日付の選択を挿入する

日付の選択は、ポップアップ表示される小さなカレンダーをクリックすることによって、ユーザーが Microsoft Office InfoPath フォームに簡単に日付を入力できるようにするコントロールです。たとえば、保険申請書フォームで日付の選択を使用して、申請者の誕生日を収集できます。日付の選択を使用して、今日の日付など、設定済みの日付を表示することもできます。

この記事の内容

日付選択コントロールを使用する場合

ユーザー エクスペリエンス

互換性に関する考慮事項

日付選択コントロールを挿入します。

日付選択コントロールで現在の日付を表示します。

日付選択コントロールで現在の日付と時刻を表示します。

レイアウトのヒント

日付の選択を使用する場合

日付の選択は、次のような目的で使用します。

  • 特定のプロジェクトの開始日や終了日などの日付を、ユーザーがフォームで選択して入力できるようにする。

  • フォームの今日の日付と時刻を表示するのに、 today関数とnow関数を使用します。

  • 顧客からの受注データベースの請求日や出荷日など、外部データ ソースから取得した日付を表示する。

次の図では、出張申請書フォーム テンプレートでフライトの出発日を収集するために、日付の選択を使用しています。

フォームの日付選択コントロールに入力された出発日

フォーム テンプレートの日付の選択コントロールをダブルクリックし、プロパティを変更することによって、用途に合わせて日付の選択をカスタマイズできます。たとえば、既定の日付を指定したり、フォームに日付を表示する方法を変更したりできます。

ページの先頭へ

ユーザー側の操作

日付の選択はテキスト ボックスに似ていますが、ボックスの右側に小さなカレンダーのアイコンが表示される点が異なります。ポップアップ カレンダーを開くには、カレンダー アイコンをクリックします。カレンダーが表示されたら、ユーザーはカレンダーで目的の日付をクリックしたり、左右の矢印ボタンを使用して月を順にスクロールしたりできます。今日の日付を挿入する場合は、カレンダーの下部にある [今日] をクリックします。

ポップアップ予定表

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

InfoPath でフォーム テンプレートをデザインする際、ブラウザー互換のフォーム テンプレートをデザインするには特定の互換モードを選択します。ブラウザー互換フォーム テンプレートが InfoPath Forms Services を実行するサーバーに発行され、ブラウザー互換になると、Web ブラウザーでフォーム テンプレートを使用するフォームを参照できるようになります。ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合、[コントロール] 作業ウィンドウで一部のコントロールを使用できなくなります。これは、Web ブラウザーで表示できないコントロールのためです。

ブラウザ互換フォーム テンプレートをデザインするときに日付の選択を使用することはできますが、次の制限事項に注意してください。

  • 日付の選択は、Windows Internet Explorer でのみ完全にサポートされています。他の Web ブラウザでは、日付の選択はテキスト ボックスとして表示され、そのテキスト ボックスで日付の表示形式オプションがサポートされます。

  • プレース ホルダーのテキストは、フォーム テンプレート上のコントロールに表示されるテキストです。プレース ホルダーのテキストの例は、「ここをクリックして入力します」プレース ホルダーには、ブラウザー互換フォーム テンプレートのテキストの設定をおくことができます] では、テキストは Web ブラウザーでは表示されません。

ページの先頭へ

日付の選択を挿入する

日付の選択を挿入する手順は、新しい空白のフォーム テンプレートをデザインするか、データベースやその他の外部データ ソースに基づいてフォーム テンプレートをデザインするかによって、若干異なります。

次の図は、デザイン モードで日付の選択を選択したときの日付の選択の表示を示しています。

デザイン モードで選択された日付選択

コントロールは、バインドすることも、バインド解除することもできます。コントロールは、バインドされている場合、データ ソース内のフィールドまたはグループに接続されており、コントロールに入力したデータは、基になるフォーム (.xml) ファイルに保存されます。コントロールは、バインド解除されている場合、フィールドまたはグループに接続されておらず、コントロールに入力したデータは保存されません。コントロールを選ぶか、ポインターをコントロールの上に移動すると、コントロールの右上隅にテキストとバインド アイコンが表示されます。テキストは、コントロールがバインドされているデータ ソース内のグループまたはフィールドを示します。アイコンは、コントロールがグループまたはフィールドに適切にバインドされているかどうかを示します。バインドが適切である場合、緑色のアイコンが表示されます。バインドに問題がある場合、青色または赤色のアイコンが表示されます。

