既定の SharePoint グループ

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

既定の SharePoint グループは、サイト コレクションを作成すると自動的に作成されます。既定のグループは、SharePoint の既定のアクセス許可レベル (SharePoint ロールと呼ばれることもあります) を使って、ユーザーに権限とアクセスを提供します。これらのグループのアクセス許可レベルは、ユーザーに必要な共通のアクセス レベルを表します。グループは、SharePoint サイトにユーザーを初めて追加するのに適しています。

管理者は、特定のビジネス ニーズにいっそう適した追加グループを作成できます。SharePoint セキュリティ グループを設計して使う方法は、サイトとサイト コンテンツのセキュリティに影響する重要な決定事項です。

理解して、SharePoint の権限の設定の情報へのリンクを紹介します。

既定の SharePoint グループのアクセス許可レベル

SharePoint グループを使うと、アクセス管理を各ユーザーに対して個別に行うのではなく、一連のユーザーに対してまとめて行えるようになります。通常、SharePoint グループは多くの個別ユーザーで構成されます。また、Office 365 で作られた Windows Active Directory セキュリティ グループを保持することも、個別ユーザーとセキュリティ グループの組み合わせにすることもできます。

各 SharePoint グループにはアクセス許可レベルがあります。権限レベルは、単に、個別のアクセス許可 (「開く」、「表示する」、「編集する」、「削除する」など) の集合です。グループのすべてのユーザーには、グループの権限レベルが自動的に割り当てられます。組織の複雑さやニーズに応じて、ユーザーを任意の数のグループにまとめることができます。

各サイト テンプレートには、一連の SharePoint グループが関連付けられています。サイトを作成するとき、サイト テンプレートを使うと、そのサイトに適した SharePoint グループのセットが自動的に作成されます。グループの具体的なコレクションは、選ぶテンプレートの種類に依存します。

たとえば、次の表では、パブリック Web サイトおよびチーム サイトに対して作成されるグループとアクセス許可レベルを示します。

SharePoint グループ

既定のアクセス許可レベル

パブリック Web サイトへの適用

チーム サイトへの適用

承認者

承認

あり

なし

デザイナー

デザイン、制限付きアクセス

あり

なし

階層管理者

階層の管理

あり

なし

<サイト名> のメンバー

編集

あり

あり

<サイト名> の所有者

フル コントロール

あり

あり

<サイト名> の閲覧者

読み取り

あり

あり

制限付き閲覧者

制限付き読み取り

あり

なし

スタイル リソース閲覧者

制限付きアクセス

あり

なし

簡易展開ユーザー

投稿

あり

なし

翻訳管理者

制限付きアクセス

あり

なし

SharePoint グループのお勧めの用途

次の表では、標準のサイト テンプレートを使ってサイトを作成すると作成される SharePoint グループについて説明します。また、各グループのお勧めの使い方も示します。

グループ名

アクセス許可レベル

このグループの使用目的:

承認者

承認

このグループのメンバーは、ページ、リスト アイテム、ドキュメントを編集、承認できます。

デザイナー

デザイン

このグループのメンバーは、サイト内のリスト、ドキュメント ライブラリ、ページを編集できます。 デザイナーは、マスター ページ ギャラリーでマスター ページとページ レイアウトを作成でき、またマスター ページと CSS ファイルを使用することでサイト コレクション内の各サイトの動作と外観を変更できます。

階層管理者

階層の管理

このグループのメンバーは、サイト、リスト、リスト アイテム、ドキュメントを作成できます。

所有者

フル コントロール

サイトの権限、設定、および外観を管理できる必要があるユーザー

メンバー

編集または投稿

サイトのコンテンツを編集できる必要があるユーザー。アクセス許可レベルは、サイトの作成に使われたサイト テンプレートによって決まります。

閲覧者

読み取り

サイトのコンテンツを編集はできないが表示できる必要があるユーザー

制限付き閲覧者

制限付き読み取り

バージョンまたは権限は表示できないが、ページとドキュメントを表示できるユーザー

スタイル リソース閲覧者

制限付き読み取り

スタイル ライブラリとマスター ページ ギャラリーへのアクセスが制限されているこのグループ内のユーザー

簡易展開ユーザー

投稿

簡易展開ジョブ (コンテンツの展開) のスケジュールを設定できるユーザー

閲覧者

表示のみ

コンテンツを表示できるが、コンテンツを編集またはダウンロードすることができないユーザー

特別な SharePoint グループ

また、特別な SharePoint グループは、指定されたサイト コレクションのすべてのサイトのフル コントロールを持つサイト コレクション管理者など、高度な管理作業をサポートします。

