スキップしてメイン コンテンツへ

既存のデータベースからデータベース モデルへのリバース エンジニアリングを行う

リバースエンジニアリングウィザードで Visio_Plan2 と Visio 2019 を使用すると、既存のデータベースまたは Microsoft Excel ブックからデータベースモデルを作成できます。 データベースモデルは、実際のデータを表示せずに、テーブルやビューなどのデータベース要素が互いにどのように関連しているかを視覚的に確認できるように、データベースの構造を図式で示しています。 これにより、新しいデータベースを作成したり、既存のデータベースの構造を理解したりすることが簡素化されます。

データベースモデル図テンプレートを使用すると、既存のデータベースからデータベースモデルを作成できます。 このテンプレートは、visio Online Plan 2または visio 2019 ライセンスを使用している visio アプリで利用できます。 ご利用中の Visio のバージョンは、[ファイル]、[アカウント]、[Visio のバージョン情報] の順にクリックすると確認できます。

リバース エンジニアリング ウィザードで抽出されるものを確認する

ウィザードで抽出できるスキーマ定義情報は、データベース管理システム (DBMS) と ODBC ドライバーの機能などの組み合わせによって異なります。 ウィザードには抽出できるすべての要素が表示され、目的の要素を選ぶことができます。 たとえば、10個のテーブルと、4つのビューが表示されない場合があります。

ウィザードの実行中、リバース エンジニアリングしたアイテムを [テーブルとビュー] ウィンドウに一覧表示する以外に、図を自動的に作成するように選択できます。 図を自動作成しない場合、[テーブルとビュー] ウィンドウからアイテムを図面ページにドラッグし、データベース モデルを手動で組み立てることができます。

ターゲット DBMS から利用できる範囲内で、次のアイテムを抽出できます。

  • テーブル

  • ビュー

  • 主キー

  • 外部キー

  • インデックス

  • トリガー (コードを含む)

  • チェック句 (コードを含む)

  • ストアド プロシージャ (コードを含む)

ウィザードを開始する準備を行う

Excel ブックをリバース エンジニアリングする場合、ウィザードを開始する前に、ブックを開き、列見出しを含むセルのグループ (または範囲) に名前を付ける必要があります。 複数のワークシートを使用する場合、各ワークシートの列セルのグループに名前を付けます。 ウィザードでは、この範囲がテーブルとして扱われます。 セル範囲に名前を付ける方法については、Microsoft Office Excel のヘルプをご覧ください。

最良の結果を得るために、リバース ​​エンジニアリング ウィザードを実行する前にリバース エンジニアリングを行うターゲット データベースに既定のドライバーを設定してください。 これにより、ウィザードによってネイティブデータ型が正しくマッピングされ、ウィザードによって抽出されたすべてのコードがコードウィンドウで正しく表示されるようになります。

  1. [ファイル] タブをクリックし、[新規作成] をクリックし、[テンプレート] をクリックし、[ソフトウェアとデータベース] をクリックし、[データベース モデル図] をダブルクリックします。

  2. [データベース] タブの [管理] グループで [データベース ドライバー] をクリックします。

  3. [ドライバー ] タブで、使用している DBMS に対応するドライバーを選択します。 たとえば、Access データベースを設計している場合は、[Microsoft Access] を選択します。

    Excel ワークシートをリバース エンジニアリングしている場合、ODBC 汎用ドライバーを選択します。

  4. [セットアップ] をクリックします。

  5. [ ODBC ドライバー ] タブで、dbma の vender で提供されるドライバーのチェックボックスをオンにします。 たとえば、Access データベースを設計している場合は、[ Microsoft Access ドライバー (* .mdb, * .accdb) ] チェックボックスをオンにします。

  6. 各ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

ベンダーが提供する32ビット ODBC ドライバーは、バージョン2.0 と ODBC レベル1以上の ODBC データアクセスパックを使用している必要があります。 ベンダーが提供する OLE DB プロバイダーは、OLE DB バージョン1.0 以降の仕様に準拠している必要があります。

