日付選択コントロールを挿入する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

日付の選択は、小さなポップアップ予定表] をクリックして、Microsoft Office InfoPath フォームでの日付をすばやく入力することができるコントロールです。たとえば、保険フォーム上のユーザーから生年月日を収集するのに日付の選択を使用することができます。現在の日付などのあらかじめ設定された日付を表示するのに日付の選択を使用することもできます。

この記事の内容

日付選択コントロールを使用する場合

ユーザー エクスペリエンス

互換性に関する考慮事項

日付選択コントロールを挿入します。

日付選択コントロールで現在の日付を表示します。

日付選択コントロールで現在の日付と時刻を表示します。

レイアウトのヒント

日付選択コントロールを使用する場合

たい場合は、日付選択コントロールを使用します。

  • 特定のプロジェクトの開始と終了日など、フォーム上の任意の日付を入力するユーザーを有効にします。

  • フォームの今日の日付と時刻を表示するのに、 today関数とnow関数を使用します。

  • 課金と、顧客の注文のデータベースから出荷日など、外部データ ソースからの日付を表示します。

次の図で日付の選択はフライトの出発日を収集する旅行出席依頼フォーム テンプレートに使用します。

フォームの日付選択コントロールに入力された出発日

フォーム テンプレート上のコントロールをダブルクリックし、そのプロパティを変更することによって、ニーズに合わせて日付選択コントロールをカスタマイズできます。たとえば、既定の日付を指定したり、フォームに日付を表示する方法を変更できます。

ページの先頭へ

ユーザー エクスペリエンス

日付選択コントロールは、ボックスの右側にある小さなカレンダーのアイコンが表示されますが、テキスト ボックスのようになります。ポップアップ予定表を開くには、ユーザーは、予定表アイコンをクリックします。予定表が表示されたら、ユーザーは、月のスクロール ボタン予定表に、左右の矢印を使用する日付をクリックできます。ユーザーは、現在の日付を挿入すると場合、は、予定表の下部にある今日] をクリックすることができます。

ポップアップ予定表

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

InfoPath でフォーム テンプレートをデザインする際に、ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする特定の互換モードを選択できます。InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーに発行し、[ブラウザー対応ブラウザー互換フォーム テンプレートがある場合は、フォーム テンプレートに基づくフォームを Web ブラウザーで表示できます。ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする際にいくつかのコントロールは [コントロール] 作業ウィンドウで利用できることはできません。

ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする際に、日付選択コントロールが使用可能ですは、次の制限事項に注意してください。

  • 日付選択コントロールは、Windows Internet Explorer ブラウザーだけで完全にサポートされています。日付選択コントロールは、他の Web ブラウザーで、テキスト ボックスに日付の書式設定オプションはサポートされていますにテキスト ボックスとして表示されます。

  • プレース ホルダーのテキストは、フォーム テンプレート上のコントロールに表示されるテキストです。プレース ホルダーのテキストの例は、「ここをクリックして入力します」プレース ホルダーには、ブラウザー互換フォーム テンプレートのテキストの設定をおくことができます] では、テキストは Web ブラウザーでは表示されません。

ページの先頭へ

日付選択コントロールを挿入する

日付選択コントロールを挿入する手順は、フォーム テンプレートのデザイン、データベースやその他の外部データ ソースを基にしたか新しい、空白のフォーム テンプレートをデザインしているかどうかによって少し異なります。

次の図は、日付の選択がデザイン モードで選択されている場合をどのように見えるかを示します。

デザイン モードで選択された日付選択

コントロールは、バインドすることも、バインド解除することもできます。コントロールは、バインドされている場合、データ ソース内のフィールドまたはグループに接続されており、コントロールに入力したデータは、基になるフォーム (.xml) ファイルに保存されます。コントロールは、バインド解除されている場合、フィールドまたはグループに接続されておらず、コントロールに入力したデータは保存されません。コントロールを選ぶか、ポインターをコントロールの上に移動すると、コントロールの右上隅にテキストとバインド アイコンが表示されます。テキストは、コントロールがバインドされているデータ ソース内のグループまたはフィールドを示します。アイコンは、コントロールがグループまたはフィールドに適切にバインドされているかどうかを示します。バインドが適切である場合、緑色のアイコンが表示されます。バインドに問題がある場合、青色または赤色のアイコンが表示されます。

