既定のマスタ ページを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

マスタ ページには、サイトのすべてのページに必要な外観が収められています。マスタ ページのスタイルや内容を変更すると、サイト全体の外観をすばやくカスタマイズできます。

このトピックでは、Default.master のコピーの作成、サイト内のスタイルの変更、コンテンツ プレースホルダの変更のそれぞれの方法について、その後、サイト内で Default.master が適用されているすべてのページに新しいマスタ ページを適用する方法について説明します。

この記事の内容

始める前に

Default.master のコピーを見つけて

識別し、スタイルを変更します。

別のアプリケーションを特定して、コンテンツ プレース ホルダーを変更する.

新しいコンテンツ領域を追加します。

新しいマスター ページを適用します。

始める前に

最初にWindows SharePoint Services 3.0サイトを開くと、Default.master という名前の 1 つの既定のマスター ページは、サイト内のすべてのページに適用されます。サイト全体のこの既定のマスター ページを変更するには、 Microsoft Office SharePoint Designer 2007のデザイン ツールを使用します。Default.master の変更が最適ですがこのマスター ページが既にほぼすべてのニーズを満たしているし、変更する場合。

ページの先頭へ

Default.master を検索しコピーする

既定のマスタ ページは、マスタ ページ ギャラリー内に保存されています。Office SharePoint Designer 2007 では、マスタ ページ ギャラリーは masterpage フォルダであり、[フォルダ一覧] の _catalogs フォルダ内にあります。

[フォルダ一覧] の Default.master

ヒント: コンテンツ ページに適用されているマスタ ページの名前と場所は、コンテンツ ページの右上隅のマスタ ページ インジケータで検索できます。

現在のページに適用されているマスタ ページを含むパス

作成した新しいマスタ ページは同じフォルダに保存するようにしてください。同じフォルダに保存することで、サイトのすべてのマスタ ページを 1 か所で簡単に検索および管理できます。

通常 Default.master を直接変更するのではなく、Default.master のコピーを作成することをお勧めします。ただし、Default.master を直接変更を実行して行った変更内容に満足していない場合は、Default.master をサイト定義にリセットできます常にします。詳細については、「サイト定義にカスタマイズされたページを再設定する」を参照してください。

Default.master のコピーを作成するには、以下の操作を行います。

  1. [フォルダ一覧] で Default.master を右クリックし、[コピー] をクリックします。

  2. masterpage フォルダを右クリックし、[貼り付け] をクリックします。

[フォルダ一覧] の既定のマスタ ページのコピー

Default_copy (1) .master という名前の新しいマスター ページが表示されます。これで、変更し、[このページの名前を変更できます。マスター ページをコピーすると、すべてのコンテンツを元のマスター ページに適用されているページ-Default.master ここでは、コピー元のマスター ページをし接続したままです。コピーして Default.master をカスタマイズして後、は、すべてのサイトのコンテンツのページに適用できます。新しいマスター シェイプを適用する方法の詳細については、適用する新しいマスター ページを参照してください。

ページの先頭へ

スタイルを特定し変更する

マスタ ページで使用されるスタイルを特定し、変更する場合は、Office SharePoint Designer 2007 の CSS ツールを使用できます。たとえば、ページの背景色を変更する場合には、まず背景色が定義されているスタイルを特定し、そのスタイルを変更し、希望する背景色を適用します。

  1. スタイルを変更する default_copy(1).master をクリックします。

    注: デザイン ビューに表示される一部のコンテンツ領域には、スタイルが適用されていません。このため、[スタイルの適用] 作業ウィンドウに対応するスタイルが表示されません。たとえば、コンテンツ プレースホルダを選択した場合、[スタイルの適用] 作業ウィンドウにはスタイルが表示されません。コンテンツ プレースホルダは、<td> タグなどの HTML 要素内では表示されます。

  2. [スタイルの適用] 作業ウィンドウが表示されない場合、[作業ウィンドウ] メニューの [スタイルの適用] をクリックします。

  3. [スタイルの適用] 作業ウィンドウで、[オプション] をクリックし、[選択範囲で使用されているスタイルを表示] をクリックします。

    各スタイルの適用された領域にカーソルを合わせると、青く縁取られ、アウトライン内にスタイルのプレビューが表示されます。

    次の図では、デザイン ビューで div.ms-titleareaframe が選択されています。[スタイルの適用] 作業ウィンドウに、div.ms-titleareaframe に適用された 3 つのスタイルが表示されます。先頭のスタイル Div.ms-titleareaframe は、背景色を定義しています。

    注: スタイルは大文字と小文字を区別するため、大文字で始まる Div.ms-titleareaframe は小文字で始まる div.ms-titleareaframe と異なります。

    デザイン ビューで選択された Div.ms-titleareaframe の対応するスタイルが、[スタイルの適用] 作業ウィンドウに表示される

    1. Div.ms-titleareaframe がデザイン ビューで選択されます。

    2. div.mstitleareaframe に適用された 3 つのスタイルが [スタイルの適用] 作業ウィンドウに表示されます。

  4. スタイルを変更するを右クリックし、[ X のインスタンスをすべて選択] が [ページのスタイルが適用されているインスタンスの数] をクリックします。

    この例では、先頭のスタイル Div.ms-titleareaframe を右クリックします。

  5. スタイルのすべてのインスタンスを選択した後、スタイルを再度右クリックし、[スタイルの変更] をクリックします。

  6. [スタイルの変更] ダイアログ ボックスで、必要な変更を行い、[OK] をクリックします。

    スタイルの変更] ダイアログ ボックスで、[カテゴリ] で、例をフォローするには、[背景] をクリックします。背景色] の一覧で 赤 ] をクリックし、[し、[ OK] をクリックします。

