既定の DLP ポリシーの使用を開始する

独自のデータ損失防止 (DLP) ポリシーを初めて作成する前でも、DLP は既定のポリシーを使用して機密情報を保護することに役立ちます。この既定のポリシーとその推奨事項 (下図参照) は、クレジット カード番号を含むメールやドキュメントが組織外の第三者と共有された場合に通知することで、機密性の高いコンテンツをセキュリティで保護することに役立ちます。この推奨事項は、セキュリティ/コンプライアンス センターの [ホーム] ページに表示されます。

このウィジェットを使用して、機密情報が共有された時と回数をすばやく表示して、1、2 回クリックするだけで、既定の DLP ポリシーを調整することができます。また、既定の DLP ポリシーは完全にカスタマイズ可能であるため、いつでも編集できます。最初に推奨事項が表示されない場合は、[おすすめ] セクションの下部にある [+ 詳細] をクリックしてみてください。

共有コンテンツのさらなる保護という名前のウィジェット

レポートを表示して既定の DLP ポリシーを調整する

ウィジェットにユーザーが機密情報を組織外のユーザーと共有したことが表示されたら、下部にある [DLP ポリシーの見直し] を選びます。

詳細なレポートには、過去 30 日間でクレジット カード番号を含むコンテンツが共有された時と回数が示されます。ルールの一致がウィジェットに表示されるようになるまで、最大で 48 時間かかることに注意してください。

機密情報の保護を支援するため、既定の DLP ポリシーでは次のことが行われます。

  • 1 つ以上のクレジット カード番号を含む、Exchange、SharePoint、および OneDrive のコンテンツが組織外のユーザーと共有された時を検出します。

  • ポリシー ヒントを表示し、ユーザーがこの機密情報を組織外のユーザーと共有しようとしたときに、ユーザーに通知メールを送信します。これらのオプションの詳細については、「メール通知を送信して、DLP ポリシーのポリシーのヒントを表示する」を参照してください。

  • 組織外のユーザーとコンテンツを共有しているユーザーおよびその共有を行った日時などの情報を追跡できるように、詳細なアクティビティ レポートを生成します。この情報は、DLP レポートおよび監査ログ データ(ここでアクティビティ = DLP) を使用して確認することができます。

既定の DLP ポリシーをすばやく調整するため、ポリシーで次のことを実行するように選択できます。

  • ユーザーがこの機密情報を組織外のユーザーと共有している場合にインシデント レポート メールを送信する。

  • その他のユーザーをメール インシデント レポートに追加する。

  • 機密情報を含むコンテンツへのアクセスをブロックするが、必要な場合はユーザーにオーバーライド、共有、送信を許可する。

インシデント レポートやアクセス制限の詳細については、「データ損失防止ポリシーの概要」を参照してください。

これらのオプションを後で変更したい場合は、いつでも既定の DLP ポリシーを編集できます。次のセクションを参照してください。

共有コンテンツのさらなる保護という名前のウィジェットの設定

既定の DLP ポリシーの編集

このポリシーは、Office 365 の既定の DLP ポリシーという名前で、セキュリティ/コンプライアンス センターの [ポリシー] ページの [データ損失防止] の下に表示されます。

このポリシーはすべてカスタマイズできます (自分で最初から作成する任意の DLP ポリシーと同じです)。ユーザーがポリシー ヒントやメール通知を受け取らないようにするため、ポリシーをオフまたは削除することもできます。

Office 365 DLP の既定のポリシーという名前の DLP ポリシー

ウィジェットが表示される場合と表示されない場合

セキュリティ/コンプライアンス センターの [ホーム] ページの [おすすめ] セクションに、共有コンテンツの保護を強化という名前のウィジェットが表示されます。

このウィジェットは、次の場合にのみ表示されます。

  • セキュリティ/コンプライアンス センターまたは Exchange 管理センターにデータ損失防止ポリシーがない場合。このウィジェットは、DLP の使用の開始を支援することを目的としているため、DLP ポリシーが既にある場合には表示されません。

  • 過去 30 日間で、1 つ以上のクレジット カードを含むコンテンツが、組織外の第三者と共有された場合。

ルールの一致がウィジェットで使用可能になるまで、最大で 48 時間かかるため、外部との機密情報の共有が検出されてから推奨事項が表示されるまで、最大 2 日かかる場合があることに注意してください。

最後に、ウィジェットを使用して既定の DLP ポリシーを調整すると、ウィジェットは [ホーム] ページに表示されなくなります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×