フォーム テンプレートのデータ ソースは、フィールドとデータ ソース] 作業ウィンドウでの階層ビューに表示されるグループで構成されます。日付選択コントロールは、常に、フィールドにバインドします。次の例では、フォーム テンプレート上の出発日の日付選択は、[データ ソース] 作業ウィンドウのdepartureDateフィールドにバインドされています。

フォーム テンプレート上の日付選択とデータ ソース内の対応するフィールドの関係

新しい空白のフォーム テンプレートに日付の選択を挿入する

新しい空白のフォーム テンプレートをデザインする場合、[コントロール] 作業ウィンドウの [自動的にデータ ソースを作成する] チェック ボックスが既定で選択されています。このため、InfoPath では、フォーム テンプレートにコントロールが追加されると、データ ソースにフィールドおよびグループが自動的に作成されます。これらのフィールドおよびグループは、[データ ソース] 作業ウィンドウではフォルダー アイコンおよびファイル アイコンで表されます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する位置にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. [コントロールの挿入] で、[日付の選択] をクリックします。

  4. コントロールにラベルを追加するには、コントロールの上側または左側にテキストと、それに続けてコロン (:) を入力します。

  5. フォームに日付を表示する方法を指定するには、フォーム テンプレートに挿入した日付の選択をダブルクリックします。

  6. [データ] タブをクリックし、[表示形式] をクリックします。

  7. [日付の表示形式] ダイアログ ボックスの [日付の表示形式] ボックスの一覧で、目的の表示形式をクリックします。

    注: 日付の表示形式を変更できるのは、データ型がテキスト、日付、または日付と時刻である場合だけです。

既存のデータ ソースに基づくフォーム テンプレートに日付の選択を挿入する

既存の拡張マークアップ言語 (XML) ファイル、データベース、または Web サービスを基にフォーム テンプレートのデザインにした場合、InfoPath は、フィールドとその既存のデータ ソースからデータ ソース] 作業ウィンドウでグループを導出します。このシナリオでフォーム テンプレートにデータ ソース] 作業ウィンドウから日付の選択フィールドをドラッグするか、次の手順で説明するようにコントロール] 作業ウィンドウを使用して、日付選択コントロールを挿入することによって、日付選択コントロールを追加できます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する位置にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. [コントロールの挿入] で、[日付の選択] をクリックします。

  4. [日付の選択のバインド] ダイアログ ボックスで、日付の選択のデータを格納するフィールドを選択し、[OK] をクリックします。

  5. InfoPath では、フィールドまたはグループの名前がコントロールのラベルとして使用されます。必要に応じて、ラベル テキストを変更します。

  6. フォームに日付を表示する方法を指定するには、フォーム テンプレートに挿入した日付の選択をダブルクリックします。

  7. [データ] タブの [表示形式] をクリックします。

  8. [日付の表示形式] ダイアログ ボックスの [日付の表示形式] ボックスの一覧で、目的の表示形式をクリックします。

    注: 日付の表示形式を変更できるのは、データ型がテキスト、日付、または日付と時刻である場合だけです。

ヒント: [データ ソース] 作業ウィンドウを使用して、コントロールを挿入することもできます。[データ ソース] 作業ウィンドウで、日付の選択をバインドするフィールドをマウスの右ボタンでクリックし、ショートカット メニューの [日付の選択] をクリックします。

ページの先頭へ

日付の選択で今日の日付を表示する

ユーザーがフォームを開いたときに自動的に今日の日付を挿入するには、日付の選択コントロールで today 関数を使用します。

  1. フォーム テンプレートに日付の選択を挿入します。

  2. フォーム テンプレートに挿入した日付の選択をダブルクリックします。

  3. [データ] タブをクリックします。

  4. [既定値ボタンの画像数式の挿入] をクリックします。

  5. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、[関数の挿入] をクリックします。

  6. [関数の挿入] ダイアログ ボックスで、[分類] ボックスの一覧の [日付と時刻] をクリックします。

  7. [関数] ボックスの一覧の [today] をクリックし、[OK] を 2 回クリックして [日付の選択のプロパティ] ダイアログ ボックスに戻ります。

    [ ] ボックスに "today()" と表示されていることを確認します。

  8. [既定値] で、[数式結果の再計算時に、この値を更新する] チェック ボックスをオフにします。

    注: このチェック ボックスをオフにすると、ユーザーがこのフォーム テンプレートに基づくフォームを開いたときに、日付は自動的には更新されません。これは、フォームが作成された日付をユーザーが確認できるようにする場合に最適です。[最終更新日] または [最後に開いた日時] フィールドを使用して、フォームを開くたびに日付が更新されるようにする場合は、このチェック ボックスをオンのままにしておきます。

