新世代の Microsoft Online Services をご紹介: Office 365

Office 365

目次

Office 365 の概要

最も重要な特長:

クラウド コンピューティングの概要とそれから会社がメリットを得る方法

小規模組織向けの Office 365

中規模組織向けの Office 365

大規模組織向けの Office 365

含まれる製品

Office 365 の概要

多くの中小企業は、本業に専念できるように、一部または全部の IT インフラストラクチャを外部委託しています。

御社はコスト削減とイノベーションを求める強いプレッシャーに直面しつつも、信頼性の高い最先端の IT ソリューションの恩恵を受け続けることは譲れないとお考えですか。 そうであれば、クラウド コンピューティングについて検討することをお勧めします。 クラウド コンピューティングは、すべて集中データ センターを介してニーズに従って柔軟に IT リソースを利用する新たな方法です。 インターネットを介して Microsoft から自社に必要な範囲の高可用性ソフトウェアおよびサービスを取得できます。

2011 年に、Microsoft は次世代* のクラウド コンピューティング サービスである Office 365 を導入しました。 Office 365 は、最適化された最新のサーバー インフラストラクチャと使い慣れた Microsoft Office の生産性環境のコスト効果を 1 つにまとめたもので、たとえば最新バージョンの Microsoft Exchange Server を購入もサーバー管理もせずに使用できます。 使用量はユーザー単位で請求されます。 実際に使用した分についてのみ支払うので、コストを柔軟に制御できます。 これは、プロジェクト単位で働いている、仕事量に季節的な変動がある、または従業員数が変化する場合に、特に便利です。 Office 365 によって、社外からのプロジェクト参加者とのコラボレーションややりとりも非常に簡単になります。 これによって御社のインフラストラクチャに対する個別のアクセス特権を設定する手間が省けます。

* 第 1 世代: Business Productivity Online Suite (BPOS)

最も重要な特長:

Office 365 は実用的

Office 365 は、IT についての深い専門知識がなくてもすぐに展開できます。もちろん人気の Microsoft プログラムとの互換性もあります。 従業員に特別なトレーニングを受けさせる必要がないので、貴重な労働時間を確保してより生産的に投資できます。

Office 365 は柔軟

サービスは、御社のサーバーとの混合モード、またはスタンドアロンで運用できます。 サービス内のデータは、既定でアーカイブされます。 自分で更新しなくても常に自動的に最新バージョンを使用できます。

Office 365 はお手頃価格

クラウドに移行すると、IT の自社運用に関連する先行投資や多大な労力 (サーバー、電気代、人員) が不要になるので、IT 関連費用を大幅に削減できます。

Office 365 は信頼できる

Office 365 は 99.9% の可用性を提供する一方で、可能な限り最高のセキュリティ標準を保証します。 技術サポート プランは、最大で 1 日 24 時間、1 年 365 日の サービス レベルをカバーします。

ページの先頭

クラウド コンピューティングの概要とそれから会社がメリットを得る方法

多くの中小企業は、本業に専念できるように、一部または全部の IT インフラストラクチャを外部委託しています。

小規模組織向けの Office 365

たとえば人員の変動に対応するなど、そのときどきの要件に応じて柔軟にユーザー ライセンスを購入したりライセンス認証を無効化したりできます。 大きな投資の必要はなく、むしろ計画や予算の計上がしやすい継続的な経費がかかります。 また、投資コストが高額であったために以前は中規模以上の企業でしか導入できなかったようなテクノロジも使用できます。

中規模組織向けの Office 365

新しいソフトウェアやサーバーへの投資は高額なサンク コストを意味しており、さらに保守費用を負うことにもなります。 Office 365 なら、月間のサブスクリプションとして常に最新バージョンのプログラムを使用できます。. 投資、アップグレード、または保守の費用は一切発生しません。

また、季節的な変動や容量のボトルネックについても、もう心配はいりません。 Microsoft は御社が必要とする演算能力をいつでも提供します。

大規模組織向けの Office 365

国内および国外で展開している企業は、IT プロセスの大幅な簡素化を実感できます。 多言語デザインは、さまざまな言語を話す社員同士のコミュニケーションを最適化します。 事業で一時ユーザー (契約社員など) を採用する場合は、ユーザー数に応じた月額請求によるメリットが得られます。 クラウド コンピューティングで利用できる容量は、実際のニーズと要件に応じて迅速に調整されます。

ページの先頭

含まれる製品

Microsoft Office 365 から、御社のニーズを正確に反映した個別のプログラムを展開し、それを自社サーバーと統合できます。 ローカルで実行するアプリケーションとホスト サービスを通じてアクセスするアプリケーションは自分で決定します。

Exchange Online

Exchange Online を使用すると、PC、モバイル デバイス、ブラウザーの使い慣れた環境で、インターネットを介して電子メール、予定表、連絡先、およびタスクに安全にアクセスできます。 Microsoft Exchange Server の信頼性が高く強力で使い慣れた機能をクラウドベースのサービスとして使用できます。 クラウドを通じた IT サービスのプロビジョニングによって IT 管理も著しく簡素化され、セキュリティと信頼性が強化された機能によってデータ保護も向上します。

Office Professional Plus 2010

Office Professional Plus によって、社員はその居場所や使用環境 (PC、モバイル デバイス、または Web ブラウザー) に関係なく仕事に役立つ強力なツールを手にします。 Office Professional Plus と Office 365 により、御社との常時オンライン接続のための包括的で直感的なアプリケーション環境ができます。

SharePoint Online

SharePoint Online は、クラウド上の集中アクセス ポイントを提供します。社員は、ここでチームのメンバーとアイデアや専門知識を交換したり、チームまたはプロジェクトの作業用にカスタマイズする Web サイトを開発したり、社内のリソースを使用したり、重要な情報を従来よりも速く検索したりできます。 また、外部ユーザーを招待してイントラネットまたはエクストラネット Web サイトで共同作業することもできます。

Lync Online

Lync Online は、社員が自分の PC でプレゼンス情報、インスタント メッセージ、ライブ ビデオ会議などの最新の通信機能を使用できるようにします。 これらのプロフェッショナルなコミュニケーション機能によって、社員の生産性が上がり、ビジネスの効率も高まります。 プレゼンス情報とインスタント メッセージの強力な組み合わせによって、ビジネス プロセスに対してはるかに柔軟に対応できるようになります。

ページの先頭

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×