フォーム テンプレートのデータ ソースは、フィールドとデータ ソース] 作業ウィンドウでの階層ビューに表示されるグループで構成されます。日付選択コントロールは、常に、フィールドにバインドします。次の例では、フォーム テンプレート上の出発日の日付選択は、[データ ソース] 作業ウィンドウのdepartureDateフィールドにバインドされています。

フォーム テンプレート上の日付選択とデータ ソース内の対応するフィールドの関係

新しい空白のフォーム テンプレート上の日付選択コントロールを挿入します。

新しい空白のフォーム テンプレートをデザインする場合、[コントロール] 作業ウィンドウの [自動的にデータ ソースを作成する] チェック ボックスが既定で選択されています。このため、InfoPath では、フォーム テンプレートにコントロールが追加されると、データ ソースにフィールドおよびグループが自動的に作成されます。これらのフィールドおよびグループは、[データ ソース] 作業ウィンドウではフォルダー アイコンおよびファイル アイコンで表されます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. コントロールを挿入するには、[日付の選択] をクリックします。

  4. コントロールにラベルを追加するには、コントロールの上側または左側にテキストと、それに続けてコロン (:) を入力します。

  5. フォームに日付を表示する方法を指定するには、フォーム テンプレートに挿入された日付の選択をダブルクリックします。

  6. [データ] タブをクリックし、[書式設定] をクリックします。

  7. 次のような日付を表示するリストで、日付の書式設定] ダイアログ ボックスで、表示形式を選択する] をクリックします。

    注: データ型がテキスト、日付、または日付/時刻である場合にのみ、日付の表示形式を変更できます。

既存のデータ ソースを基にしたフォーム テンプレート上の日付選択コントロールを挿入します。

既存の拡張マークアップ言語 (XML) ファイル、データベース、または Web サービスを基にフォーム テンプレートのデザインにした場合、InfoPath は、フィールドとその既存のデータ ソースからデータ ソース] 作業ウィンドウでグループを導出します。このシナリオでフォーム テンプレートにデータ ソース] 作業ウィンドウから日付の選択フィールドをドラッグするか、次の手順で説明するようにコントロール] 作業ウィンドウを使用して、日付選択コントロールを挿入することによって、日付選択コントロールを追加できます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. コントロールを挿入するには、[日付の選択] をクリックします。

  4. 日付の選択のバインド] ダイアログ ボックスで、日付の選択のデータを格納するフィールドを選択し、[し、[ OK] をクリックします。

  5. InfoPath では、コントロールのラベルとしてフィールドまたはグループの名前を使用します。必要に応じて、ラベルのテキストを変更します。

  6. フォームに日付を表示する方法を指定するには、フォーム テンプレートに挿入された日付の選択をダブルクリックします。

  7. [データ] タブで、書式設定] をクリックします。

  8. 次のような日付を表示リスト ボックスの [日付の書式設定] ダイアログ ボックスで、[表示形式を選択する] をクリックします。

    注: データ型がテキスト、日付、または日付/時刻である場合にのみ、日付の表示形式を変更できます。

ヒント: コントロールを挿入するのにデータ ソース] 作業ウィンドウを使用することもできます。データ ソース] 作業ウィンドウでは、フィールドには、日付選択コントロールのバインド先を右クリックし、ショートカット メニューの [日付の選択] をクリックします。

ページの先頭へ

日付選択コントロールで現在の日付を表示します。

ユーザーがそれを開いたときに自動的にフォームの現在の日付を挿入するには、日付選択コントロールでtoday関数を使用することができます。

  1. フォーム テンプレート上の日付選択コントロールを挿入します。

  2. フォーム テンプレートで挿入した日付選択コントロールをダブルクリックします。

  3. [データ] タブをクリックします。

  4. [既定値ボタンの画像数式の挿入] をクリックします。

  5. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、 [関数の挿入] をクリックします。

  6. 関数の挿入] ダイアログ ボックスで、[カテゴリ] リストで [日付と時刻] をクリックします。

  7. 関数の一覧で、[今日] をクリックし、日付の選択のプロパティ] ダイアログ ボックスに戻るには、2 回は、 [OK ] をクリックします。

    [] ボックスにそのtoday()が表示されます。

  8. [既定値]、[数式の結果が再計算するときは、この値を更新する] チェック ボックスをオフにします。

    注: このチェック ボックスをオフにする場合は、ユーザーがこのフォーム テンプレートを基にフォームを開くたびに日付が自動的に更新されません。これは、ユーザー フォームが作成された日付を表示する必要がある場合に最適です。フォームを開くたびに変更するのには、日付を格納する、最終更新日または最後の開いたフィールドがある場合に選択したチェック ボックスをおくことができます。

