新しい Project Web App ビューを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Project Web Appで新しいビューを作成するためのオプションは、作成しているビューの種類によって異なります。

新しいビューを作成するには、次の手順に従います。

  1. サイドリンクバーの [設定] セクションで、[サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページで、[ビューの管理] をクリックします。ビューの一覧が表示されます。

  3. [新しいビュー] をクリックします。

  4. [名前と種類] セクションの [ビューの種類] ボックスの一覧で、作成するビューの種類を選びます。

  5. [名前] ボックスに、新しいビューの名前を入力します。

  6. [説明] ボックスに、新しいビューの説明を入力します。

  7. [新しいビュー ] ページの残りのフィールドを入力します。ここに一覧表示されているすべてのオプションは、すべてのビューの種類で使用できません。

    • タスク、リソース、または割り当て    ビューに表示する情報の種類を選択します。

      注: これらの選択肢は、プロジェクトビューの種類として選択されている場合にのみ使用できます。

    • 使用可能なフィールドと表示されるフィールド    [使用可能なフィールド] ボックスの一覧で、ビューに含めるフィールドを選び、[追加] をクリックします。フィールドの順序を変更するには、[表示されているフィールド] ボックスでフィールド名をクリックし、[へ] または [へ] をクリックしてリスト内を移動します。

    • フィールドの幅    [表示されたフィールド] ボックスのフィールド名をクリックし、[フィールドの幅] ボックスにピクセル数を入力します。[表示フィールド] ボックスに表示される各フィールドについて、これを繰り返すことができます。この値の設定は省略可能です。

    • ユーザー設定のラベル    [表示されたフィールド] ボックスのフィールド名をクリックし、[ユーザー設定のラベル] ボックスに表示名を入力します。[表示フィールド] ボックスに表示される各フィールドについて、これを繰り返すことができます。この値の設定は省略可能です。

      注: ユーザー設定のラベルは、リソース計画チームタスクチームビルダー、またはポートフォリオビューには使用できません。

    • 列の読み取り専用にする    [表示されたフィールド] ボックスのフィールド名をクリックし、このチェックボックスをオンにして、フィールドを読み取り専用にします。すべてのフィールドを読み取り専用にすることはできません。

      注: [タイムシート] と [自分の作業時間] ビューのみがこのオプションを使用します。

    • ガントチャート形式    情報を表示するために使用するガントチャートの種類を選択します。

      注: このオプションは、ガントチャートを表示できるビューに対してのみ使用できます。

    • 分割バーの左オフセット    ビューの分割バーの配置を定義するには、[ピクセル単位] にオフセットの測定値を入力します。

      注: このオプションは、ガントチャートを表示できるビューに対してのみ使用できます。

    • 表示   する このビューで、既定で表示するアウトラインレベルの数を選びます。ビューを使用しているユーザーは、その他のアウトラインレベルを拡張することができます。

    • グループ化の形式    使用するグループ化スタイルを選択し、[ Group by ] と[リスト] の順にクリックします。グループ化形式を設定する方法の詳細については、「書式をグループ化する」を参照してください。

    • 並べ替え    ビューの並べ替えを行うフィールドを選択します。[順序] ボックスの一覧で、[昇順] または [降順] を選択して、ビューを並べ替える順序を定義します。

    • フィルター    このビューに適用できるフィルターを作成または編集するには、このボタンをクリックします。

    • ユーザーの RBS ブランチにリソースをフィルター処理する    このチェックボックスをオンにすると、ビューを見ているリソースのリソース内訳構造分岐に該当するリソースのみが表示されます。

      注: このオプションは、リソースセンタービューでのみ使用できます。

    • このビューにアクセスできるカテゴリとカテゴリ    [使用可能なカテゴリ] ボックスの一覧でカテゴリをクリックし、[追加] をクリックして、新しいビューをそのセキュリティカテゴリのユーザーが使用できるようにします。

      ヒント: ユーザーが表示できる必要があると思われるビューを表示できない場合は、まず適切なカテゴリがビューに追加されていることを確認することをお勧めします。

  8. 新しいビューにすべての適切なオプションを設定したら、[保存] をクリックします。

ビューにフィルターを適用して、ビューのデータが一連の抽出条件に基づいて自動的に縮小されるようにすることができます。

ビューのフィルターを設定するには、次の操作を行います。

  1. [新しいビュー ] ページの [フィルター ] セクションで、[フィルター] をクリックします。[ユーザー設定フィルター ] ダイアログボックスが表示されます。

  2. [ユーザー設定フィルター ] ダイアログボックスで、[フィールド名] リストのフィールドを選択し、 テストリスト内のテストを選び、[] ボックスにテストする値を入力します。値の範囲を設定するには、[] ボックスに2つの値をコンマ (,) で区切って入力します。

ヒント: フィルタールールを作成すると、ルールの左側に緑色のチェックマークまたは赤色の X が表示されます。有効な見出しの下にあります。ルールの横に赤色の x が表示されている場合は、ルールを考慮しない理由の詳細については、マウスポインターを x の上に置きます。

  1. フィルターに複数の行が含まれている場合は、 and/Or列の演算子を選択して新しい行を開始します。

  2. フィルターの設定が完了したら、[ OK ] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×