既存のデータベースにリバース エンジニアリングを行う

  1. データベース モデル図の [データベース] タブで、[リバース ​​エンジニアリング] をクリックします。

  2. リバース エンジニアリング ウィザードの最初の画面で、次の操作を行います。

    1. ご利用中の DBMS (データベース管理システム) に合わせて Microsoft Visio データベース ドライバーを選択します。 Visio データベース ドライバーを特定の ODBC データ ソースにまだ関連付けていない場合、[セットアップ] をクリックし、関連付けてください。

      Excel ワークシートをリバース エンジニアリングしている場合、ODBC 汎用ドライバーを選択します。

    2. 更新するデータベースのデータ ソースを選択します。 既存のデータベースにデータ ソースをまだ作成していない場合、[新規作成] をクリックし、作成します。

      新しいソースを作成すると、その名前が [データ ソース] リストに追加されます。

    3. 設定に問題がなければ、[次へ] をクリックします。

    4. ドライバー固有のダイアログ ボックスがあれば、その指示に従います。 たとえば、[データ ソースに接続] ダイアログ ボックスにユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。 データ ソースがパスワード保護されていない場合、[OK] をクリックします。

  3. 抽出する情報の種類を選択し (チェック ボックスにチェックを入れる)、[次へ] をクリックします。

    ウィザードで抽出できる要素はシステムによって異なります。一部のアイテムが淡色表示されている場合があります。

  4. 抽出するテーブル (とビュー) のチェック ボックスを選択するか、すべて抽出する場合は [すべて選択] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    Excel ワークシートをリバース エンジニアリングするとき、この一覧に何も表示されない場合、おそらく、スプレッドシートの列見出しを含むセル範囲に名前を付ける必要があります。

  5. 手順 5 で [ストアド プロシージャ] チェック ボックスを選択した場合、抽出するプロシージャを選択するか、すべて抽出する場合は [すべて選択] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  6. リバース エンジニアリングしたアイテムを現在のページに自動追加するかどうか選択します。

    ウィザードでは、リバース エンジニアリングしたアイテムを [テーブルとビュー] ウィンドウに一覧表示する以外に、図を自動的に作成するように選択できます。 図を自動作成しない場合、[テーブルとビュー] ウィンドウからアイテムをドラッグし、データベース モデルを手動で組み立てることができます。

  7. 選択内容を見直し、必要な情報が抽出されることを確認し、[完了] をクリックします。

ODBC 汎用ドライバーを使用している場合、リバースエンジニアリングされた情報が不完全である可能性があることを示すエラーが表示されることがあります。 ほとんどの場合、これは問題ではないので、[ OK]をクリックしてウィザードを続行します。

ウィザードは選択した情報を抽出し、抽出プロセスに関する注意を [出力] ウィンドウに表示します。

データベースモデル図テンプレートを使用すると、既存のデータベースからデータベースモデルを作成できます。 このテンプレートは、visio Online Plan 2または visio 2019 ライセンスを使用している visio アプリで利用できます。 ご利用中の Visio のバージョンは、[ファイル]、[アカウント]、[Visio のバージョン情報] の順にクリックすると確認できます。

リバース エンジニアリング ウィザードで抽出されるものを確認する

ウィザードで抽出できるスキーマ定義情報は、データベース管理システム (DBMS) と ODBC ドライバーの機能などの組み合わせによって異なります。 ウィザードには抽出できるすべての要素が表示され、目的の要素を選ぶことができます。 たとえば、10個のテーブルと、4つのビューが表示されない場合があります。

ウィザードの実行中、リバース エンジニアリングしたアイテムを [テーブルとビュー] ウィンドウに一覧表示する以外に、図を自動的に作成するように選択できます。 図を自動作成しない場合、[テーブルとビュー] ウィンドウからアイテムを図面ページにドラッグし、データベース モデルを手動で組み立てることができます。

