    1:50 (1 時間、50 分) になります。

  6. セル D2 を選びます。

  7. 数式を他の行にコピーするには、フィル ハンドル フィル ハンドル をドラッグします。

    Excel は、各行に正しい値が含まれるように、セル参照を自動的に調整します。

    ヒント: 

    • 詳細については、次の数式のTEXT 関数を参照してください。

    • TEXT関数に適用されている書式と数値の表示形式の両方を使用する場合は、テキストは、関数が優先されます。

その他の数式の例

例には、サンプル データを含むシートのすべての空白部分に次の表をコピーして、数式のセルに式ビルダーでの数式の構成方法を参照してください] をクリックします。

数式

説明 (計算結果)

= テキスト (C3-B3,"h")

"H"(4) として書式設定されたセルに 2 つの時刻間の時間

= テキスト (C3 B3,"h:mm")

時間と分の 2 つの時刻のセルを書式設定"h:mm"(4:55)

= テキスト (C3 B3,"h:mm:ss")

"H:mm:ss"として書式設定された時間、分、および秒を 2 つの時刻のセル (4: 55:00)

= INT ((C3-B3) * 24)

2 つの時間の合計時間 (4)

= (C3 B3) * 1440

2 つの通話時間の合計時間 (295)

= (C3 B3) * 86400

2 つの秒数の合計時間 (17700)

= 時間 (C3 B3)

差が 24 を超えない場合に、2 つの時刻の間の時間数 (4)

= 分 (C3 B3)

差が 60 を超えない場合に、2 つの時刻の間の分数 (55)

= 第 2 (C3 B3)

差が 60 を超えない場合に、2 つの時刻の間の秒数 (0)

サンプル データをコピーする

手順をより深く理解するために、空白のシートのセル A1 に、次のサンプル データをコピーします。

  1. 空白のブックまたはシートを作成します。

  2. 次のサンプル データを選びます。

    注: (の 1、2、, 3... 空のシートの行または列見出しは選ばないでください。 A、B、C....)空のシートのサンプル データを貼り付けます。

    空白のシートのサンプル データを貼り付ける

    サンプル データを選ぶ

    議題

    開始時刻

    終了時刻

    期間

    概要

    8時 45分 AM

    10:35 AM

    ブレインストーミング

    10:35 AM

    3時 30分 PM

    集計の方法します。

    3時 30分 PM

    4時 35分 PM

    報告

    4時 35分 PM

    5時 00分 PM

  3. コマンド +C キーを押します。

  4. シートのセル A1 を選び、 コマンド + V キーを押します。

時間と 2 つの時刻の分の数を計算します。

  1. [期間] 列の最初の空白のセルとなる、セル D2 を選びます。

  2. [数式] タブの [関数] で、[数式パレット] をクリックします。

    [数式] タブ、[関数] グループ

    セルに等号 (=) が表示されます。

  3. セルにテキストを入力します。

  4. 表示される一覧で、テキストをクリックします。

    式ビルダーの下部にあるテキストは、関数の引数のフィールドが表示されます。

  5. 引数を [] の横のボックスをクリックし、[ c2-b2を入力します。

  6. [引数] では、表示形式] の横のボックスをクリックして、 "h:mm"、時間と分として結果を書式設定する、引用符を含むを入力します。

  7. RETURN キーを押します。

    1:50 (1 時間、50 分) になります。

  8. セル D2 を選びます。

  9. 数式を他の行にコピーするには、フィル ハンドル フィル ハンドル をドラッグします。

    Excel は、各行に正しい値が含まれるように、セル参照を自動的に調整します。

    ヒント: 

    • 詳細については、次の数式のTEXT 関数を参照してください。

    • TEXT関数に適用されている書式と数値の表示形式の両方を使用する場合は、テキストは、関数が優先されます。

その他の数式の例

例には、サンプル データを含むシートのすべての空白部分に次の表をコピーして、数式のセルに式ビルダーでの数式の構成方法を参照してください] をクリックします。

数式

説明 (計算結果)

= テキスト (C3-B3,"h")

"H"(4) として書式設定されたセルに 2 つの時刻間の時間

= テキスト (C3 B3,"h:mm")

時間と分の 2 つの時刻のセルを書式設定"h:mm"(4:55)

= テキスト (C3 B3,"h:mm:ss")

"H:mm:ss"として書式設定された時間、分、および秒を 2 つの時刻のセル (4: 55:00)

= INT ((C3-B3) * 24)

2 つの時間の合計時間 (4)

= (C3 B3) * 1440

2 つの通話時間の合計時間 (295)

= (C3 B3) * 86400

2 つの秒数の合計時間 (17700)

= 時間 (C3 B3)

差が 24 を超えない場合に、2 つの時刻の間の時間数 (4)

= 分 (C3 B3)

差が 60 を超えない場合に、2 つの時刻の間の分数 (55)

= 第 2 (C3 B3)

差が 60 を超えない場合に、2 つの時刻の間の秒数 (0)

関連項目

日付を減算します。

日付を曜日として表示します。

挿入して、現在の日付と時刻の書式を設定します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×