日付を加算または減算する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、作業を完了させるために必要な期間として 2 週間または一定の時間を加算する場合に、プロジェクトのスケジュールに及ぶ影響を、日付を操作する数式またはワークシートの関数を使って確認する方法について説明します。

口座の支払請求サイクルが 30 日であり、2013 年 3 月の請求日の 15 日前に口座に資金を用意したいとします。 以下に、日付を操作する数式または関数を使用してこの処理を行う方法を示します。

  1. セル A1 に「13/2/8」と入力します。

  2. セル B1 に「=A1-15」と入力します。

  3. セル C1 に「=A1+30」と入力します。

  4. セル D1 に「=C1-15」と入力します。

    日付を計算する

日付に月を加算する

計算には EDATE 関数を使いますが、開始日と加算する月数を明らかにする必要があります。 ここでは、2013 年 10 月 24 日に 16 か月を加算する方法について説明します。

EDATE の数式を使って日付に月を加算する

  1. セル A1 には、次のように入力します。 13/10/24します。

  2. セル B1 に「 =EDATE(A1,16)します。

  3. 日付として、結果の書式を設定するには、セル B1 を選択します。横の矢印をクリックして番号の書式設定] > 短い形式の日付

日付から月を減算する

同じ EDATE 関数を使って、日付から月を減算してみましょう。

セル B1 とセル A1 の日付を入力、数式を入力=EDATE(4/15/2013,-5).

日付から月を減算する

ここで、日付を引用符で囲んで入力し、開始日の値を指定します。

日付の値を含むセルまたは数式を使用して、参照することもできます=EDATE(A1,-5)、同じ結果。

その他の例

日付に年数を加算する、または日付から年数を減算するには

日付の加算と減算の例

開始日

加算 (または減算) 年数

数式

結果

2013/10/24

3 (3 年加算)

=DATE(YEAR(A2)+B2,MONTH(A2),DAY(A2))

16/10/24

2013/10/24

-5 (5 年減算)

=DATE(YEAR(A4)+B4,MONTH(A4),DAY(A4))

2008/10/24

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×