ターゲット DBMS から利用できる範囲内で、次のアイテムを抽出できます。

  • テーブル

  • ビュー

  • 主キー

  • 外部キー

  • インデックス

  • トリガー (コードを含む)

  • チェック句 (コードを含む)

  • ストアド プロシージャ (コードを含む)

ウィザードを開始する準備を行う

Excel ブックをリバース エンジニアリングする場合、ウィザードを開始する前に、ブックを開き、列見出しを含むセルのグループ (または範囲) に名前を付ける必要があります。 複数のワークシートを使用する場合、各ワークシートの列セルのグループに名前を付けます。 ウィザードでは、この範囲がテーブルとして扱われます。 セル範囲に名前を付ける方法については、Microsoft Office Excel のヘルプをご覧ください。

最良の結果を得るために、リバース ​​エンジニアリング ウィザードを実行する前にリバース エンジニアリングを行うターゲット データベースに既定のドライバーを設定してください。 これにより、ウィザードによってネイティブデータ型が正しくマッピングされ、ウィザードによって抽出されたすべてのコードがコードウィンドウで正しく表示されるようになります。

  1. [ファイル] タブをクリックし、[新規作成] をクリックし、[テンプレート] をクリックし、[ソフトウェアとデータベース] をクリックし、[データベース モデル図] をダブルクリックします。

  2. [データベース] タブの [管理] グループで [データベース ドライバー] をクリックします。

  3. [ドライバー ] タブで、使用している DBMS に対応するドライバーを選択します。 たとえば、Access データベースを設計している場合は、[Microsoft Access] を選択します。

    Excel ワークシートをリバース エンジニアリングしている場合、ODBC 汎用ドライバーを選択します。

  4. [セットアップ] をクリックします。

  5. [ ODBC ドライバー ] タブで、dbma の vender で提供されるドライバーのチェックボックスをオンにします。 たとえば、Access データベースを設計している場合は、[ Microsoft Access ドライバー (* .mdb, * .accdb) ] チェックボックスをオンにします。

  6. 各ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

ベンダーが提供する32ビット ODBC ドライバーは、バージョン2.0 と ODBC レベル1以上の ODBC データアクセスパックを使用している必要があります。 ベンダーが提供する OLE DB プロバイダーは、OLE DB バージョン1.0 以降の仕様に準拠している必要があります。

既存のデータベースにリバース エンジニアリングを行う

  1. データベース モデル図の [データベース] タブで、[リバース ​​エンジニアリング] をクリックします。

  2. リバース エンジニアリング ウィザードの最初の画面で、次の操作を行います。

    1. ご利用中の DBMS (データベース管理システム) に合わせて Microsoft Visio データベース ドライバーを選択します。 Visio データベース ドライバーを特定の ODBC データ ソースにまだ関連付けていない場合、[セットアップ] をクリックし、関連付けてください。

      Excel ワークシートをリバース エンジニアリングしている場合、ODBC 汎用ドライバーを選択します。

    2. 更新するデータベースのデータ ソースを選択します。 既存のデータベースにデータ ソースをまだ作成していない場合、[新規作成] をクリックし、作成します。

      新しいソースを作成すると、その名前が [データ ソース] リストに追加されます。

    3. 設定に問題がなければ、[次へ] をクリックします。

    4. ドライバー固有のダイアログ ボックスがあれば、その指示に従います。 たとえば、[データ ソースに接続] ダイアログ ボックスにユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。 データ ソースがパスワード保護されていない場合、[OK] をクリックします。

