既存のデータベースを開く。

このトピックでは、既存の Microsoft Office Access 2007 データベースを開く際に使用可能なさまざまな方法について説明します。データベースは、Windows エクスプローラまたは Access 自体から開くことができます。複数のデータベースを一度に開くことができ、データベース オブジェクトを直接開くショートカットをデスクトップに作成することもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

Windows エクスプ ローラーから Access データベースを開く

Access 内からデータベースを開く

同時に複数のデータベースを開く

データベース オブジェクトを開くためのデスクトップ ショートカットを作成します。

Windows エクスプローラから Access データベースを開く

  • Windows エクスプローラで、開きたい Access データベース ファイルが含まれているドライブまたはフォルダに移動し、そのデータベースをダブルクリックします。

    Access が起動し、データベースが開きます。

Access でデータベースを開く

Access が既に実行されている場合、次の手順を使用してデータベースを開きます。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして、[開く] をクリックします。

  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスのショートカットをクリックするか、[ファイルの場所] ボックスで、必要なデータベースが含まれているドライブまたはフォルダをクリックします。

  3. フォルダ一覧で、データベースが含まれているフォルダを参照します。

  4. データベースが見つかったら、次のいずれかの操作を行います。

    • データベースをダブルクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスで指定されている既定のモードか、管理ポリシーにより設定されているモードで開きます。

    • マルチユーザー環境では、[開く] をクリックして共有モードでデータベースを開き、他のユーザーもデータベースに読み取り、および書き込みを行うことができるようにします。

    • [ファイルを開く] ボタンの横にある矢印をクリックし、[読み取り専用で開く] をクリックして読み取り専用のデータベースを開いて、表示できても編集できないようにします。この場合でも、他のユーザーはデータベースに対して読み取り/書き込みを行うことができます。

    • [ファイルを開く] ボタンの横にある矢印をクリックし、[排他で開く] をクリックしてデータベースを排他アクセスで開きます。データベースを排他アクセスで開くと、データベースを開こうとする他のユーザーには、"既に使用されている" ことを示すメッセージが表示されます。

    • [ファイルを開く] ボタンの横にある矢印をクリックし、[排他および読み取り専用で開く] をクリックしてデータベースを読み取り専用アクセスで開きます。他のユーザーはデータベースを開くことはできますが、読み取り専用モードに限定されます。

開きたいデータベースが見つからない場合

  1. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、左側の [マイ コンピュータ] アイコンをクリックします (または、[ファイルの場所] ボックスで [マイ コンピュータ] をクリックします)。

  2. ドライブの一覧で、データベースが存在すると思われるドライブを右クリックし、[検索] をクリックします。

  3. 検索条件を入力し、Enter キーを押してデータベースを検索します。

  4. データベースが見つかった場合、検索ダイアログ ボックスでダブルクリックして開きます。

  5. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスから検索を行ったため、データベースを開くにはそのダイアログ ボックスの [キャンセル] をクリックする必要があります。

注: dBASE、Paradox、Microsoft Exchange、または Microsoft Office Excel 2007 などの外部ファイル形式で、データベース ファイルを直接開くことができます。さらに、Microsoft SQL Server や Microsoft FoxPro などの任意の ODBC データ ソースを直接開くこともできます。新しい Access データベースは、データ ファイルと同じフォルダに作成され、外部データベースの各テーブルにはリンクが追加されます。

ヒント

  • 直前に作業していたデータベースを開くには、[Microsoft Office Access - 作業の開始] ページの [最近使用したデータベースを開く] 一覧にあるファイル名をクリックします。データベースは、前回開いたときと同じオプション設定で開きます。最近使用したファイルの一覧が表示されない場合は、次の操作を行います。

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

    2. [Access のオプション] ダイアログ ボックスの [詳細] をクリックします。

    3. [表示] の [最近使用したドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数] ボックスに数値 (最大 9) を入力します。

  • [開く] コマンドを使用してデータベースを開いている場合、[ファイルを開く] ダイアログ ボックスの [最近使ったドキュメント] をクリックすることにより、以前に開いたデータベースへのショートカットの一覧を表示できます。

ページの先頭へ

複数のデータベースを同時に開く

Access の 1 つのインスタンスでは、同時に 1 つのデータベースしか開くことができません。言い換えると、Access を起動してデータベースを開き、最初のデータベースを閉じずに別のデータベースを開くことはできません。一方、Access の複数のインスタンスを同時に実行して、それぞれのインスタンスでデータベースを開くことができます。Access を起動するたびに、新しいインスタンスが開きます。たとえば、2 つの Access データベースを同時に開くには、Access を起動して最初の Access データベースを開き、次に Access の新しいインスタンスを起動して 2 番目のデータベースを開きます。

注: 同時に実行可能な Access のインスタンスの数は、使用可能なメモリの量によって制限されます。使用可能なメモリは、コンピュータに搭載されている RAM の量と、その時点で実行されている他のプログラムにより使用されているメモリの量によって変わります。

Access の各インスタンスは、個別のウィンドウで実行されます。Access のインスタンスが複数実行されており、それらを同時に参照する場合、ウィンドウを並べて表示することができます。

複数の Access ウィンドウを並べて表示するには

  1. 並べて表示しない各プログラムについては、ウィンドウの右上隅にある最小化ボタンをクリックします。

  2. Windows タスク バーを右クリックし、[左右に並べて表示] をクリックします。

ウィンドウを並べて表示すると、Access データベース間でのデータのコピーと貼り付けや、データベース オブジェクトのドラッグ アンド ドロップが簡単になります。

ページの先頭へ

ショートカットをデスクトップに作成してデータベース オブジェクトを開く

ショートカットをデスクトップに作成して、Access データベース オブジェクト (たとえば、フォームやレポート) を開くことができます。データベースは、ローカルのコンピュータ、リモートのネットワーク ファイル サーバー、または共有ディレクトリに保存できます。

  1. ショートカットを作成するオブジェクトが含まれるデータベースを開きます。

  2. Access のウィンドウをサイズ変更して、開いている他のすべてのウィンドウを最小化し、Access のウィンドウの背後にデスクトップが表示されるようにします。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、ショートカットを作成するオブジェクトを見つけます。

  4. オブジェクトをナビゲーション ウィンドウからデスクトップにドラッグします。マウスのボタンを離すと、デスクトップにショートカットが作成されます。

  5. ショートカットの場所をデスクトップ以外に移動する場合、Windows エクスプローラを使用してショートカットを目的の場所に移動します。

ショートカットをダブルクリックすると、オブジェクトが格納されているデータベースが開いて、オブジェクトが表示されます。Access が既に実行されていて、ショートカットに関連付けられたオブジェクトが現在開いているデータベース以外のデータベースにある場合、Access の新しいインスタンスが起動します。Access の特定のビューでオブジェクトを開くには、ショートカットを右クリックして、目的のビューをクリックします。

注: 

  • ショートカットの作成後に元のデータベースを移動した場合は、移動前のデータベースへのショートカットを削除し、新しいショートカットを作成します。

  • ショートカットを削除するには、目的のショートカットをクリックし、Del キーを押します。ショートカットを削除してもショートカットによって開かれるオブジェクトは削除されません。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×