既存のフォーム テンプレートの更新についての概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

変更したフォーム テンプレートを発行するときに InfoPath フォーム テンプレート (.xsn ファイル) とは、フォーム テンプレートに基づく既存のフォーム (.xml ファイル) の両方を更新できます。既定では、InfoPath は最新バージョンで古いバージョンのフォーム テンプレートを自動的に置き換えられます。既存のユーザー フォームの希望の更新方法を選択することができます。

この記事の内容

InfoPath は、フォーム テンプレートを更新する方法

ブラウザー対応フォーム テンプレートの更新に関する考慮事項

既存のユーザー フォームでデータの損失を防ぐ

既存のユーザー フォームを更新するためのオプション

InfoPath は、フォーム テンプレートを更新する方法

ユーザーが最初に、フォーム テンプレートに基づくフォームを開いたとき、基になるフォーム テンプレート ファイルは、各自のコンピューターに一時的な場所に保存されます。この一時的な場所では、キャッシュと呼ばれます。特に、キャッシュの場所にしているユーザーは、フォーム テンプレートのローカル コピーを使用することができるオフラインことができます。

新しいバージョンが利用可能になったときにいつでも、InfoPath はフォーム テンプレートのキャッシュされたバージョンを更新します。この更新プログラムは、ユーザーは新しいバージョンのフォームを開くたびに自動的に行われます。ユーザーが更新されたフォーム テンプレートを発行するときにオフラインで作業する場合、更新プログラムは次に、ネットワークに接続するときに発生します。

ユーザー通常しないことを確認更新が行われている指定できますが、それ以外の場合、フォーム テンプレートをデザインする際にします。

注: カスタム インストールされたフォーム テンプレートは、Microsoft Windows インストーラー (MSI) パッケージまたはその他のセットアップ プログラムを使用して、ユーザーのコンピューターにインストールされているフォーム テンプレートです。この種類のフォーム テンプレートには、必要があります手動で再インストールするフォーム テンプレート ユーザーのコンピューターに更新するたびにします。プログラム Microsoft Systems Management Server (SMS) 2003 など、デスクトップのデスクトップに展開、またはインストール スクリプトのいくつかの種類をインストールが自動的に発生する可能性があります。

ページの先頭へ

ブラウザー対応フォーム テンプレートの更新に関する考慮事項

すべてのブラウザー対応フォーム テンプレートは、 InfoPath Forms Services、これはWindows SharePoint Services 3.0上に構築されたサーバー テクノロジを実行しているサーバーでホストされています。InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバー上のフォーム テンプレートをホストするための 2 つの展開モードがあります: エンドユーザーの展開と管理の展開のいずれかのいずれかです。ブラウザー対応フォーム テンプレートを更新すると、次の操作を検討してください。

  • 管理者承認済みフォーム テンプレートを更新する場合は、更新されたフォーム テンプレートを発行し、フォーム ライブラリ、サイト コレクション内に配置するため、 Windows SharePoint Services 3.0ファーム管理者に付与してする必要があります。サイト コレクションとは、Web サイトの所有者が同じであるし、管理の設定を共有する仮想サーバー上のセットです。更新したフォーム テンプレートを展開すると、ファーム管理者は、元のバージョンがある環境で実行するフォームの更新されたバージョンを「サイド バイ サイド」アップグレード オプションを指定できます。アップグレードは、このオプションは使用しているユーザーは自分の作業を維持したままで、フォームの入力を完了する更新バージョンを配置するときに、フォームの入力の中央にします。

  • 更新プログラムを配布した自分Windows SharePoint Services 3.0ライブラリまたはリストにフォーム テンプレートを発行する場合にそのフォーム テンプレートに基づくフォームの入力の中央に問題が発生しているユーザーがエラー メッセージが表示を保存または、f を送信するときorm します。このため、ことになる更新のユーザーに通知して可能性のあるフォーム テンプレートをオフラインでピークの更新プログラムを実行します。

ページの先頭へ

既存のユーザー フォームでデータの損失を防ぐ

既存のフォーム テンプレートを更新する必要がある場合は、変更して、再発行し、ユーザーに配布できます。ただし、特定の種類の変更ができないように元のフォーム テンプレートをベースとする完成したフォーム内のデータにアクセスします。

データの損失やエラーを入力するフォームに表示されるフォーム テンプレートに変更を加えた場合は、メッセージが表示されます。追加すると、新しいフォーム テンプレートにまたは必須のフィールドの名前を変更するフォーム テンプレートからのフィールドまたはグループを削除するときに、このメッセージを表示よくされます。

フォーム デザイナーにデータ損失の可能性について警告するエラー メッセージ

[はい]をクリックして変更内容を続ける場合に、このメッセージを受信するとは、既存のフォームのデータへのアクセス後、更新されたフォーム テンプレートを発行することはできません。一部のシナリオで、受け入れ可能この可能性があります。自分の状況で動作するものを決定する必要があります。

既にユーザーから収集したデータにアクセスできるようにするために、ガイドラインに従って、元のフォーム テンプレートを変更する場合。

  • 既存のフィールドとデータ ソース内のグループの名前を変更しません。

  • データ ソースの既存のフィールドと周囲のグループを移動しません。

  • データ ソースから既存のフィールドおよびグループを削除しないでください。データ ソース内の対応するフィールドまたはグループのままにすると、問題を発生させることがなく、フォーム テンプレートからコントロールを削除できます。

ページの先頭へ

既存のユーザー フォームを更新するためのオプション

既存のフォーム テンプレートを変更する場合は、フォーム テンプレートに基づく既存のフォーム (.xml ファイル) をフォーム テンプレートの最新バージョンで動作するように更新する必要があります。これにより、ユーザーが問題なく既存のフォームを使用することができます続けてし、すると、それらのフォームで収集したすべてのデータへのアクセスを続行できることを確認します。ユーザーの既存のフォームを更新するときにから選べます 3 つの方法があります。

  • フォームを自動的に更新します。   InfoPath の既定の設定は、既存のフォームを自動的に更新することができます。この例では、既存のフォームには、新たに更新したフォーム テンプレートが一致します。たとえば、フォーム テンプレート上のリスト ボックス コントロールを削除し、変更したフォーム テンプレートを発行して、InfoPath は自動的に削除、リスト ボックス コントロール既存のフォームから。

  • コードを使用してフォームを更新します。   イベントを開いているフォームのバージョン番号は、フォーム テンプレートを基になるのバージョン番号より古い場合に発生するコードを記述技術的な専門知識を持つことができます。たとえば、経費報告書フォームの以前のバージョン番号を含むフォームに emailAddress という名前のフィールドが含まれているかどうかを決定して、そうでない場合は、フォームにフィールドを追加するイベント ハンドラーを使用することができます。開こうイベントは、フォーム テンプレートの基になるXML スキーマへの変更に対応するために役立ちます。

  • フォームを更新するのには、[選択]    既存のフォームを更新しないようにすることができます。このオプションを選択したら、ユーザーが、更新されたフォーム テンプレートに基づくフォームに入力できるが既存のフォームを開くことができません。場合は、既存のフォームを開くことが新しく追加したフィールドを編集することはできません。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×