Office 365 ユーザー向けの社内管理者と、外部ユーザー以外のすべてのユーザーのグループ

社内管理者と、外部ユーザー以外のすべてのユーザーのグループには Office 365 の管理者とユーザーが含まれます。この 2 つのグループは、SharePoint サイト上の Office 365 ユーザーにアクセスを提供します。

外部ユーザー以外のすべて   Office 365 にユーザーを追加するときに、ユーザーは、外部ユーザー以外のすべてのメンバーを自動的になります。このグループは、投稿の既定のアクセス許可レベルを持っています。このグループに権限を付与するときに、Office 365 に追加するすべてのユーザーことができますを表示、追加、更新、および (グループの既定のアクセス許可レベルを変更する) いない場合は、リストとライブラリからアイテムを削除します。

社内管理者   社内管理者グループは、サイト コレクションの管理者の一覧に追加されます。このグループには、フル コントロールのアクセス許可レベルがあります。

社内管理者グループのメンバーシップを変更できますが、重要な注意が必要です。社内管理者グループのメンバーはサイト コレクションの管理者と Office 365 でのグローバル管理者であるため、そのグループの状態を変更する必要があります予期しない影響します。たとえば、サイト コレクションの管理者としての社内管理者を削除すると、グローバル管理者グループにフル コントロール権限がある不要になったことがあります。

重要: 権限を適切に構成しないうちに社内管理者グループやグローバル管理者グループを削除することは避けてください。これらのユーザーが、必要な操作を実行するのに必要なアクセス許可レベルを持っていることをご確認ください。これらのユーザーに適切なアクセス許可レベルがあることを確認しないと、SharePoint のセキュリティ設定が難しくなります。たとえば、サイト管理者がグループへのアクセスを設定できず、代わりにサイトへのアクセスをユーザーごとに許可しなければならなくなります。

サイト コレクションの管理者

SharePoint Online

オンプレミスの SharePoint

このグループを使えるかどうか

あり

あり

SharePoint サイトにはプライマリとセカンダリのサイト コレクション管理者がいます。自分がサイト コレクション管理者である場合は、サイト コレクション管理者をさらに指定できます。

これらのユーザーは、サイト コレクション全体の代表連絡先となります。サイト コレクション管理者は、サイト コレクション内のすべてのサイトのフル コントロールを持ち、すべてのサイト コンテンツを監査でき、すべての管理アラート メッセージを受け取ります。

オンプレミスの SharePoint では、サイトのインストール時に、サイト コレクション管理者を指定します。

SharePoint Online では、SharePoint Online の設定時に使用したアカウントが自動的にサイト コレクション管理者のものになります。SharePoint Online でサイト コレクション管理者をさらに追加する必要がある場合は、既存のサイト コレクション管理者か SharePoint Online 管理者がこれを実行できます。

SharePoint Online 管理者

SharePoint Online

オンプレミスの SharePoint

このグループを使えるかどうか

使える

既定では使えない

特別なインストールが必要

Office 365 Small Business と Office 365 Small Business Premium 以外の Office 365 の SharePoint Online プランを使っている場合は、SharePoint Online 管理者もあります。Office 365 グローバル管理者であれば、テナント管理サイトを閲覧し、使用する権限があります。SharePoint Online 管理者は、SharePoint Online サブスクリプションで使えるすべてのサイト コレクションの設定を管理します。

SharePoint Online 管理者は、次の作業をすべて実行できます。

  • ユーザー プロファイルおよび InfoPath Forms Services を構成する

  • 検索パラメーターを設定する

  • セキュア ストアおよび Business Connectivity Services を設定する

  • 用語ストアを作成する

  • レコード管理システムを定義する

  • クォータを監視する

  • 外部ユーザーを SharePoint Online サイトにアクセスするよう招待する機能を有効または無効にする

  • サイト コレクションを作成、更新、または削除する

  • サイト コレクションにプライマリおよびセカンダリ サイト コレクション所有者を割り当てる

オンプレミスの SharePoint を使っている場合、標準の SharePoint インストールを行っても、SharePoint Online 管理者または SharePoint Online 管理者サイトは提供されません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×