日付をフィルター処理するためのピボットテーブル タイムラインを作成する

日付をフィルター処理するためのピボットテーブル タイムラインを作成する

日付を表示するためにフィルターを操作する代わりに、ピボットテーブル タイムラインを使うことができます。これは、ピボットテーブルに追加できるボックスで、このボックスを使って期間でフィルターし、目的の期間のデータを表示できます。[分析]、[タイムラインの挿入] の順にクリックして呼び出します。

タイムライン

データのフィルター処理のために作成するスライサーのように、タイムラインを挿入すると、ピボットテーブル内に維持され、これを使って期間をすぐに変更できます。この方法を次にご紹介します。

  1. ピボットテーブル内の任意の場所をクリックして、ピボットテーブル ツールを表示します。

ピボットテーブル ツール

  1. [分析]、[タイムラインの挿入] の順にクリックします。

[分析] タブの [タイムラインの挿入]

  1. [タイムラインの挿入] ダイアログ ボックスで、目的のデータ フィールドのチェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

[タイムラインの挿入] ダイアログ ボックス

タイムラインを使って期間でフィルター処理する

タイムラインを配置したら、4 種類のレベル (年、四半期、月、日) のいずれかの期間でフィルター処理できます。

  1. 表示されている時間レベルの横の矢印をクリックし、目的の期間を選びます。

時間レベルの矢印

  1. 分析したい期間まで、タイムライン スクロール バーをドラッグします。

タイムライン スクロール バー

  1. 期間コントロールで、期間タイルをクリックしてドラッグし、目的の日付範囲を選ぶための追加のタイルを含めます。期間ハンドルを使い、どちらかの端の日付範囲を調整します。

期間選択ハンドル

  1. タイムラインをクリアするには、[フィルターのクリア] ボタン [フィルターのクリア] をクリックします。

ヒント: 同じ日付フィールドをフィルター処理するため、スライサーをタイムラインと組み合わせる場合は、[ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスの [1 つのフィールドに複数のフィルターを使用可能にする] ボックス ([ピボットテーブル ツール]、[分析]、[オプション]、[集計とフィルター] タブを順にクリック) をオンにして実行できます。

タイムラインをカスタマイズする

タイムラインの対象範囲がピボットテーブル データ全体の場合、適切な場所にタイムラインを移動し、サイズを変更できます。さらに、タイムラインのスタイルを変更することもでき、そうすると、複数のタイムラインを使う場合にわかりやすくなります。

  • タイムラインを移動するには、タイムラインを目的の場所にドラッグします。

  • タイムラインのサイズを変更するには、タイムラインをクリックし、目的のサイズになるようにサイズ変更ハンドルをドラッグします。

  • タイムラインのスタイルを変更するには、タイムラインをクリックして [タイムライン ツール] を表示し、[オプション] タブから目的のスタイルを選びます。

[タイムライン ツール] の [オプション] タブのタイムライン スタイル

ピボットテーブルの詳細

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×