日付、時刻、または数値の書式を設定します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

注: この記事で説明するオプションの一部は、ロケールリストの日付形式時刻の形式日付および時刻の書式設定] ダイアログ ボックスで[英語 (米国)を選択する場合にのみ適用されます。

Microsoft Office InfoPath では、データの書式をテキスト ボックス、式ボックスで、日付、時刻、および数値の表示方法と、ユーザー フォーム テンプレートに基づくフォームに入力を指定するフォーム テンプレート上の日付選択コントロールを追加できます。

この記事の内容

データの書式設定の概要

互換性に関する考慮事項

日付または時刻の形式を指定します。

小数点以下の桁数を指定します。

変更方法の負の数値が表示されます

追加または数値をパーセンテージで書式を削除します。

追加または数値に桁区切り記号を削除します。

追加または通貨記号を削除します。

データの書式設定の概要

データのユーザーがテキスト ボックス、式ボックス、または日付選択コントロールにデータを入力したときにデータを表示する方法を指定する書式設定を使用することができます。データの他の種類のコントロールに書式設定を使用することはできません。たとえば、データのコントロールに書式設定を追加すると、ことができることを確認します。

  • ユーザーは、日付選択コントロールに入力した日付 dd/月/年、07/14/03 などの形式になっています。

  • ユーザーがテキスト ボックス コントロールに入力した時間 00時 00分: 00、09時 46分: 55 などの形式になっています。

データのコントロールに書式を適用するとは、テキスト ボックス、式ボックス、または日付選択コントロールで作業しているかどうかによって異なりますが、定義済み書式の一覧から選択できます。これらのコントロールの特定のデータ型には、データの書式設定はサポートされています。

たとえばなどのテキスト、そのコントロールのいくつかの異なるデータ型から選べます、フォーム テンプレートにテキスト ボックス コントロールを追加する場合全体の数を 10 進数、日付、時刻と日付し、時刻します。ただし、データの整数を 10 進数を選択できる、テキスト ボックス コントロールの書式設定を指定する場合は、日付、時刻、および日付と時刻の書式、ものは、データのみをテキスト ボックス コントロールの種類がデータの書式設定をサポートするためです。

データ型、関連するデータの書式、およびそれらをサポートするコントロール

次の表は、InfoPath、サポート データの書式設定、データの書式を設定するデータの種類では、それらをサポートするコントロールのオプションのデータ型を一覧表示します。

データ型

利用可能なデータの形式

これらのコントロールでサポートされています。

整数

  • なし

  • 数値

  • 通貨

  • テキスト ボックス

  • 式ボックス

小数点型

  • なし

  • 数値

  • パーセンテージ

  • 通貨

  • テキスト ボックス

  • 式ボックス

日付

  • なし

  • 2007 年 3 月 14 *

  • 2007 年 3 月 14 日、水曜日 *

  • 2007 年 5年 3 月日 *

  • 2007 年 3 月 14 日、水曜日

  • 2007 年 3 月 14 日

  • 14 年 3 月 2007 日、水曜日

  • 2007 年 3 月 14日

  • 2007 年 3 月 14

  • 2007 年 3 月 14

  • 07/03/14

  • 2007/03/14

  • 07/03/14

  • 2007-03-14

  • 2007 年 3 月 14 日

  • 2007 年 3 月 5 日

  • テキスト ボックス

  • 式ボックス

  • 日付の選択コントロール

時刻

  • なし

  • 9時 46分: 55 AM *

  • 9時 46分 AM *

  • 9時 46分: 55 AM

  • 09時 46分: 55 AM

  • 9時 46分: 55

  • 09時 46分: 55

  • 午前 9時 46分

  • 09時 46分 AM

  • 9:46

  • 09:46

  • テキスト ボックス

  • 式ボックス

  • 日付の選択コントロール

日付と時刻に関する数式

コントロールに日付と時刻のデータ型を適用すると、個別に日付と時刻の形式の設定は同じデータ形式を設定できます。たとえば、 2007 年 3 月 14 日と時刻の形式として9時 46分日付の書式を設定することがあります。

  • テキスト ボックス

  • 式ボックス

  • 日付の選択コントロール

注: 

  • アスタリスクを持つデータ形式は、現在のユーザーのシステムの設定で指定された形式を反映するように更新されます。

  • 英語 (アメリカ合衆国) 以外のロケールを選択する場合は、一部の日付形式が使用できないユーザー フォームに入力する Web ブラウザーを使用している場合。たとえば、14-火星-01 日付の形式では、フランス語 (ベルギー) のロケールでサポートされていません。

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

のブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする際にいくつかのデータの書式設定オプションは利用できません。

ページの先頭へ

日付または時刻の形式を指定します。

データの複数のデータ型の書式設定を指定できますが、日付選択コントロール、テキスト ボックス コントロールの場合、または日付、時刻、または日付と時刻のデータ型を持つ式ボックス コントロールに対してのみ日付と時刻の表示方法を指定できます。