  3. 抽出する情報の種類を選択し (チェック ボックスにチェックを入れる)、[次へ] をクリックします。

    ウィザードで抽出できる要素はシステムによって異なります。一部のアイテムが淡色表示されている場合があります。

  4. 抽出するテーブル (とビュー) のチェック ボックスを選択するか、すべて抽出する場合は [すべて選択] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    Excel ワークシートをリバース エンジニアリングするとき、この一覧に何も表示されない場合、おそらく、スプレッドシートの列見出しを含むセル範囲に名前を付ける必要があります。

  5. 手順 5 で [ストアド プロシージャ] チェック ボックスを選択した場合、抽出するプロシージャを選択するか、すべて抽出する場合は [すべて選択] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  6. リバース エンジニアリングしたアイテムを現在のページに自動追加するかどうか選択します。

    ウィザードでは、リバース エンジニアリングしたアイテムを [テーブルとビュー] ウィンドウに一覧表示する以外に、図を自動的に作成するように選択できます。 図を自動作成しない場合、[テーブルとビュー] ウィンドウからアイテムをドラッグし、データベース モデルを手動で組み立てることができます。

  7. 選択内容を見直し、必要な情報が抽出されることを確認し、[完了] をクリックします。

ODBC 汎用ドライバーを使用している場合、リバースエンジニアリングされた情報が不完全である可能性があることを示すエラーが表示されることがあります。 ほとんどの場合、これは問題ではないので、[ OK]をクリックしてウィザードを続行します。

ウィザードは選択した情報を抽出し、抽出プロセスに関する注意を [出力] ウィンドウに表示します。

Visio 2016 および2013では、リバースエンジニアリングウィザードをサポートしていません。

リバースエンジニアリングウィザードは、Visio Professional 2016、Visio Standard 2016、Visio Professional 2013、Visio Standard 2013 では使用できません。 データベースモデリング機能を使用するには、 Visio_Plan2にアップグレードすることを検討してください。

新しいバージョンの Outlook​​ を試してみる

この記事の内容

リバース エンジニアリング ウィザードで抽出されるものを確認する

ウィザードを開始する準備を行う

既存のデータベースにリバース エンジニアリングを行う

リバース エンジニアリング ウィザードで抽出されるものを確認する

ウィザードで抽出できるスキーマ定義情報は、データベース管理システム (DBMS) と ODBC ドライバーの機能などの組み合わせによって異なります。 ウィザードには抽出できるすべての要素が表示され、目的の要素を選ぶことができます。 たとえば、10個のテーブルと、4つのビューが表示されない場合があります。

ウィザードの実行中、リバース エンジニアリングしたアイテムを [テーブルとビュー] ウィンドウに一覧表示する以外に、図を自動的に作成するように選択できます。 図を自動作成しない場合、[テーブルとビュー] ウィンドウからアイテムを図面ページにドラッグし、データベース モデルを手動で組み立てることができます。

ターゲット DBMS から利用できる範囲内で、次のアイテムを抽出できます。

  • テーブル

  • ビュー

  • 主キー

  • 外部キー

  • インデックス

  • トリガー (コードを含む)

  • チェック句 (コードを含む)

  • ストアド プロシージャ (コードを含む)

ページの先頭へ

ウィザードを開始する準備を行う

Excel ブックをリバース エンジニアリングする場合、ウィザードを開始する前に、ブックを開き、列見出しを含むセルのグループ (または範囲) に名前を付ける必要があります。 複数のワークシートを使用する場合、各ワークシートの列セルのグループに名前を付けます。 ウィザードでは、この範囲がテーブルとして扱われます。 セル範囲に名前を付ける方法については、Microsoft Office Excel のヘルプをご覧ください。

最良の結果を得るために、リバース ​​エンジニアリング ウィザードを実行する前にリバース エンジニアリングを行うターゲット データベースに既定のドライバーを設定してください。 これにより、ウィザードによってネイティブデータ型が正しくマッピングされ、ウィザードによって抽出されたすべてのコードがコードウィンドウで正しく表示されるようになります。

  1. [ファイル] タブをクリックし、[新規作成] をクリックし、[ソフトウェアとデータベース] をクリックし、[データベース モデル図] をダブルクリックします。

