既定の個人用サイトを設定または変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office SharePoint Server 2007 において個人用サイトは、コンテンツおよび情報を一元的に格納、提示、表示、管理できる専用の場所です。Microsoft Office 2003 プログラムと 2007 Microsoft Office system のプログラムを統合するには、個人用サイトの既定の場所を設定する必要があります。ネットワーク上の個人用サイトの既定の場所を変更することも可能ですが、この変更によって生じる影響を理解しておくことは大切です。

目的に合ったトピックをクリックしてください

既定の個人用サイトを設定します。

既定の個人用サイトを変更します。

既定の個人用サイトを設定する

[個人用サイト] を最初にクリックしたときには、個人用サイトおよびその URL が作成されます。これにより、個人用サイトを使用して、自分自身に関する情報 (たとえば、スキル、役割、仕事仲間との関係、所属先グループ/配布リスト) を提供することができます。

Microsoft Office 2003 および 2007 Microsoft Office system プログラム (たとえば、Outlook や Word) は個人用サイトと直接にやり取りすることができます。これにより、自動的にドキュメントを保存して Microsoft Office プログラムから直接開くことができます。Microsoft Office との接続をセットアップするには、ドキュメントおよびその他の情報が交換されている個人用サイトの URL を検証する必要があります。この URL 検証は、既定の個人用サイトを設定して実施します。

  • [Microsoft Office 向け個人用サイトの構成] ダイアログ ボックスで URL を確認し、その URL が企業ネットワーク上の信頼されている場所であることを確認して、[はい] をクリックします。

  • 既定の個人用サイトの設定をキャンセルするには、[いいえ] をクリックします。後で、個人用サイトのホームページの [既定の個人用サイトとして設定] リンクを使用して、既定の個人用サイトを設定することもできます。

ページの先頭へ

既定の個人用サイトを変更する

Microsoft Office が個人用サイトとの通信に使用できる URL は 1 つだけです。既定のサイトの設定が済んでいない場合は、個人用サイトのホームページ上の [既定の個人用サイトとして設定] リンクを使って、既定のサイトを設定してください。

ネットワークによっては、[個人用サイト] をクリックしたときに、[Microsoft Office 個人用サイトの構成] ダイアログ ボックスで、既定の個人用サイトとして認識されていないというメッセージが表示される場合があります。既定の個人用サイトを新しい URL に変更するかどうかを決定するように要求されます。

既定の個人用サイトを変更した場合は、次の処理が行われます。

  • 新規の URL が、個人用サイトの場所として設定されます。

  • Microsoft Office 2003 および 2007 Microsoft Office system プログラムは、新しい場所にドキュメントを保存して開くために自動的にリダイレクトされます。

  • 以前の個人用サイトの場所にあるドキュメントおよびリンクは、移動するまでその場所に残ります。

Microsoft Office 向け個人用サイトの構成

[Microsoft Office 向け個人用サイトの構成] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

既定の個人用サイトの URL を変更する

ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。

警告: [はい] をクリックする前に、新しい URL が企業ネットワークの信頼された場所であることを確認してください。

現在の既定の個人用サイトの場所は、そのまま使用してください。

[いいえ] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×