注: InfoPath でフォーム テンプレートをデザインする際に、ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする特定の互換モードを選択できます。InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーに発行し、[ブラウザー対応ブラウザー互換フォーム テンプレートがある場合は、フォーム テンプレートに基づくフォームを Web ブラウザーで表示できます。ブラウザー互換フォーム テンプレートは、同じコントロール内の日付と時刻の表示をサポートしていません。2 つの別々 のコントロールでは、日付と時刻を表示するにこの手順の最後に「日付と時刻を別々 のコントロールを表示」手順を参照します。

  1. 日付選択コントロール、テキスト ボックス、または式ボックス コントロールの書式を設定するデータをダブルクリックします。

  2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックス コントロールと日付選択コントロールを使用している場合は、データ] タブをクリックします。

    • 式ボックス コントロールを使用している場合は、[全般] タブをクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックス コントロールまたは日付選択コントロールでは、データの入力] ボックスの一覧が適切なデータ型を表示することを確認し、[書式設定] をクリックします。

    • 式ボックス コントロールのとして書式設定] ボックスの一覧が適切なデータ型を表示していることを確認し、[書式設定] をクリックします。

  4. [データ型の書式設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 日付だけを表示するコントロールの書式を設定するには、次のような日付を表示] の一覧で希望する表示スタイルを選択します。

    • 時刻のみを表示、コントロールの書式を設定するには、次のような時間を表示] の一覧で希望する表示スタイルを選択します。

    • 日付と時刻の両方を表示するコントロールの書式を設定するにはの日付の一覧で、次のような日付を表示する表示スタイルを選択し、[次のような時間を表示] の一覧に使用する表示スタイルを選択します。

      注: アスタリスクの表示スタイルは、現在のユーザーのシステムの設定で指定された形式を反映するように更新されます。

  5. ロケールの日付を変更して、時間の設定] には、[ロケール] ボックスの一覧で国または地域を選択します。

ブラウザー互換フォーム テンプレートは、同じコントロール内の日付と時刻の表示をサポートしていません。コントロールを個別に日付と時刻を表示するのにには、次の手順を使用します。

コントロールを個別に日付と時刻を表示します。

作業を開始する前に、フォーム テンプレートに 2 つのコントロールが含まれていると、両方のコントロールがデータ ソース内の同じフィールドにバインドされていることを確認してください。

  1. 日付選択コントロール、テキスト ボックス、または式ボックス コントロールを使用して日付を表示する] をダブルクリックします。

  2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックス コントロールと日付選択コントロールを使用している場合は、データ] タブをクリックします。

    • 式ボックス コントロールを使用している場合は、[全般] タブをクリックします。

  3. データの入力] ボックスの一覧が日付と時刻のデータ型を表示することを確認し、[書式設定] をクリックします。

  4. リスト、日付と時刻の書式設定] ダイアログ ボックスで次のような日付を表示する表示スタイルをクリックします。

  5. 一覧で、次のような時間を表示する(時間を表示しない)] をクリックします。

  6. [OK] を 2 回クリックします。

  7. 日付選択コントロール、テキスト ボックス、または式ボックス コントロールを使用して時間を表示するフォーム テンプレートをダブルクリックします。

  8. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックス コントロールと日付選択コントロールを使用している場合は、データ] タブをクリックします。

    • 式ボックス コントロールを使用している場合は、[全般] タブをクリックします。

  9. データの入力] ボックスの一覧が日付と時刻のデータ型を表示することを確認し、[書式設定] をクリックします。

  10. リスト、日付と時刻の書式設定] ダイアログ ボックスで次のような日付を表示するには、 (日付を表示しない)をクリックします。

  11. 一覧で、次のような時間を表示する表示スタイルをクリックします。

  12. ロケールの日付を変更して、時間の設定] には、[ロケール] ボックスの一覧で国または地域を選択します。

    注: 英語 (アメリカ合衆国) 以外のロケールを選択する場合は、一部の日付形式が使用できないユーザー フォームに入力する Web ブラウザーを使用している場合。たとえば、14-火星-01 日付の形式では、フランス語 (ベルギー) のロケールでサポートされていません。サポートされていない日付形式を使用していないことを確認するには、フォーム テンプレートを発行する前に互換性チェックを実行します。

ページの先頭へ

小数点以下の桁数を指定します。

テキスト ボックス コントロールを 10 進数データ型を持つまたは式ボックス コントロールを 10 進数として書式設定されるに表示される小数点以下の桁数の数を指定できます。表示されている値だけとデータ ソースに保存されている値は小数点の桁数を変更する影響を与えます。

  1. テキスト ボックス コントロールまたは式ボックス コントロールの書式を設定するデータをダブルクリックします。

  2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックス コントロールを使用している場合は、[データ] タブをクリックします。

    • 式ボックス コントロールを使用している場合は、[全般] タブをクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックスのデータ型のリストが適切なデータ型を表示することを確認し、[書式設定] をクリックします。

