新機能: ピボットテーブルにおける変更点

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

次の改善と新機能により、ピボットテーブルとオンライン分析処理 (OLAP) ピボットテーブルをMicrosoft Excel 2010で簡単かつ迅速に使うことができます。

この記事の内容

ピボットテーブルの新機能および強化機能

パフォーマンスの向上

ピボットテーブルのラベル

アイテム検索

並べ替え

フィルター処理

[計算の種類] 機能

大きなピボットテーブルにおける [元に戻す] 機能のサポート

ピボットグラフの向上

OLAP ピボットテーブルの新機能および強化機能

名前付きセット

書き戻し機能のサポート

ピボットテーブルの新機能および強化機能

パフォーマンスの向上

Excel 2010では、マルチスレッド処理により、ピボットテーブルの全体的なパフォーマンスを向上させることができます。つまり、ピボットテーブルデータの並べ替えやフィルター処理を実行している場合など、大量のデータを操作するときに、より高速な結果が得られます。

ピボットテーブルのラベル

Excel 2010では、ピボットテーブルのラベルを入力して、ピボットテーブルをより簡単に使用できるようにすることができます。ピボットテーブルのラベルを繰り返して、すべての行と列の入れ子になったフィールドの項目のキャプションを表示することもできます。個々のフィールドのラベルを繰り返すことはできますが、ピボットテーブル内のすべてのフィールドに対して同時にラベルを繰り返し表示するオプションをオンまたはオフにすることもできます。

たとえば、ラベルの繰り返し機能はピボットテーブルの列に値フィールドがあり、すべての行フィールドの総計と小計が非表示になっている場合に便利です。

アイテム検索

Excel 2010は、ピボットテーブル内のアイテム検索を提供し、ユーザーが多数のアイテムを含むフィールドと列を操作できるようにします。アイテム検索を使用すると、ユーザーは、ピボットテーブル内の数千または数百万の行の間で関連アイテムを見つけることができます。アイテム検索を使用して、ピボットフィールドまたは OLAP CubeField アイテムのキャプションを探すことができます。 オートフィルターを有効または無効にした1つの列。

並べ替え

Excel 2010は、ピボットテーブルや Excel の表で大量のデータをすばやく並べ替えることができるように、マルチスレッドの並べ替えを提供します。マルチスレッドの並べ替えは、オンとオフを切り替えることができます。

フィルター処理

大量のデータを分析できるように、フィルター処理が改善されました。Excel 2010では、複数のアイテムに対するフィルター処理が大幅に高速化され、olap と非 olap の両方のピボットテーブルでフィルターを適用すると、表示されていないデータ (合計で非表示のアイテムなど) が含まれます。Excel Services では、同じように改善されたフィルター処理機能を使うことができます。

Excel 2010では、スライサーを使用してデータをフィルター処理するオプションもあります。スライサーは、ピボットテーブルのデータをフィルター処理するためのボタンを提供します。クイックフィルター処理に加えて、スライサーは、フィルター処理された現在の状態を示しているため、フィルター処理されたピボットテーブルレポートに正確に示されている内容を簡単に理解できます。

[計算の種類] 機能

Excel 2010では、[値を表示する] 機能を見つけて使用しやすくなり、olap と非 olap の両方のピボットテーブルで機能が改善されました。[値として表示する] 機能には、親の行の合計の%、親のの合計の%、親の合計の%、実行中の合計の%、最小から最大にランク付けされている、さらに大きくランクを付けるなどの追加の計算が含まれます。最小値です。計算の基準となるフィールドまたはアイテムを指定する方が簡単です。olap 以外のピボットテーブルの場合と同じように、olap ピボットテーブルの [値] 領域に同じメジャーを複数回追加できるようになりました。値に基づいて計算を同時に表示することができます。

大きなピボットテーブルにおける [元に戻す] 機能のサポート

undo スタックに複数のアイテムを追加する操作を元に戻す (更新操作など) と、大規模なピボットテーブルのパフォーマンスが大幅に低下することがあります。大規模なピボットテーブルのパフォーマンスを向上させるために、undo コマンドは、より大きな undo スタックをサポートするために実装されています。また、自動調整とスタイルが適用されたときに、ピボットテーブルが更新されたときにパフォーマンスが低下します。Excel 2010でこの問題を解決するには、ESC キーを押して、自動調整とスタイルを取り消すことができます。これらのオプションをオフにすると、大規模なピボットテーブルのデータを更新したり変更したりするときのパフォーマンスが向上します。

ピボットグラフの向上

Excel 2010では、ピボットグラフレポートを操作する方が簡単です。具体的には、ピボットグラフで直接データをフィルター処理し、フィールドを追加して削除することで、ピボットグラフのレイアウトを再編成する方が簡単です。同様に、1回のクリックで、ピボットグラフレポートのすべてのフィールドボタンを非表示にすることができます。

OLAP ピボットテーブルの新機能および強化機能

名前付きセット

で Excel 2010を使用すると、複数階層の名前付きセットを作成できます。名前付きセットは、一連のディメンションメンバーを返す多次元式 (MDX) です。MDX 言語に精通していない場合は、ダイアログボックスを使用して単純な名前付きセットを定義できます。mdx に精通している場合は、mdx エディターを使用して、より高度な名前付きセットを作成できます。名前付きセットは、ピボットテーブルと OLAP の両方の数式でサポートされています。名前付きセットを使用すると、ビジネスのさまざまな領域についてさまざまなメトリックスを表示する OLAP ピボットテーブルレポートを作成できます。

書き戻し機能のサポート

Analysis Services キューブでデータを操作する場合、書き戻しは重要な機能です。書き戻し機能は、詳細な計画立案や予算作成から複数ユーザーを対象とした単純データ収集に至るまで、さまざまなシナリオで頻繁に使用されます。

Excel 2010では、olap ピボットテーブルの [値] 領域の値を変更して、olap サーバーの Analysis Services キューブに書き込んでもらうことができます。[what-if] モードでは、手書き入力機能を使用して、必要なくなったときに変更をロールバックしたり、変更内容を保存したりすることができます。UPDATE CUBE ステートメントをサポートしているすべての OLAP プロバイダーで、ライトバック機能を使うことができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×