日本語の言語機能をオンにする (英語 (米国) 版のみ)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

オンにする日本語機能 Office 2011 for Mac Microsoft Language Register を使用しています。次に、各で日本語の文字を入力する Office アプリケーションの日本語入力の種類を選択できます。

  1. 開いているすべての Office アプリケーションを閉じます。

  2. Finder で、「Microsoft Office 2011/その他のツール/Microsoft Language Register」を開き、[Microsoft Language Register] をダブルクリックしてアプリケーションを開きます。

  3. [Microsoft Office で有効にする言語の選択] ポップアップ メニューで、[日本語] をクリックし、[OK] をクリックします。

  4. アップル メニューの [システム環境設定] をクリックします。

  5. [個人] の [言語とテキスト] をクリックし、[入力ソース] タブをクリックします。

  6. [ことえり] チェック ボックスをオンにし、[ことえり] で、使用する日本語スクリプトのチェック ボックスをオンにします。

    ヒント: キーボードのレイアウトの詳細については、Mac Help を参照してください。

  7. [メニューバーに入力メニューを表示] チェック ボックスをオンにして、[言語とテキスト] ダイアログ ボックスを閉じます。

  8. 日本語を使用する Office アプリケーションを開きます。

  9. メニューバーの右側で、現在の入力形式が国旗で表示されている入力メニューをクリックし、使用する日本語の入力形式をクリックします。

    メニュー バーの [入力] メニュー

    吹き出し 1 メニューバーの入力メニューです。

    これで、使用しているアプリケーションで日本語の文字を入力できるようになり、Office で日本語のその他の言語機能も使用できるようになります。

関連項目

各言語に対応した校正ツール

Office の多国語機能

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×