新機能: ピボットテーブルにおける変更点

次の新機能と強化機能により、Microsoft Excel 2010 で、ピボットテーブルおよびOLAP ピボットテーブルが使いやすくなり、すばやく操作できるようになりました。

この記事の内容

ピボットテーブルの新機能および強化機能

OLAP ピボットテーブルの新機能および強化機能

ピボットテーブルの新機能および強化機能

パフォーマンスの向上

Excel 2010 では、マルチスレッドによりピボットテーブル全体のパフォーマンスが向上しています。つまり、大量のデータを操作する場合の処理 (たとえば、ピボットテーブル データの並べ替えやフィルター処理など) が高速化されています。

ページの先頭へ

ピボットテーブルのラベル

Excel 2010 では、ピボットテーブルのラベルを下方向へコピーできるので、ピボットテーブルをより簡単に使用できます。また、ピボットテーブルのラベルを繰り返して、すべての行および列で、ネストされたフィールドのアイテム キャプションを表示できます。ラベルの繰り返しは個別のフィールドに対して設定できますが、ピボットテーブル内のすべてのフィールドに対してラベルの繰り返しを一度に有効または無効にするオプションを使用することもできます。

たとえば、ラベルの繰り返し機能はピボットテーブルの列に値フィールドがあり、すべての行フィールドの総計と小計が非表示になっている場合に便利です。

ページの先頭へ

名前付きセット

Excel 2010 では、複数階層の名前付きセットを作成できます。名前付きセットは、ディメンション メンバーのセットを返す多次元式 (MDX) です。MDX 言語に慣れていない場合は、ダイアログ ボックスを使用して簡単な名前付きセットを定義できます。MDX に慣れている場合は、MDX エディターを使用して、より高度な名前付きセットを作成できます。名前付きセットはピボットテーブルと OLAP 式のどちらでもサポートされています。名前付きセットを使用すると、各種ビジネス分野用の、さまざまな指標を表示する OLAP ピボットテーブル レポートを作成できます。

ページの先頭へ

アイテム検索

Excel 2010 にはピボットテーブルにおけるアイテム検索機能が用意されており、大量のアイテムを含むフィールドや列の操作に役立ちます。アイテム検索を使用すると、ピボットテーブルにある数千または数万もの行から目的のアイテムを見つけることができます。アイテム検索を使用して、単一の列内のピボットフィールドや OLAP キューブフィールドのアイテム キャプションを検索できます (オートフィルターはオンでもオフでもかまいません)。

ページの先頭へ

並べ替え

Excel 2010 にはマルチスレッドの並べ替え機能が用意されており、ピボットテーブルまたは Excel テーブル内の大量のデータをすばやく並べ替えることができます。マルチスレッドの並べ替え機能のオンとオフは切り替えることができます。

ページの先頭へ

フィルター処理

フィルター処理が改良され、大量のデータを分析できるようになりました。Excel 2010 では、複数アイテムに対するフィルター処理が高速化され、OLAP ピボットテーブルおよび非 OLAP ピボットテーブルのどちらでも、フィルターを適用した場合は非表示のデータ (総計で非表示になっているアイテムなど) もフィルター対象となります。この改良されたフィルター機能は Excel Services でも使用できます。

また、Excel 2010 では、データをフィルターする場合に、オプションとしてスライサーを使用できます。スライサーは、クリックするとピボットテーブル データをフィルターできるボタンを追加する機能です。スライサーを使用すると、フィルター処理をすばやく実行できるだけでなく、現在のフィルター状況が表示されるので、ピボットテーブル レポートがどのようにフィルター処理されているかを簡単に確認できます。

ページの先頭へ

[計算の種類] 機能

Excel 2010 では、[計算の種類] 機能が見つけやすくなり、使いやすくなりました。また、この機能は OLAP ピボットテーブルおよび非 OLAP ピボットテーブルの両方で改良されています。[計算の種類] 機能には、[親行集計に対する比率]、[親列に対する比率]、[親に対する比率]、[比率の累計]、[昇順での順位]、[降順での順位] などの計算が追加されています。計算の基となるフィールドまたはアイテムを簡単に指定できます。非 OLAP ピボットテーブルの場合と同様、OLAP ピボットテーブルの [値] エリアに同じ測定値を複数回追加できます。これにより、値および値に基づいた計算を同時に表示できるようになりました。

ページの先頭へ

大きなピボットテーブルにおける [元に戻す] 機能のサポート

大きなピボットテーブルで、元に戻す操作が行われることにより undo スタックに複数のアイテムが追加されると (たとえば、更新操作など)、パフォーマンスが大きく低下する場合があります。大きなピボットテーブルでのパフォーマンスを向上するために、[元に戻す] コマンドで、より大きな undo スタックがサポートされるようになりました。また、ピボットテーブルを更新するとき、同時に [自動調整] および [スタイル] を適用すると、やはりパフォーマンスが低下します。Excel 2010 でこの問題を解決するには、Esc キーを押して [自動調整] および [スタイル] の適用を取り消します。これらのオプションをオフにすると、大きなピボットテーブルでデータを更新する場合のパフォーマンスを向上できます。

ページの先頭へ

ピボットグラフの向上

Excel 2010 では、ピボットグラフ レポートの対話的操作が簡単になりました。特に、ピボットグラフ内のデータを直接フィルターし、フィールドを追加または削除してピボットグラフのレイアウトを変更するのが簡単になりました。同様に、1 回のクリックで、ピボットグラフ レポートのすべてのフィールド ボタンを非表示にできるようになりました。

ページの先頭へ

OLAP ピボットテーブルの新機能および強化機能

書き戻し機能のサポート

Analysis Services キューブでデータを操作する場合、書き戻しは重要な機能です。書き戻し機能は、詳細な計画立案や予算作成から複数ユーザーを対象とした単純データ収集に至るまで、さまざまなシナリオで頻繁に使用されます。

Excel 2010 では、OLAP ピボットテーブル値の領域で値を変更し、変更した値を OLAP サーバーの Analysis Services キューブに書き戻すことができます。書き戻し機能を What-If モードで使用し、変更をロールバックすることも (変更が不要になった場合)、変更を保存することもできます。書き戻し機能は、UPDATE CUBE ステートメントをサポートするすべての OLAP プロバイダーで使用できます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×