  2. [データベース] タブの [管理] グループで [データベース ドライバー] をクリックします。

  3. [ドライバー ] タブで、使用している DBMS に対応するドライバーを選択します。 たとえば、Access データベースを設計している場合は、[Microsoft Access] を選択します。

    Excel ワークシートをリバース エンジニアリングしている場合、ODBC 汎用ドライバーを選択します。

  4. [セットアップ] をクリックします。

  5. [ ODBC ドライバー ] タブで、dbma の vender で提供されるドライバーのチェックボックスをオンにします。 たとえば、Access データベースを設計している場合は、[ Microsoft Access ドライバー (* .mdb) ] チェックボックスをオンにします。

  6. 各ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

ベンダーが提供する32ビット ODBC ドライバーは、バージョン2.0 と ODBC レベル1以上の ODBC データアクセスパックを使用している必要があります。 ベンダーが提供する OLE DB プロバイダーは、OLE DB バージョン1.0 以降の仕様に準拠している必要があります。

ページの先頭へ

既存のデータベースにリバース エンジニアリングを行う

  1. データベース モデル図の [データベース] タブで、[リバース ​​エンジニアリング] をクリックします。

  2. リバース エンジニアリング ウィザードの最初の画面で、次の操作を行います。

    1. ご利用中の DBMS (データベース管理システム) に合わせて Microsoft Visio データベース ドライバーを選択します。 Visio データベース ドライバーを特定の ODBC データ ソースにまだ関連付けていない場合、[セットアップ] をクリックし、関連付けてください。

      Excel ワークシートをリバース エンジニアリングしている場合、ODBC 汎用ドライバーを選択します。

    2. 更新するデータベースのデータ ソースを選択します。 既存のデータベースにデータ ソースをまだ作成していない場合、[新規作成] をクリックし、作成します。

      新しいソースを作成すると、その名前が [データ ソース] リストに追加されます。

    3. 設定に問題がなければ、[次へ] をクリックします。

    4. ドライバー固有のダイアログ ボックスがあれば、その指示に従います。 たとえば、[データ ソースに接続] ダイアログ ボックスにユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。 データ ソースがパスワード保護されていない場合、[OK] をクリックします。

  3. 抽出する情報の種類を選択し (チェック ボックスにチェックを入れる)、[次へ] をクリックします。

    ウィザードで抽出できる要素はシステムによって異なります。一部のアイテムが淡色表示されている場合があります。

  4. 抽出するテーブル (とビュー) のチェック ボックスを選択するか、すべて抽出する場合は [すべて選択] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    Excel ワークシートをリバース エンジニアリングするとき、この一覧に何も表示されない場合、おそらく、スプレッドシートの列見出しを含むセル範囲に名前を付ける必要があります。

  5. 手順 5 で [ストアド プロシージャ] チェック ボックスを選択した場合、抽出するプロシージャを選択するか、すべて抽出する場合は [すべて選択] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  6. リバース エンジニアリングしたアイテムを現在のページに自動追加するかどうか選択します。

    ウィザードでは、リバース エンジニアリングしたアイテムを [テーブルとビュー] ウィンドウに一覧表示する以外に、図を自動的に作成するように選択できます。 図を自動作成しない場合、[テーブルとビュー] ウィンドウからアイテムをドラッグし、データベース モデルを手動で組み立てることができます。

  7. 選択内容を見直し、必要な情報が抽出されることを確認し、[完了] をクリックします。

ODBC 汎用ドライバーを使用している場合、リバースエンジニアリングされた情報が不完全である可能性があることを示すエラーが表示されることがあります。 ほとんどの場合、これは問題ではないので、[ OK]をクリックしてウィザードを続行します。

ウィザードは選択した情報を抽出し、抽出プロセスに関する注意を [出力] ウィンドウに表示します。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×