スキップしてメイン コンテンツへ

既存の数式に名前付き範囲を適用する

既存の数式に名前付き範囲を挿入することができます。これは、セル参照を名前付き範囲に置き換えて、数式の管理を容易にしたり、外観をわかりやすくしたりする場合に特に便利です。たとえば、次の例では、10% に設定した TaxRate という名前付き範囲を使用し、=D2*TaxRate を使って購入時の税の合計を計算できます。

適用されている名前付き範囲の例

注: 「数式に名前付き範囲を挿入する」に記載されている手順は、新しい数式を構築するときに名前付き範囲を挿入するための手順です。このトピックでは、既存の数式に範囲を挿入 (または名前付き範囲を適用) する方法について説明します。

  1. 数式が含まれているセルを選択します。

  2. [数式]、[名前の定義]、[名前の引用] の順に移動します。

  3. [名前の引用] ダイアログ ボックスで、挿入する名前付き範囲を選択します。

    重要: (適用中の) 名前付き範囲が 1 つのセルのみを参照していることを確認します。

  4. [OK] をクリックします。

関連項目

数式で名前を定義し使用する

Excel で名前付き範囲を作成する

Excel の数式に名前付き範囲を挿入する

Excel の名前マネージャーを使用する

Excel で [名前の重複] ダイアログ ボックスが表示される理由

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×