既知の問題 - Mac 版 Skype for Business

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

更新日:   2018年8月22日

追加または更新された最新の問題

サーバーの更新

Skype for Business server 2015 CU4 (ビルド9319.272 以降)またはLync server 2013 CU8 HF1 (ビルド8309.973 以降)を使用しない場合、 Mac での Skype for Businessはサーバー側でのモビリティの有効化が必要です。ビルド9317.272 または8309.973 以降に更新すると、モビリティを可能にする必要がなくなります。

これらの更新は、「Skype for Business Server 2015 の更新」と「Lync Server 2013 の更新」でダウンロードできます。

詳細については、「よく寄せられる質問-Skype for Business for Mac」を参照してください。

既知の問題

問題

コメント

Outlook との統合

Mac 版 Skype for Business と Outlook の統合の要件:

  • Mac 版 Outlook のバージョン 15.28 以降が必要です。

  • Skype for Business が動作中である必要があります。

  • 同じユーザー アカウントで Outlook と Skype for Business にサインインする必要があります。

連絡先がプレゼンスを示さない場合、オンライン会議がスケジュールできない場合、あるいは会議の出席依頼にダイヤルイン情報がない場合の Outlook 統合のトラブルシューティング:

  1. ユーザー アカウントが Outlook と Skype for Business で同じであることを確認します。

  2. Outlook を再起動します。

  3. Mac での Skype for Business を再インストールします。

  4. Lync 2011 のクリーンアンインストールを実行します。詳細については、「Lync for Mac 2011 のクリーンアンインストールを実行する方法」を参照してください。

  5. Skype for Business が動作中でサインインされていることを確認します。

Outlook 2016 for Mac では、ユーザーの Skype for Business プレゼンスが表示されない

同じ mac デバイスに lync for mac 2011 がインストールされている場合は、lync for mac で構成が変更されている可能性があります。Mac での Skype for Businessを再インストールすることをお勧めします。

Skype ディレクトリを検索できない

Mac での Skype for Businessユーザーは Skype ディレクトリを検索できません。ただし、組織ではこの機能を有効にしています。ただし、 Mac での Skype for Businessユーザーが skype ユーザーの Microsoft アカウントを知っている場合は、skype ユーザーと通信できます。 「 Skype for Business で連絡先を追加する」を参照してください。

並列インストール

Skype for Business と Lync の並列インストールは Mac ではサポートされません。Skype for Business をインストールする前に Lync for Mac 2011 の完全アンインストールを実行することをお勧めします。

Skype for Business にサインインできない

一部の Lync プロファイルは、 Mac での Skype for Businessプロファイルとは異なる場合があり、不一致が発生する可能性があります。詳細については、「Lync for Mac 2011 のクリーンアンインストールを実行する方法」を参照してください。

モバイル機能ポリシーが必要

Skype for Business server 2015 CU4Lync server 2013 CU8 HF1のリリースにより、 Mac での Skype for Businessはデスクトップアプリケーションとしてサポートされます。つまり、Mac ユーザーに割り当てられているモビリティポリシーを使用する必要はありません。これらのサーバーが更新されるまで、サーバー側でのモビリティの有効化が必要です。

会議の出席依頼に 1 つのダイヤルイン番号だけが表示される

修正: Outlook 2016 for Mac ビルド 15.32 以降に更新します。

単一またはタブ形式のウィンドウ エクスペリエンスが利用できない

デフォルトでは、トポロジが次の要件を満たす場合、すべての会話が単一またはタブ形式のウィンドウに表示されます。ただし、サーバー側の会話履歴が有効になっているかどうかをクライアントが検出できず、デフォルトの単一ウィンドウ ビューに戻らない場合があります。これは環境設定で設定を更新することによって解決できます。

単一/タブ形式のウィンドウのエクスペリエンスに関する要件:

  • Skype for Business Online または Skype for Business Server 2015

  • サーバー側会話履歴の有効化

単一ウィンドウ モードが利用できない場合のトラブルシューティングとして、次のことを確認してください。

  • [環境設定]、[一般] の順に選択した場合に表示される [会話を個別のウィンドウに表示する] チェック ボックスがオフになっている。

100 件を超える連絡先を持つ配布グループを追加すると、100 件の連絡先のみが表示される

対応策: 配布グループの全メンバーの一覧を表示するには、Outlook でグループを展開します。

連絡先の検索の制限

Mac search には、個人用 Outlook 連絡先、フェデレーション連絡先、Skype コンシューマーの連絡先が表示されないという既知の制限があります。ローカルの Active Directory でのみ連絡先を表示することができます。

Windows 版 Skype for Business クライアントでのデスクトップ表示

Windows 版の Skype for Business クライアントと Mac 版の Skype for Business クライアントとの間のピア ツー ピア セッション中で、Mac 版の Skype for Business クライアントによって共有が開始されると、Windows 版の Skype for Business クライアントは Mac ユーザーのデスクトップを表示できなくなります。Windows オンプレミス ユーザー向けのこの Skype for Business シナリオでは、デスクトップ表示は現在サポートされていません。

