新機能: Excel 関数に対する変更

関数の正確さの向上を図り、一貫性のある機能で期待に応えるため、また、関数名によってそれぞれの機能をより正確に理解してもらえるように、複数の Excel 関数について更新や名前の変更が行われました。新たに Excel 2010 の関数ライブラリに追加された Excel 関数もあります。

下位互換性を確保するため、名前が変更された関数は変更前の名前で引き続き利用できます。

この記事の内容

正確さが向上した関数

名前が変更された関数

新しい関数

下位互換性

正確さが向上した関数

以下の関数は、アルゴリズムの変更が行われ、関数の正確さとパフォーマンスが向上しています。 たとえば、BETADIST 関数は正確さが不十分でしたが、新しいアルゴリズムを実装したことにより、正確さが向上しました。 MOD 関数は、新しいアルゴリズムを使用することで正確さとスピードの両方を実現しています。また、RAND 関数は、新しい乱数アルゴリズムを使用しています。

向上した機能

関数カテゴリ

ASINH 関数

数学/三角関数 (リファレンス)

BETA.DIST 関数BETADIST 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

BETA.INV 関数BETAINV 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

BINOM.DIST 関数BINOMDIST 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

BINOM.INV 関数CRITBINOM 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

CHISQ.INV.RT 関数CHIINV 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

CHISQ.TEST 関数CHITEST 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

CONVERT 関数

エンジニアリング関数 (リファレンス)

CUMIPMT 関数

財務関数 (リファレンス)

CUMPRINC 関数

財務関数 (リファレンス)

ERF 関数

エンジニアリング関数 (リファレンス)

ERFC 関数

エンジニアリング関数 (リファレンス)

F.DIST.RT 関数FDIST 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

F.INV.RT 関数FINV 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

FACTDOUBLE 関数

数学/三角関数 (リファレンス)

GAMMA.DIST 関数GAMMADIST 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

GAMMA.INV 関数GAMMAINV 関数

統計関数 (参照)

互換性のある関数

GAMMALN 関数

統計関数 (参照)

GEOMEAN 関数

統計関数 (参照)

HYPGEOM.DIST 関数HYPGEOMDIST 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

IMLOG2 関数

エンジニアリング関数 (リファレンス)

IMPOWER 関数

エンジニアリング関数 (リファレンス)

IPMT 関数

財務関数 (リファレンス)

IRR 関数

財務関数 (リファレンス)

LINEST 関数

統計関数 (参照)

LOGNORM.DIST 関数LOGNORMDIST 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

LOGNORM.INV 関数LOGINV 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

MOD 関数

数学/三角関数 (リファレンス)

NEGBINOM.DIST 関数NEGBINOMDIST 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

NORM.DIST 関数NORMDIST 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数

NORM.INV 関数NORMINV 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数

NORM.S.DIST 関数NORMSDIST 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

NORM.S.INV 関数NORMSINV 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

PMT 関数

財務関数 (リファレンス)

PPMT 関数

財務関数 (リファレンス)

POISSON.DIST 関数POISSON 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

RAND 関数

数学/三角関数 (リファレンス)

STDEV.S 関数STDEV 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

T.DIST.RT 関数TDIST 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

T.DIST.2T 関数

統計関数 (参照)

T.INV.2T 関数TINV 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

VAR.S 関数VAR 関数

統計関数 (参照)互換性のある関数 (参照)

XIRR 関数

財務関数 (リファレンス)

ページの先頭へ

名前が変更された関数

以下の統計関数 (参照) は、科学界の関数定義および Excel の他の関数名との間でより一貫性を持つように、名前が変更されました。 新しい関数名は、その関数の機能をより正確に表しています。 たとえば、CRITBINOM は二項分布の逆関数値を返すため、BINOM.INV の方がより適切な名前です。

BETA.DIST など、いくつかの名前が変更された関数は、分布の種類 (左テール累積分布や確率密度分布) を指定できるように、追加のパラメーターを伴います。

以前のバージョンの Excel との下位互換性を確保するため、これらの関数は、互換性のある関数 (参照) カテゴリに記載されている変更前の名前で引き続き利用できます。 ただし、下位互換性を確保する必要がない場合は、変更後の名前を使用してください。