    • 式ボックスは、として書式設定] ボックスの一覧が適切なデータ型を表示していることを確認し、[書式設定] をクリックします。

  4. その他のオプション] で [小数点以下の桁数] ボックスの一覧で、次のいずれかの操作を行います。

    • 固定小数点数を表示するには、小数点以下の桁数を選択します。

    • ユーザーがコントロールに入力する小数点以下の桁数を表示するには、[自動] をクリックします。

ページの先頭へ

変更方法の負の数値が表示されます

式ボックス コントロールのまたは負の数が 10 進数または全体の数値データ型を持つテキスト ボックス コントロールに対してのみ表示する方法を指定した 10 進または全体を表示します。

  1. テキスト ボックス コントロールまたは式ボックス コントロールの書式を設定するデータをダブルクリックします。

  2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックス コントロールを使用している場合は、[データ] タブをクリックします。

    • 式ボックス コントロールを使用している場合は、[全般] タブをクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックスのデータ型のリストが適切なデータ型を表示することを確認し、[書式設定] をクリックします。

    • 式ボックスは、として書式設定] ボックスの一覧が適切なデータ型を表示していることを確認し、[書式設定] をクリックします。

  4. [その他のオプション] で、次のように負の数値の表示リストでは、使用する表示スタイルを選択します。

ページの先頭へ

追加または数値をパーセンテージで書式を削除します。

パーセンテージで表示] ボックスに入力された数値が表示されるよう、テキスト ボックス コントロールまたは式ボックス コントロールを書式設定できます。この書式設定は、フォーム内の値を表示する方法と、値を保存する方法に影響します。パーセンテージ書式を持つコントロールに入力される任意の値が達成率の値として扱われますことになります。

注: 

  • InfoPath では、パーセンテージとして書式設定する数値をパーセント記号と特殊文字は追加されません。コントロールのラベルにパーセント記号を追加するには、パーセント記号を表示するには、場所をクリックし、し%を入力します。

  • 10 進数データ型を持つ、テキスト ボックス コントロールにのみ、または 10 進数として書式設定する式] ボックスのコントロールにパーセンテージの書式を追加することができます。

  1. テキスト ボックス コントロールまたは式ボックス コントロールの書式を設定するデータをダブルクリックします。

  2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックス コントロールを使用している場合は、[データ] タブをクリックします。

    • 式ボックス コントロールを使用している場合は、[全般] タブをクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックスのデータ型のリストが適切なデータ型を表示することを確認し、[書式設定] をクリックします。

    • 式ボックスは、として書式設定] ボックスの一覧が適切なデータ型を表示していることを確認し、[書式設定] をクリックします。

  4. 10 進数の書式設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 数値をパーセンテージで書式を設定するには、パーセンテージをクリックします。

    • パーセントの書式を削除するには、番号をクリックします。

ページの先頭へ

追加または数値に桁区切り記号を削除します。

10 進または整数の数値では 10 進数または全体の数値のデータ型では、テキスト ボックス コントロールまたは式ボックス コントロールの書式設定される桁区切り記号を追加できます。選択したロケールによって、区切り記号はつまたは 3 つ未満の数字を区切ります可能性があります。追加または削除する桁区切り記号のみ表示されている値のデータ ソースに保存されている値に影響します。

  1. テキスト ボックス コントロールまたは式ボックス コントロールの書式を設定するデータをダブルクリックします。

  2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックス コントロールを使用している場合は、[データ] タブをクリックします。

    • 式ボックス コントロールを使用している場合は、[全般] タブをクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックスのデータ型のリストが適切なデータ型を表示することを確認し、[書式設定] をクリックします。

    • 式ボックスは、として書式設定] ボックスの一覧が適切なデータ型を表示していることを確認し、[書式設定] をクリックします。

  4. [データ型の書式設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 数値に桁区切り記号を追加するには、桁区切り記号と特殊文字を使う] チェック ボックスで、[その他のオプション] でを選択します。

    • 番号から桁区切り記号を削除するには、桁区切り記号と特殊文字を使う] チェック ボックスで、[その他のオプション] でをオフにします。

ページの先頭へ

追加または通貨記号を削除します。

10 進または整数の数値では、10 進数または全体の数値データ型、テキスト ボックス コントロールまたは式ボックス コントロールの書式設定される通貨記号と特殊文字を追加できます。追加または削除する通貨記号と特殊文字は表示される値にだけであり、データ ソースに保存されている値に反映されます。

  1. テキスト ボックス コントロールまたは式ボックス コントロールの書式を設定するデータをダブルクリックします。

  2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックス コントロールを使用している場合は、[データ] タブをクリックします。

    • 式ボックス コントロールを使用している場合は、[全般] タブをクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • テキスト ボックスのデータ型のリストが適切なデータ型を表示することを確認し、[書式設定] をクリックします。

    • 式ボックスは、として書式設定] ボックスの一覧が適切なデータ型を表示していることを確認し、[書式設定] をクリックします。

  4. [データ型の書式設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 通貨記号を追加するには、通貨をクリックし、通貨の一覧で表示する通貨の種類を選択します。

    • 通貨記号を削除するには、番号をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×