  9. フォーム テンプレートに戻るには、 [ok]をクリックします。

  10. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

  11. 日付選択コントロールに表示されている日付外観にことを確認します。いない場合は、日付の選択のプロパティ] ダイアログ ボックスの [書式] ボタンをクリックして、日付または時刻を表示する方法を変更できます。

ページの先頭へ

日付選択コントロールで現在の日付と時刻を表示します。

ユーザーがそれを開いたときの現在の日付と時刻をフォームを自動的に挿入するには、日付選択コントロールで、 now関数を使用することができます。

  1. フォーム テンプレート上の日付選択コントロールを挿入します。

  2. フォーム テンプレートで挿入した日付選択コントロールをダブルクリックします。

  3. [データ] タブをクリックします。

  4. データ型] ボックスに、[日付と時刻 (dateTime)] をクリックします。

  5. [書式] をクリックします。

  6. 日付と時刻の書式設定] ダイアログ ボックスの一覧で、次のような日付の表示で、必要なオプションをクリックし、[し、[ OK] をクリックします。

  7. 日付の選択のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[既定値数式の挿入 ボタンの画像 をクリックします。

  8. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、 [関数の挿入] をクリックします。

  9. 関数の挿入] ダイアログ ボックスで、[カテゴリ] リストで [日付と時刻] をクリックします。

  10. 関数の一覧で、これで、をクリックし、日付の選択のプロパティ] ダイアログ ボックスに戻るには、2 回は、 [OK ] をクリックします。

    [] ボックスにそのnow()が表示されます。

  11. [既定値]、[数式の結果が再計算するときは、この値を更新する] チェック ボックスをオフにします。

    注: このチェック ボックスをオフにする場合は、ユーザーがこのフォーム テンプレートを基にフォームを開くたびに日付が自動的に更新されません。これは、ユーザー フォームが作成された日付を表示する必要がある場合に最適です。フォームを開くたびに変更するのには、日付を格納する、最終更新日または最後の開いたフィールドがある場合に選択したチェック ボックスをおくことができます。

  12. フォーム テンプレートに戻るには、 [ok]をクリックします。

  13. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

  14. 日付選択コントロールに表示されている日付外観にことを確認します。いない場合は、日付の選択のプロパティ] ダイアログ ボックスの [書式] ボタンをクリックして、日付または時刻を表示する方法を変更できます。

ページの先頭へ

レイアウトのヒント

次のヒントを使用して、外観、サイズ、および日付の選択の他の側面を調整するのに役立ちます。

  • 一度に複数の日付選択コントロールのサイズを変更するには、日付の選択のサイズを変更して、[書式] メニューに [プロパティ] を選択し、し、[サイズ] タブで、必要な調整を行います。

  • 枠線や日付選択の色を変更するに日付選択コントロールで、[書式] メニューを選択し、[とページ罫線と網かけの変更] をクリックし、必要な調整を加えます。

  • 日付の選択に表示されるテキストをカスタマイズするのには、書式設定] ツールバーのフォントフォント サイズ] ボックスを使用します。日付のフォーム テンプレート上のすべてのフォント サイズ、フォントを一度に変更しをショートカット メニューの [すべての日付選択コントロールにフォントを適用する] をクリックして、目的の書式を含む日付選択コントロールを右クリックします。

  • テキストは実際に、日付選択コントロールの外観を確認するには、[表示] メニューサンプル データをクリックします。これにより、フォームがどのようにユーザーの入力時を把握できます。

  • 場合によっては、日付の選択と日付の選択の左側のラベル内のテキストが、若干配置から表示される場合があります。これらを簡単に配置し直すには、日付選択コントロールをダブルクリックして、[サイズ] タブの配置をクリックし、[適用] をクリックします。ラベルと日付の選択が複数のセルにレイアウト用の表である場合は、ラベルが含まれているセルを右クリックし、ショートカット メニューの [表のプロパティ] をクリックして、[セル] タブで [垂直方向の配置センター ] をクリックします。

  • 日付を表示する方法を変更するには、日付選択コントロールをダブルクリックして、データ] タブをクリックし、書式設定] をクリックします。日付の書式設定] ダイアログ ボックスで、表示形式を選択します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×