対応策: ユーザーは電話会議に参加するか「今すぐミーティング」を使うことができます。

PSTN 電話会議情報が Outlook for Mac で見つからない

Outlook for Mac でオンライン会議をスケジュール設定するときに PSTN 電話会議情報が見つかりません。

対応策: この問題を解決するには、次の手順で Outlook の設定を削除する必要があります。

  1. Outlook for Mac を終了します。

  2. ターミナルを開きます。

  3. 次を入力します。defaults delete com.microsoft.Outlook OnlineMeeting

  4. Outlook for Mac を開始します。

Mac での Skype for Business でサイン インに失敗する

(Skype for Business Server Online、Exchange Server Online、WIASupportedUserAgents-Mozilla/5.0 に対して有効に設定された ADFS 3.0 および WIA 認証でのオンプレミス ID 管理)

対応策:

  1. Mozilla/5.0 を、AdfsProperties の WIASupportedUserAgents パラメーターから削除します。原則的に、次を行う必要があります。

    1. Get-AdfsProperties | select wiasupporteduseragents を実行して、出力を取得します。

    2. その出力から Mozilla/5.0 のみを削除します。

    3. 手順 b の出力で、Set-AdfsProperties -WIASupportedUserAgents を実行します。

  2. 以前の Lync for Mac 2011 を使用するように戻ります。

注: Mac での Skype for Business はその基本部分として存在する ADAL ライブラリによって、ユーザー エージェントが Mozilla/5.0 (これをアプリから設定するオプションはありません) として表されます。Windows 統合認証は一般的に Windows クライアントに対してのみ使用されるものであり、Mac での ADAL ライブラリによってはサポートされません。

代理人管理を含む連絡先管理は、UCS が無効になっているSkype for Business Server 2015でのみサポートされます。

Skype for Business Server 2015のユーザーは、Exchange の統合連絡先ストア (UCS) のSkype for Business管理者によってユーザーアカウントが有効になっている場合、 Skype for Businessの連絡先リストを変更することはできません。ユーザーがLync Server 2013でホストされている場合、連絡先管理はサポートされていません。ユーザーは Outlook の連絡先リストに変更を加えることができます。代理人管理は、SEFAUtil 管理ツールを使用して Lync またはSkype for Business管理者が行うことができます。

現在サポートされている連絡先管理は、UCS が無効になっているSkype for Business Server 2015のみです。

強化された 911 (E-911) のサポート

Mac での Skype for Businessからの911緊急通話のサポートには、オンプレミスのサーバーに対する次の要件があります。

  • Mac での Skype for Businessバージョン16.11 以降。

  • Skype for Business Server 2015、 12 月2017更新または Lync Server 2013、11月2016更新プログラム (CU8 HF1)。

  • Enable911 in CsPlatformServiceSettings は true である必要があります。

  • West セーフティサービスのお客様: 緊急ゲートウェイバージョン5.4。

  • ユーザーの位置ポリシーの EnhancedEmergencyServicesEnabled プロパティが有効になっているか、または

  • EnhancedEmergencyServicesEnabled プロパティは、ユーザーが接続されているサブネットのネットワークサイトに適用されている場所ポリシーで有効になります (Skype for Business Server 2015、 7 月2018更新プログラムが必要です)。

配布リストに送信されない緊急通話のインスタントメッセージング (IM) 通知

Skype for Business Server 2015のユーザーの場合は、 Mac での Skype for Businessから配布リストへの緊急通話の IM 通知を送信します (場所ポリシーの通知 URI によって指定されています)、 7 月2018更新プログラムが必要です。

Outlook で、フェデレーションされていない組織から会議に参加できない

ユーザーは、Outlook の参加リンクをクリックしたときに、組織とフェデレーションされていない別の組織から会議に参加できません。

回避策: アプリ内の [ 会議] タブから会議に参加します (バージョン16.11.149 以降)。

大きな PowerPoint ファイルを会議で共有することはできません。

30 MB を超える PowerPoint ファイルは、 Mac での Skype for Businessの会議で共有できません。

回避策: コンピューター上で PowerPoint ファイルを開き、会議で画面を共有します。

このリリースで利用できない機能

Skype for Business Server 2015 をご利用の場合は「Skype for Business Server 2015: クライアントの比較表」の「Mac 版 Skype for Business」列をご覧ください。

Lync Server 2013 をご利用の場合は「Lync Server 2013: クライアントの比較表」の「Mac 版 Skype for Business」列をご覧ください。

関連トピック

Skype for Business for Mac の新機能
skype for business の Office インサイダーリリース for Mac
skype for business のサポート

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×