新しいスタイルがページに適用されます。

デザイン ビュー内の変更されたスタイル

マスタ ページの外観が希望どおりになるまで、引き続きスタイルを変更します。

注: いつでものマスター ページに加えた変更内容に満足がないことを場合は、サイト定義にリセットできます。詳細については、「サイト定義にカスタマイズされたページを再設定する」を参照してください。

SharePoint サイトのスタイルを変更して Core.css のローカル コピーを開くと、ローカル コピーを変更します。詳細については、「 SharePoint サイトにカスタム スタイル シートを適用する」を参照してください。

ページの先頭へ

コンテンツ プレースホルダを特定し変更する

既定では、Windows SharePoint Services 3.0 サイトの既定のマスタ ページである Default.master のほとんどのコンテンツは、ページでコーディングされません。コンテンツのほとんどは、コンテンツをサーバーから取得する ASP.NET SharePoint Web コントロールから提供されます。コンテンツ ページがブラウザで要求されると、このコンテンツはサーバーから取得され、ページに表示されます。たとえば、既定のホーム ページ (default.aspx) の左端の領域に表示されるテキスト "チーム サイト" は、サーバーからコンテンツを取得する ASP.NET コンテンツ プレースホルダ コントロールから提供されています。テキスト "チーム サイト" は、コード ビューの HTML タグ内には含まれていません。Office SharePoint Designer 2007 を使用すると、この文字をカスタム コンテンツに置き換えられます。

Default.master の既定のコンテンツ プレースホルダのほとんどは Windows SharePoint Services 3.0 (SharePoint リストおよびライブラリなど) の共同作業機能に必要なので、削除しないでください。ただし、Office SharePoint Designer 2007 で既定のコンテンツ プレースホルダを希望どおりの外観に変更することは可能です。たとえば、文字 "チーム サイト" を他の文字に置き換えられます。

  1. Default.master を開きます。

  2. [マスタ ページ] ツールバーを開くには、[表示] メニューの [ツールバー] をポイントし、[マスタ ページ] をクリックします。

  3. [マスタ ページ] ツールバーを使用して、変更するコンテンツ プレースホルダを見つけます。

    例に従って、[マスタ ページ] ツールバーの [領域] ボックスの右側の矢印をクリックし、[PlaceHolderSiteName] をクリックします。

  4. [チーム サイト] テキストをクリックしてプロジェクト プロパティを選択します。

    デザイン ビューで選択された PlaceHolderSiteName コンテンツ プレースホルダ内のプロジェクト プロパティ
    デザイン ビューで選択された PlaceHolderSiteName コンテンツ プレースホルダ内のプロジェクト プロパティ
  5. サイトの新しい名前を入力し、[ファイル] メニューの [保存] をクリックして変更内容を保存します。

    変更の保存により、サイト定義のページがカスタマイズされることを伝えるメッセージが表示されます。[はい] をクリックします。

    注: マスター ページに加えた変更の内容に満足しない場合は、常にサイト定義にリセットすることができます。詳細については、「サイト定義にカスタマイズされたページを再設定する」を参照してください。

見つけて、既定のコンテンツ プレース ホルダーを変更する方法の詳細については、「既定の SharePoint コンテンツ プレース ホルダーを変更する」を参照してください。

ページの先頭へ

新しいコンテンツ領域を追加する

コンテンツ プレースホルダの追加により、新しいコンテンツ領域をマスタ ページに追加できます。

注: コンテンツ プレースホルダは、他のコンテンツ プレースホルダ内に挿入することはできません。

  1. デザイン ビューでページを右クリックし、ショートカット メニューの [Microsoft ASP.NET コンテンツ領域の管理] をクリックします。

  2. [コンテンツ領域の管理] ダイアログ ボックスの [領域名] ボックスに、新しいコンテンツ領域の名前を入力し、[追加] をクリックします。

    例に従って、[領域名] ボックスに ContentPlaceHolder1 と入力します。

  3. [閉じる] をクリックします。

    新しいコンテンツ プレースホルダ ContentPlaceHolder1 が表示されます。

    デザイン ビューのコンテンツ プレースホルダ

注: マスター ページに加えた変更の内容に満足しない場合は、常にサイト定義にリセットすることができます。詳細については、「サイト定義にカスタマイズされたページを再設定する」を参照してください。

ページの先頭へ

新しいマスタ ページを適用する

新しいマスタ ページを作成した後、サイト全体の既定のマスタ ページに設定できます。

新しいマスタ ページを既定のマスタ ページに設定した場合、現在のバージョンの Default.master が適用されているすべてのページは、既にサイトに存在するページと、新しく作成した Default.master が適用されている新しいページも含めて、新しいマスタ ページに適用されます。

  • masterpage フォルダで、新しい既定のマスタとして使用するページを右クリックし、ショートカット メニューの [既定のマスタ ページとして設定] をクリックします。

    新しい既定のマスター ページに表示されないコンテンツの領域を含むページが壊れて表示されることを警告するメッセージが表示されます。新しい既定のマスター内のコンテンツ領域には、サイトのコンテンツ ページでコンテンツ領域が一致すると、[はい] をクリックします。コンテンツ領域とコンテンツ プレース ホルダーの詳細については、「コンテンツ プレース ホルダーの既定の SharePoint の変更」を参照してください。

注: マスタ ページが既にサイトの既定のマスタ ページに設定されている場合、[既定のマスタ ページとして設定] コマンドは使用できません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×