既存のフォーム テンプレートの更新についての概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

変更したフォーム テンプレートを発行するときに InfoPath フォーム テンプレート (.xsn ファイル) とは、フォーム テンプレートに基づく既存のフォーム (.xml ファイル) の両方を更新できます。既定では、InfoPath は最新バージョンで古いバージョンのフォーム テンプレートを自動的に置き換えられます。既存のユーザー フォームの希望の更新方法を選択することができます。

この記事の内容

InfoPath でフォーム テンプレートを更新する方法

ブラウザ対応フォーム テンプレートの更新の注意点について

既存のユーザー フォームでのデータ損失を防止する

既存のユーザー フォームの更新オプション

InfoPath でフォーム テンプレートを更新する方法

フォーム テンプレートに基づくフォームを最初にユーザーが開くと、その基になっているフォーム テンプレート ファイルがユーザーのコンピュータの一時的な場所に保存されます。この一時的な保存場所のことをキャッシュといいます。ユーザーがオフラインでフォーム テンプレートのローカル コピーを操作できるのは、主としてこのキャッシュによるものです。

InfoPath では、新しいバージョンのフォーム テンプレートが利用可能になるたびに、そのキャッシュ バージョンが更新されます。この更新は、ユーザーが新しいバージョンのフォームを開くたびに自動的に発生します。更新されたフォーム テンプレートを発行したときに、ユーザーがオフラインで作業中であった場合は、ユーザーが次回にネットワークに接続するときに更新が発生します。

通常、ユーザーは更新が発生していることに気付きませんが、フォーム テンプレートをデザインするときに、それ以外の設定もできます。

注: A custom installed form template is a form template that is installed on users' computers by means of a Microsoft Windows Installer (MSI) package or other Setup program. With this type of form template, you must manually reinstall the form template on users' computers each time you update it. The installation may happen automatically, through a program such as Microsoft Systems Management Server (SMS) 2003, through a desktop-to-desktop deployment, or through some kind of installation script.

ページの先頭へ

ブラウザ対応フォーム テンプレートの更新の注意点について

すべてのブラウザー対応フォーム テンプレートは、 InfoPath Forms Services、これはWindows SharePoint Services 3.0上に構築されたサーバー テクノロジを実行しているサーバーでホストされています。InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバー上のフォーム テンプレートをホストするための 2 つの展開モードがあります: エンドユーザーの展開と管理の展開のいずれかのいずれかです。ブラウザー対応フォーム テンプレートを更新すると、次の操作を検討してください。

  • 管理者承認済みフォーム テンプレートを更新する予定の場合は、更新されたフォーム テンプレートを発行し、それをサイト コレクションのフォーム ライブラリに配布するために、Windows SharePoint Services 3.0 のファーム管理者に渡す必要があります。サイト コレクションとは、同じ所有者を持ち、管理設定を共有している仮想サーバー上にある複数の Web サイトです。ファーム管理者が更新されたフォーム テンプレートを配布するときは、更新されたバージョンのフォームを元のバージョンと共に実行できるようにする、"並列" アップグレード オプションを指定できます。このアップグレード オプションにより、更新されたバージョンが配布されたときにフォームへの入力を行っているユーザーは、入力した内容を失うことなく、フォームの入力を終了することができます。

  • 自分が Windows SharePoint Services 3.0 ライブラリまたはリストに配布したフォーム テンプレートを更新する場合、そのフォーム テンプレートに基づいてフォームへの入力を行っているユーザーがフォームを保存または送信しようとすると、エラー メッセージが表示されます。このため、更新を行う際にユーザーに警告することと、ピーク時に更新を行う場合はフォーム テンプレートをオフラインにすることを検討してください。

ページの先頭へ

既存のユーザー フォームでのデータ損失を防止する

既存のフォーム テンプレートを更新する必要がある場合は、変更して、再発行し、ユーザーに配布できます。ただし、特定の種類の変更ができないように元のフォーム テンプレートをベースとする完成したフォーム内のデータにアクセスします。

データの損失やエラーを入力するフォームに表示されるフォーム テンプレートに変更を加えた場合は、メッセージが表示されます。追加すると、新しいフォーム テンプレートにまたは必須のフィールドの名前を変更するフォーム テンプレートからのフィールドまたはグループを削除するときに、このメッセージを表示よくされます。

フォーム デザイナーにデータ損失の可能性について警告するエラー メッセージ

[はい]をクリックして変更内容を続ける場合に、このメッセージを受信するとは、既存のフォームのデータへのアクセス後、更新されたフォーム テンプレートを発行することはできません。一部のシナリオで、受け入れ可能この可能性があります。自分の状況で動作するものを決定する必要があります。

既にユーザーから収集したデータにアクセスできるようにするために、ガイドラインに従って、元のフォーム テンプレートを変更する場合。

  • 既存のフィールドとデータ ソース内のグループの名前を変更しません。

  • データ ソースの既存のフィールドと周囲のグループを移動しません。

  • データ ソースから既存のフィールドおよびグループを削除しないでください。データ ソース内の対応するフィールドまたはグループのままにすると、問題を発生させることがなく、フォーム テンプレートからコントロールを削除できます。

ページの先頭へ

既存のユーザー フォームの更新オプション

既存のフォーム テンプレートを変更するときは、そのフォーム テンプレートに基づく既存のフォーム (.xml ファイル) で最新バージョンのフォーム テンプレートを使用できるようにするために、既存のフォームの更新が必要になることがあります。この更新により、ユーザーは問題なく既存のフォームを継続して操作できます。また、作成者はそれらのフォームで収集された任意のデータに引き続きアクセスできます。既存のフォームを更新するときは、次の 3 つの方法から選択できます。

  • フォームを自動的に更新する    InfoPath で自動的に既存のフォームを更新することができます。これは既定の設定です。この場合、既存のフォームは新しく更新されたフォーム テンプレートに一致します。たとえば、フォーム テンプレートでリスト ボックス コントロールを削除し、変更されたフォーム テンプレートを発行すると、既存のフォームからはリスト ボックス コントロールが自動的に削除されます。

  • コードを使用してフォームを更新する    技術的な経験を持っているユーザーは、OnVersionUpgrade イベントを処理するコードを記述することができます。このイベントが発生するのは、開いているフォームのバージョン番号が、そのフォームの基になっているフォーム テンプレートのバージョン番号よりも古い場合です。たとえば、経費明細書フォームでは、OnVersionUpgrade イベント ハンドラを使って、以前のバージョン番号に emailAddress というフィールドが含まれているかどうかを確認し、含まれていない場合は、そのフィールドをフォームに追加できます。OnVersionUpgrade イベントは、フォーム テンプレートの基になっている XML スキーマへの変更に対応する場合に役立ちます。

  • フォームを更新しないようにする    既存のフォームを更新しないようにすることもできます。この方法を選択すると、ユーザーは、更新されたフォーム テンプレートに基づくフォームを入力できますが、既存のフォームが開けなくなる場合があります。既存のフォームを開ける場合、新しく追加されたフィールドは編集できません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×