名前が変更された統計関数

名前が変更された関数

互換性のある関数

BETA.DIST 関数

BETADIST 関数

BETA.INV 関数

BETAINV 関数

BINOM.DIST 関数

BINOMDIST 関数

BINOM.INV 関数

CRITBINOM 関数

CHISQ.DIST.RT 関数

CHIDIST 関数

CHISQ.INV.RT 関数

CHIINV 関数

CHISQ.TEST 関数

CHITEST 関数

CONFIDENCE.NORM 関数

CONFIDENCE 関数

COVARIANCE.P 関数

COVAR 関数

EXPON.DIST 関数

EXPONDIST 関数

F.DIST.RT 関数

FDIST 関数

F.INV.RT 関数

FINV 関数

F.TEST 関数

FTEST 関数

GAMMA.DIST 関数

GAMMADIST 関数

GAMMA.INV 関数

GAMMAINV 関数

HYPGEOM.DIST 関数

HYPGEOMDIST 関数

LOGNORM.DIST 関数

LOGNORMDIST 関数

LOGNORM.INV 関数

LOGINV 関数

MODE.SNGL 関数

MODE 関数

NEGBINOM.DIST 関数

NEGBINOMDIST 関数

NORM.DIST 関数

NORMDIST 関数

NORM.INV 関数

NORMINV 関数

NORM.S.DIST 関数

NORMSDIST 関数

NORM.S.INV 関数

NORMSINV 関数

PERCENTILE.INC 関数

PERCENTILE 関数

PERCENTRANK.INC 関数

PERCENTRANK 関数

POISSON.DIST 関数

POISSON 関数

QUARTILE.INC 関数

QUARTILE 関数

RANK.EQ 関数

RANK 関数

STDEV.P 関数

STDEVP 関数

STDEV.S 関数

STDEV 関数

T.DIST.2T 関数

TDIST 関数

T.DIST.RT 関数

TDIST 関数

T.INV.2T 関数

TINV 関数

T.TEST 関数

TTEST 関数

VAR.P 関数

VARP 関数

VAR.S 関数

VAR 関数

WEIBULL.DIST 関数

WEIBULL 関数

Z.TEST 関数

ZTEST 関数

ページの先頭へ

新しい関数

以下の関数が Excel 関数ライブラリに追加されました。 これらの関数は現在のバージョンの Excel で使用できますが、以前のバージョンの Excel とは互換性がありません。 下位互換性を確保する必要がある場合は、互換性チェックを実行し、ワークシートで必要な変更を加えてエラーを回避してください。

新しい関数

関数カテゴリ

用途

NETWORKDAYS.INTL 関数

日付と時刻の関数 (リファレンス)

週末がどの曜日で何日間あるかを示すパラメーターを使用して、開始日と終了日の間にある稼働日の日数を返します。

WORKDAY.INTL 関数

日付と時刻の関数 (リファレンス)

週末がどの曜日で何日間あるかを示すパラメーターを使用して、開始日から起算して指定した稼働日数だけ前または後の日付に対応するシリアル値を返します。

AGGREGATE 関数

数学/三角関数 (リファレンス)

リストまたはデータベースの集計値を返します。

CEILING.PRECISE 関数

数学/三角関数 (リファレンス)

指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げます。数値は正負に関係なく切り上げられます。

ISO.CEILING 関数

数学/三角関数 (リファレンス)

指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げます。

CHISQ.DIST 関数

統計関数 (参照)

累積β確率密度関数の値を返します。

CHISQ.INV 関数

統計関数 (参照)

累積β確率密度関数の値を返します。

CONFIDENCE.T 関数

統計関数 (参照)

スチューデントの t 分布を使用して、母集団に対する信頼区間を返します。

COVARIANCE.S 関数

統計関数 (参照)

標本の共分散を返します。共分散とは、2 組の対応するデータ間での標準偏差の積の平均値です。

ERF.PRECISE 関数

エンジニアリング関数 (リファレンス)

誤差関数の積分値を返します。

ERFC.PRECISE 関数

エンジニアリング関数 (リファレンス)

x から無限大の範囲で、相補誤差関数の積分値を返します。

F.DIST 関数

統計関数 (参照)

F 分布の確率関数の値を返します。

F.INV 関数

統計関数 (参照)

F 分布の確率関数の逆関数値を返します。

FLOOR.PRECISE 関数

数学/三角関数 (リファレンス)

指定された基準値の倍数のうち、最も近い値に数値を切り上げます。数値は正負に関係なく切り上げられます。

GAMMALN.PRECISE 関数

統計関数 (参照)

ガンマ関数 Γ(x) の値の自然対数を返します。

MODE.MULT 関数

統計関数 (参照)

配列またはセル範囲として指定されたデータの中で、最も頻繁に出現する値 (最頻値) を縦方向の配列として返します。

PERCENTILE.EXC 関数

統計関数 (参照)

特定の範囲に含まれるデータの第 k 百分位数に当たる値を返します (k は 0 より大きく 1 より小さい値)。

PERCENTRANK.EXC 関数

統計関数 (参照)

配列内での値の順位を百分率 (0 より大きく 1 より小さい) で表した値を返します。

QUARTILE.EXC 関数

統計関数 (参照)

0 より大きく 1 より小さい百分位値に基づいて、配列に含まれるデータから四分位数を返します。

RANK.AVG 関数

統計関数 (参照)

数値のリストの中で、指定した数値の序列を返します。

T.DIST 関数

統計関数 (参照)

スチューデントの t 分布のパーセンテージ (確率) を返します。

T.INV 関数

統計関数 (参照)

スチューデントの t 分布の t 値を、確率と自由度の関数として返します。

ページの先頭へ

下位互換性

Excel 2010 をインストールしていない他のユーザーとワークシートを共有する必要がある場合は、名前が変更された関数ではなく、互換性のある関数を使用してください。 以前のバージョンの Excel が変更前の関数名を認識して、期待する結果を返します。

互換性のある関数の検索

互換性のある関数をすべて検索するには、次の操作を行います。

  1. [数式] タブの [関数ライブラリ] グループで [関数の挿入] をクリックします。

  2. [関数の分類] ボックスの [互換性] をクリックします。

    [関数の挿入] ダイアログ ボックス

ワークシートでの適切な関数の選択

ワークシートで関数の入力を開始すると、数式オートコンプリートで、名前が変更された関数と互換性のある関数の両方が一覧表示されます。 識別アイコンを使うと、目的の関数をより簡単に選ぶことができます。

関数のオートコンプリートの例

互換性に関する問題のチェック

前述したように、新しい関数は以前のバージョンの Excel と互換性がありません。 以前のバージョンの Excel は新しい関数を認識できません。 期待した結果ではなく、#NAME? エラーが表示されます。 ワークシートを以前のバージョンの Excel のファイル形式で保存する前に、互換性チェックを実行すると、新しい関数が使用されたかどうかを確認できます。 このようにして必要な変更を加え、エラーを回避できます。

互換性チェックを実行するには、次の操作を行います。

  1. Office ボタンをクリックして、[情報] をクリックします。

  2. [配布準備] で [問題のチェック] をクリックし、[互換性チェック] をクリックします。

    [互換性チェック] ダイアログ ボックス

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×