  9. [OK] をクリックして、フォーム テンプレートに戻ります。

  10. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

  11. 日付の選択に表示されている日付が、適切に表示されていることを確認します。表示が適切ではない場合は、[日付の選択のプロパティ] ダイアログ ボックスの [表示形式] をクリックし、日付と時刻の表示方法を変更できます。

ページの先頭へ

日付の選択で現在の日付と時刻を表示する

ユーザーがフォームを開いたときに自動的に現在の日付と時刻を挿入するには、日付の選択コントロールで now 関数を使用します。

  1. フォーム テンプレートに日付の選択を挿入します。

  2. フォーム テンプレートに挿入した日付の選択をダブルクリックします。

  3. [データ] タブをクリックします。

  4. [データ型] ボックスの [日付と時刻 (dateTime)] をクリックします。

  5. [表示形式] をクリックします。

  6. [日付と時刻の表示形式] ダイアログ ボックスの [時刻の表示形式] ボックスの一覧で必要なオプションをクリックし、[OK] をクリックします。

  7. 日付の選択のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[既定値数式の挿入 ボタンの画像 をクリックします。

  8. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、[関数の挿入] をクリックします。

  9. [関数の挿入] ダイアログ ボックスで、[分類] ボックスの一覧の [日付と時刻] をクリックします。

  10. [関数] ボックスの一覧の [now] をクリックし、[OK] を 2 回クリックして [日付の選択のプロパティ] ダイアログ ボックスに戻ります。

    [ ] ボックスに "now()" と表示されていることを確認します。

  11. [既定値] で、[数式結果の再計算時に、この値を更新する] チェック ボックスをオフにします。

    注: このチェック ボックスをオフにすると、ユーザーがこのフォーム テンプレートに基づくフォームを開いたときに、日付は自動的には更新されません。これは、フォームが作成された日付をユーザーが確認できるようにする場合に最適です。[最終更新日] または [最後に開いた日時] フィールドを使用して、フォームを開くたびに日付が更新されるようにする場合は、このチェック ボックスをオンのままにしておきます。

  12. [OK] をクリックして、フォーム テンプレートに戻ります。

  13. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

  14. 日付の選択に表示されている日付が、適切に表示されていることを確認します。表示が適切ではない場合は、[日付の選択のプロパティ] ダイアログ ボックスの [表示形式] をクリックし、日付と時刻の表示方法を変更できます。

ページの先頭へ

レイアウトに関するヒント

日付の選択の外観、サイズ、およびその他の点を微調整するには、次のヒントを参照してください。

  • 一度に複数の日付の選択コントロールのサイズを変更するには、サイズを変更する日付の選択コントロールを選択します。[書式] メニューの [プロパティ] をクリックし、[サイズ] タブで必要な調整を行います。

  • 日付の選択コントロールの罫線または色を変更するには、フォーム テンプレートで日付の選択コントロールを選択します。次に、[書式] メニューの [罫線と網かけの設定] をクリックし、必要な調整を行います。

  • 日付の選択コントロールに表示されるテキストをカスタマイズするには、[書式設定] ツールバーの [フォント] ボックスと [フォント サイズ] ボックスを使用します。一度にフォーム テンプレート上のすべての日付の選択コントロールのフォントとフォント サイズを変更するには、使用する書式が設定されている日付の選択コントロールをマウスの右ボタンでクリックし、ショートカット メニューの [フォントをすべての日付の選択コントロールに適用] をクリックします。

  • 実際に日付の選択コントロールにテキストが表示されるようすを確認するには、[表示] メニューの [サンプル データ] をクリックします。これにより、完成後にフォームがどのように表示されるのかを把握できます。

  • 場合によっては、日付の選択コントロール内のテキストと日付の選択コントロールの左のラベルが、若干ずれて表示されることがあります。これらをすばやく配置し直すには、日付の選択コントロールをダブルクリックし、[サイズ] タブの [配置] をクリックして、[適用] をクリックします。ラベルと日付の選択コントロールがレイアウト用の表内の異なるセルに配置されている場合は、ラベルが含まれているセルをマウスの右ボタンでクリックし、ショートカット メニューの [表のプロパティ] をクリックして、[セル] タブの [垂直方向の配置] で [中央揃え] をクリックします。

  • 日付の表示方法を変更するには、日付の選択コントロールをダブルクリックし、[データ] タブをクリックします。次に、[表示形式] をクリックし、[日付の表示形式] ダイアログ ボックスで表示形式を選択します。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×